DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed SOSの猿 - 伊坂 幸太郎 のレビュー全34件 JUGEMブログ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

SOSの猿
SOSの猿で自分のブログにレビューを書く

SOSの猿

3.1 [3.1](34件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:616968位
  • Amazon価格:¥ 980
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4120040801(中央公論新社)
SOSの猿のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(34件) 3.1 [3.1]

3.1

SOSの猿

14:22:By KAME LOG

JUGEMテーマ:読書感想文 【あらすじ】 株の誤発注で300億円の損害を出してしまった原因を調べる男と、引きこもりを悪魔祓いで治そうとする男。2人の間を孫悟空が自在に飛び回り、問いを投げかける。「本当に悪いのは誰?」

ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。 「BOOK」データベースより題材的な… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」以降の作品です。 やはり「ゴールデンスランバー」より前と後では作風が変わったなあ、という印象を受けますねえ。 村上春樹における「アンダーグラウンドの前後のような、そ… このレビューの続きを見る

3.1

SOSの猿

22:23:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書  「グラスホッパー」の時のように二つの世界が交互に描かれさらにどこまでが真実か読めないままそれでも最後はひとつにまとまる物語。エクソシストと斉天大聖孫悟空がどう関わるのかそれ… このレビューの続きを見る

面倒くさい作品だ。ざっと読み流すタイプなので、こういう夢と現実を行き来するようなきっちり読まないと理解できませんよー的なつくりの物語は嫌い。

3.1

SOSの猿

17:02:By Monkey Walk

「悪魔祓い」 エクソシストってあの映画で女の子がブリッジしてバタバタと駆け巡るホラーの? と、まあ伊坂作品なのでそこは怖いとかじゃなかったです。 ひきこもりの男の子・眞人のカウンセリングを断れなくな… このレビューの続きを見る

SOSの猿

09:13:By うきこ文庫

ぞくぞくするほど大好きな伊坂氏の作品の中にも たまーに(私にとって)苦手な作品がある。 『魔王』もそうだったんだけど、これもそう。

ひきこもりの青年の「悪魔祓い」を依頼された男と、一瞬にして300億円を損失した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空ーー。物語は、彼らがつくる。伊坂幸太郎最新長編小説。 2つの物語が読… このレビューの続きを見る

お師匠様。

22:49:By ユノコヤ

待ってろ、今行くぞ!というセリフを言いたくてたまらない、SOS信号を受信すると、助けたくてたまらない人の話。いつもの超常現象は、考え方によっては、単なる頭の中の妄想とも取れるけれど、でも、そうじゃなかっ… このレビューの続きを見る

別作家の作品と対になっているらしいこの作品。対になっている作品は未読なのだが、このSOSの猿だけ読んだ感想はどうもしっくりこない。あるキングで感じた違和感と同じ。伊坂幸太郎に求めるものはシャキシャキとしたストーリー展開、ぴたぴたとはまっていく伏線、小気味いい台詞回しで、すっきりしないファンタジーもどきではないのだ。これからもずっとこんな作風になってしまうなら嫌だなあ。

ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。(「BOOK」データベースより) &nbs… このレビューの続きを見る

3.1

SOSの猿

08:57:By If.

久々の伊坂さん! 以下感想です。

SOSの猿

08:53:By nhosan's works

 伊坂幸太郎はよく読むほうの作家さん『私の話』『猿の話』と交互に現実と仮想?の立場からの語りで話がすすんでいきます後半になって行く程それが重なったり離れたりを大きくしていくという感じ話のモチーフ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。 そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。

「俺は東勝神洲傲来国は、花果山の生まれ、 水簾洞主人にして、美猴王、斉天大聖、孫悟空」 『西遊記』といったら、 ゴダイゴ・夏目雅子・マチャアキ・左とん平・ルックルックこんにちは 、からご無沙汰なので、… このレビューの続きを見る

3.1

SOSの猿

15:22:By ほんのひとこと

イタリア仕込みの悪魔祓いを副業とする私は昔憧れていた辺見のお姉さんから息子のひきこもりの相談を受けた。彼が以前唯一外出していたコンビニ前でコーラスの練習をしていた4人に話を聞くと彼から暴力の善悪につ… このレビューの続きを見る

