>
[Amazon] 静かな爆弾

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

静かな爆弾
静かな爆弾で自分のブログにレビューを書く

静かな爆弾

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1081745位
  • Amazon価格:¥ 11,302
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:412003917X(中央公論新社)
静かな爆弾のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

3.5

静かな爆弾

21:06:By 読書三昧

これはなんだろう?恋愛小説かな? 一応は耳の不自由な女性と出会い、 週末はずっと一緒に過ごすようになる テレビ局に勤める男のハナシ。 新宿御苑とか大好き。 休みにはたくさんの人がいて、 デモ騒がし… このレビューの続きを見る

知っているつもりでも、特に関心をもたないようにしていたことを、ある日、思い知る。仕事や恋愛を通して、「本当に知ろうとしていたか?」といういくつかの体験をする主人公。この小説を読みながら、きっと自分に… このレビューの続きを見る

吉田修一の小説って、日常の裏に狂気が透けて見える…怖い。読んだ後に不安感が残るわ。たとえハッピーエンドだとしても。静かな小説だけど暴力を感じさせる。吉田修一の本ってどれも装幀がきれい。(文庫はどうなんか知らんが)春、バーニーズでの装幀にはびっくりしたよ…後輩が持ってるの見て、一瞬バーニーズが本出したのかと思った。

昔から変な修行を編み出してはよくやっていた。 今から考えれば何をやっていたのだろうと首をかしげるものばかり。 たとえば、中1の時の6月18日の記憶をどこまで覚えていられるか。  この日は何か起こったわけ… このレビューの続きを見る

3.5

明日は早起き

00:05:By 空の小屋

仕事始めでした。まあつつがなく。 図書館で借りたユルスナール結局読めなかった。 ロフトのジュンク堂で見かけた短編集から始めます。 一緒に借りた吉田修一の『静かな爆弾』は読み終えた。 なんとなく名前と良… このレビューの続きを見る

相変わらず抜群の描写力だなぁと感動しました。 恋愛小説はあまり好きではないのだけれど、吉田修一だけはすんなり読める。読まされてしまう。 音の無い短編映画を見ているような、そんな感じの作品でした。 「聞… このレビューの続きを見る

静かな爆弾

18:36:By いくのよ

静かな爆弾/吉田修一 読み終えた瞬間に泣いた。 押さえ切れずに、気付いたら静かに涙か溢れた。 最後の〈会いたい〉の素直さに、私は抑えることができなかった。 ・

3.5

静かな爆弾

02:33:By KANBA FAMILY

異国のテロと自分自身の生活。 あまりにもかけ離れた現実を 『伝える』ことへの純粋な思い繋いでいく。 自身の根っ子を静かに強く問われる。

吉田修一の最新作。あの「悪人」刊行後初の作品になります。 テレビ局の番組制作者である主人公と、耳の聞こえない女性との恋愛が中心になって進む物語。コレまでの作品「東京湾景」とかだと、もうチョットオシ… このレビューの続きを見る

3.5

静かな爆弾

18:48:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 出会いは突然で、言葉にならない緊張のなか、出会った彼女は彼の心へしっかりと刻まれた。過ぎ行く日々に翻弄されながら保たれる絆。恋愛小説の新境地を切り開く意欲作。中央公論新社HPより … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩 その公園は、午後の四時半で閉門だった。 知らなかったので、俺はそのまま本を読み続けていた。 落ち葉の海に浮かんだ孤島のような、 ベンチとも言えない冷たい岩に腰かけて。 冒頭より抜粋

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品