>
[Amazon] 完璧な病室 (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

完璧な病室 (中公文庫)
完璧な病室 (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

完璧な病室

3.1 [3.1](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:94066位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:412204443X(中央公論新社)
完璧な病室 (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.1 [3.1]

 久しぶりだったので出始めは「うお!」って感じで泣きたくなるくらいの微妙な描写にぐっと来たんだけれど・・・うーーーーんうーーーーん中頃からやり過ぎ色が目についてしまったのは作り込みすぎた結果か。。。狙いすぎか。いやいやいいんだよ、いいの とっても。ただ too much。やりすぎてリアリティから遠のいてしまった・・・・そんな文学一編。残念だ。どんなかは「読んで確かめてください!」

ほんと就活しんどーーー キリがないですね しょりゃ内定でるまでがキリやけん 4月以降にならんと落ちつけんのやけど しんどかー そんなときのお酒は格別ですね笑 最近要らんものに見切りつけるのがうまくなった↑ 見切… このレビューの続きを見る

揚羽蝶が壊れる時

13:58:By 受賞本

 揚羽蝶が壊れる時  著者 : 小川洋子  受賞歴 : 第7回海燕新人文学賞 受賞

久しぶりの 小川洋子です。 以前に読んだような〜読んでないような〜作品 「完璧な病室」 弟を私はそこまで愛せないと思う 祖母にたいしては、もう傷つかない。 どういう意味かというと 精神を病んでしまっ… このレビューの続きを見る

  独特な静かな世界を感じた一冊。 静寂の中の強い感情ってゆうか、なんだろ。 同時収録のデビュー作「揚羽蝶が壊れる時」の読後感は不思議な感覚。 正気と狂気、正常と異常、自由と拘束、その境界線は? 自分の居場所や現実とは? うーん。 他の作品にも興味が湧きますわー。

切なくて、でも何か大きなことがあるわけでもなくて。 ただただ読み続けていたら終ってしまった。 本当はきっともっとたくさんの感情をもてる話だと思うのに、 私はただ「切ない」という気持ちにしかならなかった。 JUGEMテーマ:読書

完璧な病室

07:37:By kira* kira*

★★☆☆☆

弟はいつでも、この完璧な土曜日の記憶の中にいる―― 病に冒された弟と姉の時間を描く表題作、海燕新人文学賞受賞作「揚羽蝶が壊れる時」に、第二作品集「冷めない紅茶」を加えた四短篇。 透きとおるほどに繊細な最初期の秀作。

死にゆく弟との、透きとおるほどにせつない時間。生活を、そして有機物を拒絶する「わたし」は、いとしい弟が横たわる清潔で無機質な病室で、おおくの時間を過ごす。しだいに食べることが困難になり、なぜかぶどう… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品