DB Error: connect failed 神様 - 川上 弘美 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 神様 (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神様 (中公文庫)
神様 (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

神様

おすすめ!3.5 [3.5](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:78797位
  • Amazon価格:¥ 494
  • ユーズド価格:¥ 22
  • ISBN/ASIN:4122039053(中央公論新社)
神様 (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.5 [3.5]

川上弘美氏の 『神様』 読了。 短編集で、デビュー作の 『神様』  収録作品集で、17年前のものだ。 すごい。 いま読んでもみずみずしくてお肌が潤う感じである。 「このくまの話でデビュー…&hell… このレビューの続きを見る

神様 (中公文庫) 川上弘美著 中公文庫 この物語は、ある日隣にくまさんが引っ越してくるとことから始まります。そしてくまさんは言うのです。「一緒にピクニックに行きませんか?」と。 主人… このレビューの続きを見る

神様

18:50:By 読書家宣言

  

   四季おりおりに現れる、不思議な「生き物」たちとのふれあいと別れ。 川上さんのデビュー作「神様」を含む、うららで切ない9つの物語。 「神様」と「草上の昼食」のくまさんがなんか好き(笑) (20日読了)

  とってもかわいいペットにメロメロなこばさみです うちのこ、ほんとうに可愛い 親ばかです この断崖猫背なところがたまりませんヵゎぃぃ ハムスターボールでたったかたったか リビング中を走らせていまし… このレビューの続きを見る

川上弘美先生の書くお話はかわいいです。居酒屋の料理を書かせたら天下一だと思います。

神様

17:46:By 受賞本

 神様  著者 : 川上弘美  受賞歴 : 第1回パスカル短篇文学新人賞 受賞         第9回紫式部文学賞 受賞         第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞 受賞

3.5

神様

21:08:By Bottle Ship

 繰り替えし読んだ。昔堅気のくまとのふれあいと別れがとても良い。川上弘美さんを好きになった。 「昔の光はあったかいけど、今はもうないものの光でしょ。いくら昔の光が届いてもその光は終わった光なんだ。だから、ぼく泣いたのさ」 (星の光は昔の光)おませなえび男くんがまたかわいい。人を魅入らせる人魚にまつわる騒動も面白い。こんなに良い作家さんだったのね。ほかにも短編集があったら読んでみたい。

3.5

神様

22:40:By flowbar

 短編集。 これはそんなにおセンチに走ってないので気楽に読めました。 くまさんが、ちょっとせつないです。 ちょっとずつ、世界がずれた童話のようなお話ばかりでした。

神様

23:12:By Carta Bianca

『くまにさそわれて散歩に出る。』(神様) 『神様』がデビュー作だという。だとしたら、彼女の感性はどれほどに独特であったのだろう。どうか埋没してしまうことのないようにと願ってやまない。 「… このレビューの続きを見る

3.5

神様/川上弘美

11:23:By 独り言帖

くまにさそわれて散歩に出る。 川原に行くのである―四季おりおりに現れる、不思議なたちとのふれあいと別れ。 心がぽかぽかとあたたまり、なぜだか少し泣けてくる、うららでせつない九つの物語。 デビュー作「神様」収録。 ドゥマゴ文学賞、紫式部賞受賞短篇集。

昨日までの私にとって、川上弘美さんといえば『センセイの鞄』でした。 でもこれからは、迷いなくこの本をあげると思います。 この本も読まずに、いままで川上さんを語ってたなんて、ごめんなさい。そんなふうに… このレビューの続きを見る

3.5

神様

19:00:By DRIDRI KINGDOM

「神様」はこの作家が始めて賞を取った第一回パスカル短編文学賞新人賞受賞作。どの短編も、少し架空のものが入っていて、不思議な雰囲気を持つ。中で私が気に入ったのは、「春立つ」と「離さない」である。人魚に魅入られるという設定は、古いようでいてとても新しいと思った。魅力ある作品だった。この人の長編は一体どういうものなのだろうか。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品