DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 - クリス・アンダーソン のレビュー全57件 JUGEMブログ

>
[Amazon] フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略
フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略で自分のブログにレビューを書く

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

おすすめ!3.5 [3.5](57件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:4823位
  • Amazon価格:¥ 923
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4140814047(NHK出版)
フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(57件) 3.5 [3.5]

約1ヶ月かけて他の本と併読してきましたが、 やっと読み終えました。 歴史や現状の事例把握など、フリーミアムについて 分かりやすく一冊にまとめてくれている貴重な書籍です。 本書を読んで、無料と(少… このレビューの続きを見る

ネットではフリーで公開されて話題を読んだ本。日本語版はネットではなかったですよね?ネットでフリーのものが出回るのと現実世界でフリーのものが出回るのはちょっと違うけど、同じものもあるよ。フリーというも… このレビューの続きを見る

iPod Touchで読みました。フリー(無料)の歴史から話を始め、フリービジネスがどう変化してきたのか、現在のビットの世界のフリーはどうやって利益を得ているのかを解説した本。 ネットの世界では様々なものがF… このレビューの続きを見る

FREE

18:56:By SAPPHIRE BLUE

 未

新年はあけ切っております。皆さん。おっぴろげくらいの勢いで、あけておりますんですけどもおめでとうございます。って、こっち読まれてる人もそうそうおらんとは思うわけですがまあよいです。それでも書きたいことは書くのでありまして書くからには新年のご挨拶なのであります。去年お世話になった方もならなかった方も津々浦々、皆々様、今年もよろしくお願い申し上げます。

昨日本屋さんで見つけたのがこのシェアという本です。 昨年末にfreeという本を読んで、感動して、無料素材集を作ろうと思うきっかけにもなりました。 このシェアですが、freeと良く似たデザインの装丁の本で、し… このレビューの続きを見る

今年も残すところあと数日となりました。というわけで、いつものように、今年読んだ本の中から個人的なベストを選んでみました。上に挙げた『フリー』は、つい先日紹介したばかりの本です。IT技術の革新による急激… このレビューの続きを見る

すごいね、フリーミアム。 1.なんと、東京ドームで無料ライブ 復活するLunaSeaが、東京ドームで5万人無料ライブを開催だとか。 復活のための花火、CDなどの販促という意味合いもあるでしょうし、 NHKなんか… このレビューの続きを見る

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はありますネット上では、もはや当たり前となった感のあるフリー(無料)の商品やサービス。人間、タダという言葉の響きには逆らえないもので、私も無料と知るとつい手を出してしまうの… このレビューの続きを見る

で…前々から騒いでいましたが、再読了しました。 非常に楽しく読むことができる、っていうのは本当のところで。 この本、読み物としてとても素晴らしく出来ているので、なんか…そうだな… もうちょっと考えて読… このレビューの続きを見る

サイボウズの無料版がアップデートだそうで。http://ascii.jp/elem/000/000/564/564097/かつて、梅田さんが「ウェブ進化論」なる本でチープ革命とかおっしゃっていて、仔細はもう忘れてしまったけれども、ネットで… このレビューの続きを見る

最近のベストセラー、「フリー」を読みました。 これを読んで、かなり「無料」であるものに対する考え方が変わりました。 それまではどうしても「無料」=「悪かろう」というイメージ。 もしくは、何か裏が… このレビューの続きを見る

 ユーチューブにあるこれらの雑多な動画はすべて、肥沃な地面を探して飛ぶタンポポの種子そのものだ。ある意味で私たちは、よりよい映像を探して「映像をムダに」することで動画の可能性を探っているのだ。ユーチ… このレビューの続きを見る

カーヴァー・ミードはトランジスタをムダにすることを説き、アラン・ケイがそれに応えて視覚的に楽しいGUIをつくり、それによってコンピュータが使いやすくなった。それと同じで今日の革新者とは、新たに潤沢になったものに着目して、それをどのように浪費すればいいかを考えつく人なのだ。うまく浪費する方法を。

 要するに、私たちが報酬なしでも喜んですることは、給料のための仕事以上に私たちを幸せにしてくれる。私たちは食べていかなければならないが、マズローの言うとおり、生きるとはそれだけではない。創造的かつ評… このレビューの続きを見る

 コンサート・ビジネスも盛況だが、その原動力のひとつは無料音楽がファン層を拡大していることだ。ライブは常に音楽ビジネスでもっとも儲かる部分だ。プリンストン大学の経済学者、アラン・クルーガーによると、2… このレビューの続きを見る

 わずか3年のうちに、CD-ROMという破壊的なテクノロジーと、インフラコスト(ライセンス契約したコンテンツvs社内編集チーム)、流通モデル(コンピュータの小売店vsセールス部隊)、価格設定(99ドルvs1000ドル超… このレビューの続きを見る

