>
[Amazon] 胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))
胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))で自分のブログにレビューを書く

胎児の世界―人類の生命記憶)

おすすめ!4 [4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:15149位
  • Amazon価格:¥ 756
  • ユーズド価格:¥ 35
  • ISBN/ASIN:4121006917(中央公論新社)
胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4 [4]

先週読み終わった本。 初版が1983年だから、約30年前の本である。 ざっくりと言いますと、胎児は受精してから猛スピードで生命の進化を再現する、という内容。 進化史も大まかに掴める、興味深い内容だった。 ただ… このレビューの続きを見る

東大の解剖学教室の先生だ。そう、何のことは無い、養老先生の兄弟子にあたる方だった。要するに、私たちは、生命の誕生からの歴史を辿って生まれてくるとのことで、今の人類から、昔に辿った記憶を呼び覚ましてく… このレビューの続きを見る

まず最初に断りを入れるが、これは『胎児の世界―人類の生命記憶』(中公新書 (691))という本のレビューである。 さざなみCD スピッツ,亀田誠治,草野正宗 草野正宗、という詩人がいる。私は彼を詩人と呼んだ… このレビューの続きを見る

数年前、庭園の先生のお宅で催された飲み会にて聞いた言葉。 「人生の春休み」 一生を学生時代の一年に例えて、博士の先輩が仰ったのだった。 あたしいまそうかも…。 最近『胎児の世界ー人類の生命記憶』(三… このレビューの続きを見る

私達一人一人に、太古の、40億年の記憶が残り、それが、発生と同時に繰り返されている、そこには、リズムがあり、私達は、宇宙を内在しながら、生きている。 なんて、素晴らしい。 仏教も老子もギリシャも… このレビューの続きを見る

関連する商品