DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed TUGUMI(つぐみ) - 吉本 ばなな のレビュー全37件 JUGEMブログ

>
[Amazon] TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

TUGUMI(つぐみ)

おすすめ!3.4 [3.4](37件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:10919位
  • Amazon価格:¥ 494
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4122018838(中央公論社)
TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(37件) 3.4 [3.4]

『TUGUMI』

11:20:By * walk

弟から拝借。 吉本ばななさんは『キッチン』しか読んでないかな? この作品を読んで、何だかすごくほっとした気持ちになった。 変わりゆくものがたくさんある中で、変わらないものも確かにあるんだということに。… このレビューの続きを見る

3.4

TUGUMI

14:34:By れびゅーーん

--mixiから--2008年3月30日主人公まりあ目線で病弱だけど強めなつぐみを描いた小説(・∀・)つぐみの素直ぢゃないとこがなんかすごい分かってけどここぞって時の発言の率直さから実ゎ素直なんぢゃんってちょっと羨ま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:最近読んでる本こんにちは!テスト1日目でした死 滅 し ま し たw 全部トンボくんがいけないんですよ!!! 前日の夜にかぎってメールじゃんじゃん続けて・・・て・・・ ・・・・・… このレビューの続きを見る

すごい表現力。 景色も人物もキラキラしてた。 つぐみを取り巻く、ひと夏のことが、眩しすぎるほどキラキラ描かれていた。 * テーブルの上にひっそり残った母のためのせんべいが、私たち家族の幸福を語っていた。 * 並んで歩きはじめると、母の存在が私を1歩ずつ現実の方へ押してゆくのがわかった。 * にじむようにくっつきあった星の光が夜空いちめんに散っていた。  

「だが」何だ!?読書感想文は本文をたくさん引用して水増ししていたAGGYです。ま、今もここで同じことをしていますがw小鳩の辞任と、今夜は"ブーメラン菅直人"内閣発足だったりしますが、発足後の菅新首相のお言葉を聞いてからそちらの話題にしようかなと思っております。んなわけで、「スコーレ No.4」を買ってみたのだが。の続きで軽く(レビューではなく)読書感想文などを。以下、ネタバレあるかも注意で。

3.4

読んだ本

21:35:By Le jardin de vert

 なんとなく手に取った「TUGIMI」が面白くて、 止まらなくて寝るのを忘れてしまいそう。(読み途中) 今日は金曜日。夜更かしOK。 装画が山本容子さん、とても綺麗で読みながらうっとりしている。

3.4

時の流れ

21:18:By 心は丸く、

内容(「BOOK」データベースより) 二度とかえらない少女たちの輝かしい季節。光みちた夏の恋の物語。 当時、ものすごく流行りました。 埃かぶったままの本をひろげたら、懐かしくて一気に読んでみました。 … このレビューの続きを見る

 よしもとばななさんの小説の中で、一番好きなのがこの本です。 ブックオフで105円で購入しましたw 感動しました。 もう一回読みたいと思っている本でもあります。

夏休みもおわり、今日からいつもどおりの出勤でございます。 まだエンジン全開ではないけど、がんばろうっと☆ 今日マックに行ったら隣の男子学生3人がオチュメーロフについて話していました。教育実習の話もし… このレビューの続きを見る

 TUGUMI(つぐみ)  著者 : よしもとばなな  受賞歴 : 第2回山本周五郎賞 受賞

「TUGUMI」

14:04:By cafe mizutama

夏小説。 故郷の海辺の町で過ごす最後の夏、 美しく病弱だがおそろしく性格の悪い幼馴染のつぐみと 私、そしてつぐみが恋におちた少年、恭一との、ひと夏の物語。 夏という季節だけが持つ、あのわくわくする空気。… このレビューの続きを見る

   TUGUMI  よしもとばなな

「うるせえ、黙ってきいてろ。それで、食うものが本当になくなった時、あたしは平気でポチを殺して食えるような奴になりたい。もちろん、あとでそっと泣いたり、みんなのためにありがとう、ごめんねと墓を作ってや… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「近代文学を読む」の授業で現代の女性作家の話になった。 まあまあ女性作家は読んでいるつもりでも、吉本ばななや江国香織の本はまだ読んでいないことと、結構みんな読んでいることに気づいた。… このレビューの続きを見る

3.4

※TUGUMI

22:56:By KENNY

一昨日ブクオフで買って、昨日一日で読みきりましーた。吉本ばなな作品は"体は全部知っている"でちょっとアレだったんスが、懐かしさ(中学だか高校だかの時に試験に出たよね?)もあって購入 --- 「何かを得る時… このレビューの続きを見る

この秋に読んだ小説たち。基本的に恋愛小説は嫌いじゃないですが甘ったるいラブストーリーは苦手。

JUGEMテーマ:読書 授業で使うということで読んだんだけど、ラストがいい。 あと吉本ばなな作品はバッドエンドに当たる率が少ないというところも好み。 ラストについて。はネタバレかもw