これこそ現代のデジタル企業がするべきことだ−−多くのものをタダで与えて、少ないものからお金をとる。 グーグルはひとにぎりのコアプロダクトの広告料から大金を稼いでいる。そのほとんどは検索結果の表示画面や… このレビューの続きを見る

アップル社はその巨額の売上を音楽ファイルの販売からではなく、iPodの販売であげている。かつて、ラジオ業界が1920年代に経験したように、無料コンテンツは、それを再生する機器の価値を高めるのだ。

JUGEMテーマ:本の紹介  ”「無料のルール」デジタルのものは遅かれ早かれ無料になるアトムも無料になりたがるが、力強い足取りではないフリーはとまらないフリーからもお金儲けはできる市場を再評価するゼ… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:ビジネス長く話題になっている本です。相当内容の濃い本でした。過去のフリー〜現在〜未来へとフリー戦略が変わっていく様を体系的に学べウェブビジネスについても考えさせられます。この本は、経済通とかの人よりウェブ業界で仕事をされている方で、マーケッターでなく、制作作業をしている人が読むと良い本だと思います。

【商品内容】 [2010上半期CD売り上げ上位ランク] 買取価格:¥930 * 2010年7月2日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査… このレビューの続きを見る

ネットと紙の違いってなんでしょうか。検索性と一覧性?いや、もはやそのような単純なことではないはずです。みなさんはなぜGoogelがここまで大きくなったかご存知でしょうか?無料で毎日のように使っている… このレビューの続きを見る

『FREEフリー』クリス・アンダーソン、読了。ちょっと時間がかかりました。ネットに溢れる「無料」をどうとらえるか、人は何に「有料」の価値を見出だすのか。発想の柔らかさが問われる時代ですね。

フリーミアム戦略を図解思考してみる わかりやすかった。さうsが図解。

 最近、いろいろなところで FREEという言葉が流行っています。 もしかしたらあなたも、クリス・アンダーソンの 「FREE(無料からお金を生み出す新戦略)」という 本を読んだかもしれませんね。 確かにGoogle… このレビューの続きを見る

 世の中、いろんなものが無料提供されてきましたよね。フリーミアムとか無料経済とか言われて、話題になっていますが、その発端になった本がこれです。かなりぶ厚い本で、そもそも経済活動ってどういうことな… このレビューの続きを見る

 今日スタバに行ったら、すみっこの席で20歳くらいの青年がぶ厚い本を読んでいた。ぼくは「おや」と思った。というのもぼくは一週間前、同じ席で同じ本を、ちょうど読んでいたからだ。 それはぼくが最近めずらし… このレビューの続きを見る

 週刊 ダイヤモンド 2010年 3/13号 [雑誌] フリーの正体

3.5

こもる

21:25:By material

ひきこもってました。 原稿したり原稿したり絵をかいたりしてました。 こもりすぎてました・・ のでちょっと合間に気分転換で本読んでました。 FREE はおもしろい・・経済の本とか正直わけわからんけど これおもし… このレビューの続きを見る

FREE読書会

21:08:By CO STYLE BOOK

こちらの”FREEからお金を生みだす新戦略”を課題本とした読書会では、いろいろみんなと意見交換する中で、”価値観”について考えさせられました。何に対して人はお金を払おうとするのか。何に対して価値を見いだすか… このレビューの続きを見る

坂本龍一は、2009年に日本とヨーロッパで合計51公演にわたるピアノコンサートツアーを行った。ブロードバンドで音楽のデータが無料でやりとりされるようになると、ミュージシャンはコンサートで売り上げをあげるし… このレビューの続きを見る

夜の読書会

22:59:By CO STYLE BOOK

今日は初めて”夜の読書会”に参加してきました朝の読書会とどう違うの?というと、夜の読書会では、未読のビジネス書をその場で読んで2分間でプレゼンするということです。はりきって話題になっているこちらのクリ… このレビューの続きを見る

なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?なぜ、ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?あなたがどの業界にいようとも、“無料”との競争が待っている。それは可能性の問題ではなく、時間の問題だ。そのときあなたは、創造的にも破壊的にもなり得るこのフリーという過激な価格を味方につけることができるだろうか。 JUGEMテーマ:読書 

 すでにこの本に関しては色々語り尽くされているはずなので、断片的かつ適当に。  率直な感想を申し上げると、読み物としてはまあまあ面白かったけど、世間で評判になってるほど画期的というか革新的な内容だ… このレビューの続きを見る

