DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ミーナの行進 - 小川 洋子 のレビュー全30件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ミーナの行進

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ミーナの行進
ミーナの行進で自分のブログにレビューを書く

ミーナの行進

おすすめ!3.9 [3.9](30件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:245999位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4120037215(中央公論新社)
ミーナの行進のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(30件) 3.9 [3.9]

小川洋子著「ミーナの行進」中央公論新社今日は編み物教室の体験。楽しいことがいっぱいあって、勉強になったこともいっぱいあった。他の生徒さんもいい人ばかりだった。もちろん先生も。本当にいい時間だった。来… このレビューの続きを見る

イタリア語の文法書の返却期限が来てしまった。というわけで図書館へ。受験の山を超えて学生も少ない。春になったら図書館で座って勉強できるかもしれない。「六人目の少女」ドナート・カッリージ著 イタリア文学… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「ミーナの行進」小川洋子/中央公論新社 ISBN:4-12-003721-5  読売新聞連載時、飛び飛びに読んでおりましたが一冊にまとまったので通して読む。連載時には大きな山も波乱もない話だと云う印… このレビューの続きを見る

3.9

ミーナの行進

01:55:By M blog

 感想小川洋子さんの作品は本当によくできている。よくでき過ぎだと思うところもある。ユーモラスだし、表現が豊か。日本人が読むべき文学。最後はあったかい気持ちでいっぱいになって泣きました。

数年前から「読みたい本リスト」にありながら、他の本を優先してなかなか読む機会がありませんでしたが、やっと読むことができました。 主人公の女の子が、従姉妹のミーナの洋館で暮らした一年間を綴った物語。数… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に育まれたふたりの少女と、家族の物語。

母と2人暮らしだった私は中学入学をきっかけに 芦屋にある伯母さんのお屋敷に預けられることとなった。 屋敷には飲料水会社の社長であるスマートな伯父さんに 美しく病弱な少女ミーナ、ドイツ人のローザおばあさん… このレビューの続きを見る

3.9

ミーナの行進

20:07:By はなうた日記

 芦屋の大きなお屋敷に暮らすミーナは女の子ならみんな 「こうなりたい」と思うような美しい少女。体が弱く、家族からは とても大切に育てられている。 従姉の朋子はそんなミーナとお屋敷で暮らすことになる。… このレビューの続きを見る

ミーナの行進

23:24:By モノ

 岡山に住む朋子が、 家庭の事情で芦屋に住むおばさんの家に一年間だけ住むことになります。 そこから始まる物語。 芦屋のおばさんちは、もちろんお金持ち。 で、おじさんは飲料会社の社長さん。 おばあさん… このレビューの続きを見る

読売新聞土曜版に連載していたのを読んでいたのだが、出版されたので再読。 1972年、芦屋。当時中学一年の朋子が小学六年の従姉妹・ミーナの家で暮らした1年間の思い出を描いた作品。『博士の愛した数式』で初めて… このレビューの続きを見る

ミーナの行進

21:37:By 受賞本

 ミーナの行進  著者 : 小川洋子  受賞歴 : 第42回谷崎潤一郎賞 受賞         2007年本屋大賞 7位

<2006年初夏、素晴らしい名作に出逢った>(2006/06/28) 美しくて心が安らぐ小説である。 私の場合何年かに1度、欠点のない作品に出くわすことってあるのであるが、本作もその数少ない作品の中の1つに仲間入… このレビューの続きを見る

どんなはなしだったっけ、 ときになったよみかえした。 何度よんでも、ほこほこする小説。 まず、なんといっても、 戦前はおうちに動物園があったという設定が わたしにとってはかなり魅力的。 そして、それのサブ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に育まれたふたりの少女と、家族の物語。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜

ミーナの行進

01:49:By telescope

小川洋子さんと言えば「博士の愛した数式」かなぁと思いましたが、 映画化されているのでそっちを見ようと。 ていうかこれ借りた時は泣きたい本は読みたくなかったので。 まず装丁がすごいと思った。 イラスト… このレビューの続きを見る