SOSの猿読み終わった。悪魔祓い、潜在意識、健在意識、直感、ユングについてなど私には興味深いワードがたくさんあった。孫悟空はあんまり好きじゃないけど。すべてつながるところは伊坂ワールドだけど、ちょっとい… このレビューの続きを見る

久々に(かな?)伊坂幸太郎。 「世界を救う」がテーマ。 もちろん本当に世界平和がどうこうというのではなくて、 そこは伊坂ワールド。 なんでもないことのつながりで世界が決まる、的なこと。 雰囲気としては… このレビューの続きを見る

『SOSの猿』

22:24:By 観測古書店

 ひきこもり青年の悪魔払いを頼まれた、本業は家電量販店のエアコン担当ながら、副業としてエクソシストをやっている遠藤二郎。  一瞬で300億が消えた、株の誤発注事故の因果を調査する五十嵐真。  その五十… このレビューの続きを見る

SOSの猿

21:32:By ぶくわむ

ちょっと一回投げる。 まだ序盤も序盤しか読んでいないのだが。 現代に生きるエクソシストの『私の話』にはわくわくするのだが、『猿の話』でテンポが悪く感じて読みにくい。 また、原典の西遊記に明るくないと、固有名詞がちんぷんかんぷんだ。 しばらくしてまた読みたくなるまでさようなら。

内容(「BOOK」データベースより) ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。

 五十嵐大介「SARU」上。西遊記を縦糸にノストラダムスを横糸にして、バチカンとかアフガニスタンとかたたき込んで。それが有機的に絡み合ってる感じはかなり面白い。しかし今更恐怖の大王とはwただ書き下ろし… このレビューの続きを見る

本当に悪いのは誰なんですかね・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の… このレビューの続きを見る

 ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれたエクソシスト(ただし、非公式)、三百億円の損害を出した株誤発注事故の原因を調査をしているシステム会社の社員。このふたりを主人公にした、因果応報の物語が平行して… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。 「私の話… このレビューの続きを見る

読売新聞連載中に読もうと努力したが途中で脱落。 思うに伊坂作品は新聞連載には向いてないんじゃないか。新聞連載には短い文章でインパクトある筋をどんどん打ち出す作品が向いてる。3Pくらい読んで「こう云うこと… このレビューの続きを見る

3.1

SOSの猿

06:23:By memo

内容(「BOOK」データベースより)ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。あ… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】海外で「悪魔祓い」の真似事をしたことがあるという変わった経歴を持つ二郎は、ある日、数十年前の憧れの女性であった「辺見のお姉さん」と再会した。美しかったその容貌とはかけ離れてしまった… このレビューの続きを見る

『SOSの猿』

17:30:By つれづれぱぺり

イタリアでエクソシスト(悪魔祓い)の手法を学んだ遠藤二郎は、 常に誰かの発する「SOS」に心を痛め、なすすべもない自分に 苛立ちを感じていました。 システム会社の品質管理部門にいて、ものごとの因果関係を と… このレビューの続きを見る

  去年は、感想をほとんど書かなかったけれど 読んだ本くらいは・・・と、つなびぃを使って記録をつけてたんだけれど 「読書メーター」の方が簡単そうだったのでブログパーツも変えちゃいました。 去年から、積… このレビューの続きを見る

★★☆☆☆ *あらすじ* イタリアで「悪魔祓い」の経験があり、知り合いの“引きこもり息子”の相談を受ける男。 一瞬にして300億円を損失した、株誤発注事故の原因を調査する男。 『孫悟空』が彼ら2人の物語を作り、… このレビューの続きを見る

誰かのSOS信号をキャッチするとどうにかしてあげたくなってしまう遠藤二郎が語る「私の話」と、ものごとの因果関係の糸をたどっていくためだけに存在する男・五十嵐真が主人公の「猿の話」。二郎はひきこもり青… このレビューの続きを見る

 新刊 伊坂幸太郎のSOSの猿。 しかもサイン付きでした。  でも忙しいからかあんまり読み進まない。 ハードカバーは重たいので会社にも持っていきたくないし・・・。 でも文庫までまてないんだよね。最近・・・。

「あるキング」で登場人物が突然、人間以外のものに変身するのを経験してから、こちらの小説を読んだので、変身には大分、慣れてきました。もう、そんなに驚きません。しかし、初期の作品のみを読んでいるかたには… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品