いま、注目のフリーミアムとは? あなたがどの業界にいようとも、無料(フリー)との競争が待っている。 世界的ベストセラー『ロングテール』の著者が描く、21世紀の経済モデル(帯引用) なぜ、一番人気のある… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本  【感想】  筆者独自の視点で、フリーに対する分類と考察が書かれており、緻密なリサーチに基づいた参考になる本です。 今後、インターネットでビジネス展開をしようと思われる人… このレビューの続きを見る

【今日の一冊】:出張中のバス車内で読破。この著者の本は、具体例が豊富で研究熱心やな〜、と思いますが、やや冗長な感はありますね。 今日は出張疲れを癒すため、奥さんと新津の県立植物園&温泉めぐり。植物… このレビューの続きを見る

 デフレとフリーを混同してしまうと デフレ脱却により経済の高揚を推進してく 上でフリーはよくないなぁ〜なんて思って いた認識を改めました。 情報が蔓延して優秀な検索エンジンを駆使 しても優良な情… このレビューの続きを見る

3.5

book_2010_013

23:29:By time of life

JUGEMテーマ:ビジネス書 

3.5

日本製とか中国製

09:44:By fukai Blog

昨日、桃ラーの件でツイートしたら(まぁ、つぶやきだよ)、”中国人は昔からあった、中国が始まり、って言いたがる”から鵜呑みにしてはいけないと、つぶやかれた。まぁ、そうだね。中国4000年の歴史と言ったら、いや5… このレビューの続きを見る

フリーを読書中。明日には読み終わるはず。 そこでここまでの感想ですが、かなりの傑作です。 経済書として非常に的確に現実を示していると思います。 この本で示されているのは3点だと読み取りました。 1.ア… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般  無料で、音楽が手に入る。 無料で、ゲームができる。 無料で、動画を見ることができる。 無料で、検索することができる。 ソフトウェアはオープンソース化している。 なぜ無料なの… このレビューの続きを見る

3.5

フリー、を読む

17:48:By fukai Blog

週刊ダイヤモンドやらワイヤードやらビジネス誌からIT系までも取り上げる一冊。昨年暮に出版され、2010年度以降これは読んでおかないとビットの世界では生きていきにくい。フリーはダメだよなんて言いながらGoogle… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:転職活動  ある応募企業よりメール。 選考が長引いて申し訳ない、との事。 それはそれでよくあるケース。 が、2営業日以内に電話連絡がない場合は御祈りですよ、ということで、今、その連絡… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/12/02/freemium/index.html 『あなたがどの業界に行こうとも(無料)という敵が待っている』 という帯が印象的な『FREE』。 実は、筆者… このレビューの続きを見る

 知り合いが読んで「良かった」と言っていたので読んでみた。 分厚い本なので、一見読むのに苦労しそうに思えるが、読んでみると思ったよりラク。 ページに文字がギッシリではないことや、難解な言葉などを使… このレビューの続きを見る

 避けられない道

ということで、Mobile me宛にメール貰っていたご友人の方々へ、他のアカウントに今後はお願いします。もーiDiskもiSyncもあれもこれも。。。もー惰性で使うのやめます。.macのテストユーザーで適当なアカから初めて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ちょっぴり「今更感」もありますが、読んでみました。大いに刺激を受け、また、自分でも色々と「こんなんどやろ」と頭の体操をやってみました。特にボクの印象に残ったのは、"第13章 (ときには)ムダもいい"です。そして、この章が始まって間もなく表れる一文がこの本で最も!!!と来た箇所です。

JUGEMテーマ:読書 mixiはなぜ無料なのか? youtubeはなぜ無料なのか? ウィキペディアはなぜ無料なのか? Linuxはなぜ無料なのか? Gmailはなぜ無料なのか? 無料が私達社会にはたくさんあります。 しかし、… このレビューの続きを見る

ケータイでウェブしないからほとんどのつぶやきは誰にも届かない。あるいはしていても。つぶやいても一人メモ:自己啓発本からニューエイジまで東浩紀の話は本の連載「一般意志2.0 2」とか。始まったばかりだけど、読んでる?つぶやきシロー

3.5

FREE

23:13:By

 FREEやっと読み終わりました。無料を売りにしたビジネスというのは昔からあって特に珍しいものではないと改めて書かれると確かにその通りで、スーツ買ったらもう一着無料とかそういう”おまけ”的な使い方はあ… このレビューの続きを見る

FREE

13:20:By N's Bookshelf

JUGEMテーマ:ビジネス 

* 私はデジタル世界に疎く、「サーバーの中ってどうなってるんやろ?」と想像しては、ウーン…と目をまわし、You Tubeを見る時は 「こんなん、タダで見てもいいんかな?」と、ちょっとした罪悪感を感じるよ… このレビューの続きを見る

 価格破壊とは違うよね。

3.5

フリー

12:42:By 書籍メモ

 フリー