ミーナの行進

17:23:By Glass Pin

回想形式で淡々と話が進みます。 特に凄い事件が起こるわけでもなく、この本の中で独特の時間が流れてく。 それでも全くダレないし、この時間の中にずっと留まっていたいような、そんな感じ。 私はこの時代を生きたこともないのに。 挿絵も素敵。マッチって素敵だよなぁ。 JUGEMテーマ:読書

小川洋子『ミーナの行進』(中央公論新社、2006年4月) 「私」は芦屋の家に預けられることになり、いとこのミーナと過ごした1年間の物語である。そこは部屋が17もある大邸宅で、叔父さんと叔母さん、叔父の母で… このレビューの続きを見る

久しぶり、「博士の愛した数式」ぶりに小川さん読みました。 最初に言っておくと、私は小川さんの文章が苦手である。 一文一文はとてもよいのだが、同じ意味の文章を、 言葉を変え反復させるからです。まぁそれ… このレビューの続きを見る

ミーナの行進

13:00:By kira* kira*

★★★☆☆

新刊が出ると、迷わず買ってしまう作家のひとりが 小川洋子さん。 最初に読んだのは、『博士の愛した数式』でしたが、 いつもありえないような設定なのに、 ほのぼのと暖かいものが伝わってくるお話が多く、大… このレビューの続きを見る

久しぶりにキレイなお話だと感じました 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ 本の中のミーナと会話しているかのような不思議な気持ちになりました。 懐かしい時代に育まれた二人の少女と家族の少し切ない物語。 秋の夜に読みたい一冊です [スポンサード:シーアイタウン利府葉山]

最近気になっていた小川洋子さんの本。 静謐な文章とうたわれる小川さんの文章。 「う〜ん読ませるなぁ」 って印象。 昭和40年代という舞台、病弱な女の子ミーナと主人公朋子が 小川さんの持ち味とマッチ… このレビューの続きを見る

切ない小説。 どこか懐かしくて、どこか物悲しくて、過ぎ去る時間に、胸が痛みます。 小川洋子さんらしく、事件は起こらなくて、淡々としているのだけれど、確実に胸を刺されます。 日常に埋もれてしまいそうな宝石を、優しく包み込むような、そんな小説です。 読後感は、なんだか胸が熱くなります。 おすすめ。

父を亡くし、母の仕事の都合で、芦屋に住む伯母のうちに預けられた朋子。そこにあったのは、朋子を優しく包むひとたちと、夢のような生活、そしてミーナとの出会い。 「博士の愛した数式」の作者さんなんですね… このレビューの続きを見る

『美しくてか弱くて、本を愛したミーナ。あなたとの思い出は損なわれることがない―。』 岡山から芦屋の叔母の家で過ごした1年間、2人の少女のかけがえのない思い出を丁寧に小川さんが描写されています。 ずっと… このレビューの続きを見る

1972年、芦屋にある伯母の家に預けられることになった12歳の朋子。  広くて立派な、坂の上に建つ洋風のお屋敷には個性ゆたかな人びとが暮らしていました。ドイツ人のローザおばあさん、その息子夫婦の伯父さん伯… このレビューの続きを見る

小川洋子は初めてか。 心地の良いノスタルジー。100パーセント人畜無害でとても良いお話。

先日、小川洋子の『ミーナの行進』を読みました。 『博士の愛した数式』は、以前にブログに書いたように、 今までの小川洋子の世界とのギャップが大きく、 また題材的にもあまり感情移入ができかったのですが… このレビューの続きを見る

 父を亡くし、母が東京の洋裁学校に入ることになったため、芦屋の伯母さん宅に預けられることになった13歳の朋子。伯父さんはフレッシーという清涼飲料水を扱う会社の社長で、その邸宅はとても豪華で、品のいい… このレビューの続きを見る

関連する商品