>
[Amazon] 静子の日常

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

静子の日常
静子の日常で自分のブログにレビューを書く

静子の日常

おすすめ!4 [4](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:386850位
  • Amazon価格:¥ 11,761
  • ユーズド価格:¥ 499
  • ISBN/ASIN:4120040461(中央公論新社)
静子の日常のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 4 [4]

4

静子の日常

12:50:By 白い本棚

JUGEMテーマ:小説/詩 井上荒野さんの小説です。 70過ぎたおばあちゃんの静子が、 関わった人に対して、 ちょっと素敵なことをする話です。  悪い人を作らない工夫が読んでいて、 … このレビューの続きを見る

夫を亡くした静子、 息子の愛一郎、その嫁の薫子、二人の高校生の娘るか。 四人は一緒に暮らしている。 ありきたりな嫁姑間の諍いがあるわけでもなく、 決して仲がわるいわけでもない。 それでもちょっとだけきしむ時もある。 静子みたいな人がおばあちゃんだったらいいなぁ!

静子の日常

10:12:By nhosan's works

75歳の静子さんはだんなさんに先立たれ息子夫婦と孫娘と同居中その日常を綴られているおばあちゃんの毎日なんてそんなに刺激的な事が起こらなさそう?静子さんはそこからどこかへ繋がるどこへでも行けると人生っ… このレビューの続きを見る

 主人公、静子は七十を過ぎたおばあちゃんだが、可愛らしい見かけに反して、思い立ったらやってみる行動派だ。しかし、決して力まず、まぁやってみましょうというノリだ。そんな彼女の行動が、家族が抱えるモヤモ… このレビューの続きを見る

 意地悪ばあさんになりたい、といつも思っている。下品で根性の悪い・・・という意味ではなく、セケンイッパンの価値基準に迎合して「良い(あつかいやすい)おばあちゃん」ではなく、自らの価値基準で何物に… このレビューの続きを見る

4

静子の日常

00:55:By ほんのひとこと

夫の十三に先立たれた75歳の静子は 息子夫婦と高校生の孫と一緒に暮らしている。 自分で決めたことはぜったいに守ることを信条とする静子は 家族の私生活に口出しはせずこっそりと手出しをする。 フィットネスクラ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ● 静子の日常 / 井上荒野  ● 中央公論新社  ● 1470円 ● 評価 ☆☆☆☆ 宇陀川静子、75歳。 息子夫婦(愛一郎・薫子)が同居するために借りてくれた一軒家に、 彼らと孫のるかとの4… このレビューの続きを見る

痛快で軽快。 エレガントで洞察力抜群な静子おばあちゃん。 フィクションとはいっても、どうしたらこういう風に年を取れるのか、考えてみたいと思いました。 外に向かって生きるバイタリティと、内に秘める賢明さ。圧巻です。 

とるにたらない日常、ばかげたできごと―― チャーミングで痛快、75歳の静子さんとその家族の物語です。 フィットネスクラブのプールでは、すみれ色の水着に着替えてイルカ飛び。 新聞配達のバイトくんとは川べりで… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品