>
[Amazon] 園芸家12カ月 (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

園芸家12カ月 (中公文庫)
園芸家12カ月 (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

園芸家12カ月

おすすめ!3.8 [3.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:22247位
  • Amazon価格:¥ 535
  • ユーズド価格:¥ 9
  • ISBN/ASIN:412202563X(中央公論社)
園芸家12カ月 (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.8 [3.8]

園芸家、という生物を愛を込めて揶揄しています。うーん、おもしろかったのかな。ちょっとおなかいっぱいになった。

『園芸家12カ月』(カレル・チャペック)を読む。 いとうせいこう氏の『ボタニカル・ライフ』の元ネタとでもいうべき本。 園芸好きなら「あるある」って悶絶するだろうし、そうでなくても愉快な読みものとして読… このレビューの続きを見る

 園芸マニアの忙しい一年を、皮肉交じりのユーモアで綴ったエッセイ集。  園芸好きの母親にプレゼントしようと思ったものの、面白いのか分からなかったので下見のつもりで読んだら、自分がハマってしまいました… このレビューの続きを見る

チェコの生んだ最も著名な作家カレル・チャペックは、こよなく園芸を愛した。彼は、人びとの心まで耕して、緑の木々を茂らせ、花々を咲かせる。その絶妙のユーモアは、園芸に興味のない人を園芸マニアにおちいらせ… このレビューの続きを見る

チェコの生んだ最も著名な作家カレル・チャペックは、こよなく園芸を愛した。彼は、人びとの心まで耕して、緑の木々を茂らせ、花々を咲かせる。その絶妙のユーモアは、園芸に興味のない人を園芸マニアにおちいらせ… このレビューの続きを見る

なぜに突然スノードロップスとかクロッカスの球根を買ったのかって、この本を読んですっかり欲しくなってしまったからです。定番の一冊?ユーモアあふれる文章で園芸家の生態をおもしろおかしく書いてあります。えーと、土の話ばっかり!!

関連する商品