DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed グレート・ギャツビー - スコット フィッツジェラルド のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)で自分のブログにレビューを書く

グレート・ギャツビー

3 [3](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1689位
  • Amazon価格:¥ 886
  • ユーズド価格:¥ 35
  • ISBN/ASIN:4124035047(中央公論新社)
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3 [3]

グレ−トギャツビー

07:45:By tolotolo

 『グレートギャツビー』を読んだ。彼が死んだのは、殺されたと同時に、彼の想念が消えたということだった。それでこの世界のデイジーを救えたのなら。枯れた葬儀は、エッグの人たちのとたんにすげない様子を… このレビューの続きを見る

今月の「DRESS」のブックレビューではいまさらながら『多崎つくる』を取り上げているのですが、そこから広がる3冊のほうをメインにしています。『幽霊たち』と『翻訳教室』と『グレート・ギャツビー』。『グレート… このレビューの続きを見る

グレート・ギャツビー

01:09:By

 この書名を初めて目にしたのは「ノルウェイの森」で主人公とその先輩との会話の中においてだった。  きっと、多くの日本人もそうじゃないだろうか。そこそこ若い世代なら特に。  印象的なそのシーンを読ん… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥120 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

ラブ

07:05:By

・・・・・・・・・・・・ 今期、スクーリングパッドのデザインコミュニケーション学部に参加していて あと三回でおわってしまうのですけど、 それが大分良い刺激をもらえて、よかったなあ、と思うのと、 … このレビューの続きを見る

世界の文豪シリーズ第3回はF・スコット・フィッツジェラルド(1896〜1940)です。 ウィキはこちら この人もフォークナーやヘミングウェイ同様、“ロストジェネレーション”を代表する作家のひとりであるが大恐慌… このレビューの続きを見る

 はたしてこれは、誰の小説なのか。  訳者自身がそのあとがきで「要所要所で小説家としての想像力を活用して翻訳した」と云っているように本書はきわめて、村上春樹の小説のようなフィッツジェラルドの小説であ… このレビューの続きを見る

グレート・ギャツビーって、そのタイトルから想像して、壮大な冒険の話なのだとばかり思っていました。みなさんはご存知かと思いますが、全く違います。ギャツビー氏(人)の人生のお話です。話がおもしろいとか、そういうレベルでなく、特に翻訳が村上春樹であることからも、文章を「味わう」、そんな小説だと思いました。

JUGEMテーマ:注目★BOOK どうしても自分には合いませんでした。 期待が大きかったからかもしれませんね。 元々外国作品はあまり読まないので、訳独特の文章になれていなかったっていうのが一つの原因。 腰を… このレビューの続きを見る

3

料理がキライです

09:12:By

JUGEMテーマ:読書 おひさしぶりです。 ちょっと日にちがあいてしまいました。 ま、その間にもたいしてネタになるようなことは無く、坦々と日々が過ぎておりました。 この4月で独り暮らしを始めて7年めになり… このレビューの続きを見る

訳は村上春樹。フィッツジェラルドは、ヘミングウェイなんかと同世代の、いわゆる「ロストジェネレーション」だということぐらいしか知らなくて、代表作であるこの本も、中学生の頃からずっと読もう読もうと思って… このレビューの続きを見る

村上春樹が自身、最も思い入れのある作品を翻訳したのが本作。その翻訳ぶりについて書きたいところだが、あいにくこの作品は未読なのでとても残念。 金持ちで、その経歴は謎めいて様々な噂が流れている隣人・ギャ… このレビューの続きを見る

1922年、F・スコット・フィッツジェラルドは、「何か新しいもの、斬新で美しくて質素なもの、手のこんだ構成のもの」を書くと宣言した。それが、彼の代表作にして最高傑作である、『The Great Gatsby』(邦題『グレ… このレビューの続きを見る

この小説が何故最近話題になって店頭で目立つようになっているのかわかりません。 何か関連があるの? 私が知らないだけ? 10年以上前の宝塚で華麗なるギャツビーとして上演されたのをTVでですが観たので、 … このレビューの続きを見る

彼は周囲をさっと見回した。 まるで彼の屋敷の影の中に、もう少し手を伸ばせば届きそうなところに、過去がこっそり潜んでいるのではないかというように。 「すべてを昔のままに戻してみせるさ」と彼は言い、決意… このレビューの続きを見る

初めての1日保育の日は、オットと『スパイダーマン3』を観に行き、 2回目の1日保育の日は、事情があって家を空けていました・・。 フフフ、「ヒロが1日保育の時間をお家で一人で満喫〜♪」初体験です。 3時… このレビューの続きを見る

フェルメール本と一緒に衝動買いした一冊。 アメリカ文学史上の名著とされる、フィッツジェラルドの“グレート・ギャツビー” この作品に絶大な支持を寄せる村上春樹が、訳を手掛けているものを読んだ。 正直言… このレビューの続きを見る

ついに読み始めたで。

ギャッツビーの長くむなしい恋の話。 そして彼の人生を語る主人公の 周りの人々がギャッツビーと遠いけど心で感じるくらいの関係 であったという話。

こう考えるようにするんだよ」 「世間の全ての人が、お前のように恵まれた条件を与えられたわけではないのだと」 そして、スペシャリストの中でいちばん無用な存在 ―つまり「総合的人間」に今一度なろうとしていた。 冒頭の一節で一気に引き込まれ、訳者のあとがきで つい手に取った本。 小説は、図書館で借りて読むことにしていたのに… 即、挫折

関連する商品