3.4

tubomi

15:43:By home sweet home

 コンテストの衣装用で購入したものです FREES SHOPのインポートものです。 ブランド名忘れました>< いっそスズキタカユキにしちゃおうかなって思ってたんだけど、このふわんふわん具合に一目ぼれ! ま… このレビューの続きを見る

ばなな品薄

14:49:By あ行

バナナ品薄騒動 http://www.tokachi.co.jp/kachi/0810/10_03.htm 近所のスーパーはひどい。 真緑のバナナ並べとる。 「緑がかった」ちゅうレベルぢゃない。 正真正銘、ほんまもんの「緑」 真緑。 あ… このレビューの続きを見る

I sorry Tsugumi and the same time, she enviable me. Tsugumi is bound to Yoko and heroine by very strong tie. Tsugumi can do things straight of her heart and has passion every time. I wonder what ?? このレビューの続きを見る

暑くなったら、TSUGUMIが読みたくなった。 といって実家に置いてあるからまだ読んでない。 文庫だし買えばいいけど、なんとなくもったいない気もするし。 どんな話だったかな。 「つぐみはここにいながらにして、きっといろんなところに行くことができるよ」 とか、たしかそんな話。

これぞまさしく青春小説、です。 吉本ばななの背伸びのない表現力が、自然体でのびのびとしていて健康的。 文章のそこかしこに眩い夏が見える。 ページをめくる度、 つぐみが白いワンピースを風になびかせた… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 つぐみは多分、私が今まで会ってきた人で、2次元3次元を含めても強烈な「人」に値すると思う。それぐらい彼女は我が侭で狡賢くて、それで鋭くてとても美人。 ちょうどこの時期・この季節に読めてよかったかな。 (其の先に待ち受けるものなんて知らない、否、知っていたって其れについて考える脳など持っていやしないのだから)

3.4

TUGUMI

00:46:By ETHNOCENTRISM-R

吉本ばなな『TUGUMI』 これも家からもってきました。 古本屋とかで買ったんだと思う。 すごく、好きな作品。 最初に読んだのはいつかな、、 中学生ぐらいだったかも。 出てくる人たちが、、、いい。 … このレビューの続きを見る

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会った―。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえ… このレビューの続きを見る

つぐみは最強。病弱だし、我侭だしどーしようもないような奴かもしれないけど、つぐみにはつぐみなりの正義というか芯があるんだと思います。 まりあの優しさもつぐみの一番ついてほしいところを優しくカバーして… このレビューの続きを見る

3.4

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

02:06:By

JUGEMテーマ:読書 表紙カバーのイラストが実に作品とマッチしている。 こんなにぴたり。と感じたのは初めてかも。 描いた人は山本容子さんという方だそうな。すてきっす。 是非、夏に読みたい作品。

3.4

つぐみ

00:43:By I'm remembering.

あっさりと流せるような、さらりとした感触が忘れられない。 前々から読みたいと思っていたのを、ようやく読みました。センター問題で一部を読んだとき、惹きつけられてしまったのです。つぐみの口調に。 期待以上の作品で、もう気分は天にものぼれそうな。つぐみはキャラとしてとても魅力的でした。口調と行動と、というかもうすべてが! 図書館のを借りたので、今度買ってこようと思います。

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

10:06:By

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会った―。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。第2回山本周五郎賞受賞。

1216改

00:46:By WeBLOG

最近の感情の触れ幅がおおきい 母の検査が3つあって そのうちの2つが終わって、 今後の事を考えたときに あまりの途方の無い話で絶望してしまった。 もともとはあまり仲良くは無い母娘なので 一緒に暮… このレビューの続きを見る

 つぐみは美しい少女だ。そして体が弱く病気がちで、類稀なる破天荒者だ。つぐみの起こすトラブルの数々に、“私”を含め周囲の人間は翻弄され続ける。  誰の目にも強烈なつぐみの存在は、その生きた世界にどんな波… このレビューの続きを見る

つぐみ

病弱で生意気な美少女つぐみ。 彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会った――。 少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえられないきらめきを描く、切なく透明な物語。

↑画像をクリックするとオンラインショップ「Amazon(アマゾン)」で書籍購入できます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私の人生や価値観のコア(核)が何か考… このレビューの続きを見る

3.4

TUGUMI(つぐみ)

16:03:By Crystal * kiss

テスト期間なので久しぶりの日記デス。 今日読んだ本ではないですが… 面白かったです。なんか「若いな」って感じでした。つぐみを表現するのに、「生意気」という言葉はぴったりだけど、にくくはなかった。 もう1度読み返したときに面白いかはわからないなあ。

3.4

TUGUMI(つぐみ)

00:07:By T_plus!

すごく好みの別れる本だと思うんですが、私は残念ながらダメな方でした。 綴ってある文章はもちろん意味が分かるんですが、読み終わった時の感想が「……で?」でした。 どうやら相性がすこぶるよろしくないようで… このレビューの続きを見る

関連する商品