>
[Amazon] SOSの猿 (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

SOSの猿 (中公文庫)
SOSの猿 (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

SOSの猿

おすすめ!3.3 [3.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:243464位
  • Amazon価格:¥ 679
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4122057175(中央公論新社)
SOSの猿 (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.3 [3.3]

≪内容≫ 内容紹介 ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空。救いの物語をつくるのは、彼ら…&hell… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 三百億円の損害を出した株の誤発注事件を調べる男と、ひきこもりを悪魔秡いで治そうとする男。奮闘する二人の男のあいだを孫悟空が自在に飛び回り、問いを投げかける。「本当に… このレビューの続きを見る

SOSの猿。

09:46:By #ff8c00*

私、遠藤二郎は家電量販店でエアコンを売る傍ら、 悪魔祓いの副業を行っているSOSを見過ごせない症候群の青年。 猿によって語られる品質管理エンジニアの五十嵐真は、 因果関係を徹底的に分析して原因を突き止… このレビューの続きを見る

3.3

SOSの猿

14:54:By niko niko*

ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空。救いの物語をつくるのは、彼ら……。 * モダンタイムス以降、… このレビューの続きを見る

2012年は、50冊読了を目指していましたが、49冊!(・∀・;) 子どもたちの夏休みあたりは全然読めなかったからなぁ。 今年は50冊は読みたいな。 さて、今年の1冊目は伊坂さん♪ 文庫化されたものは即買っていました… このレビューの続きを見る

 わーちょいちょい世の中世の中でくくっちゃならんってきぶんがよくなりました。がんばるンス!いいことあるんす!なんか伊坂さんの世界はすげーなんかちょうどいいのである。暗すぎず明るすぎず、元気は出る!なんかジーンと来る言葉が多い話でした。あたらしい!新しすぎて危うく読みとまるところやった。マリアビートルみたい

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品