>
[Amazon] 闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))
闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))で自分のブログにレビューを書く

闇の左手)

おすすめ!4 [4](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:131930位
  • Amazon価格:¥ 968
  • ユーズド価格:¥ 324
  • ISBN/ASIN:415010252X(早川書房)
闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 4 [4]

夏になるとSFが読みたくなります。 夜空で宇宙を思い出す…ということではなく むかーし自動車教習所に通っていた頃 (私は遅くて社会人になってから取りました) 7〜8月に路上が佳境で、実技のキャンセ… このレビューの続きを見る

「闇の左手」

11:11:By moji*lib

今回はあまり呼んだことの無いジャンルを読もう、ということでSFのこの本を選んだんですが、初SFなので失敗しないよう、好きな作家さんの本にしてみました。 アーシュラ=K=ル=グヴィンは『ゲド戦記』でよく知っ… このレビューの続きを見る

〔ヒューゴー賞/ネビュラ賞受賞〕 両性具有人の惑星、雪と氷に閉ざされたゲセンとの外交関係を結ぶべく派遣されたゲンリー・アイは、理解を絶する住民の心理、風俗、習慣等様々な困難にぶつかる。やがて彼は奇怪… このレビューの続きを見る

4

闇の左手

09:41:By OKULO

Light is the left hand of darkness and darkness the right hand of light Two are one, life and death, lying together like lovers in kemmer, like hands joined together, like the end and the way … このレビューの続きを見る

面白かった。 …といっても、あと10ページくらい残ってるけど。 舞台は惑星--。 ここに住む人間たちには、性別がない。 ある種の両性具有なのだ。 ケメルと呼ばれる発情期を迎えると、一時的に男女の性に分… このレビューの続きを見る

内容紹介 遥かなる過去に放棄された人類の植民地、雪と氷に閉ざされた惑星ゲセン。と呼ばれているこの惑星では、人類の末裔が全銀河に類をみない特異な両性具有の社会を形成していた。この惑星と外交関係をひらく… このレビューの続きを見る

4

闇の左手

01:59:By 引火遊芸メモ帳

[あらすじ] 惑星ゲセン(宇宙連合側が最初につけたのは<冬>)の一国エルヘンラングに二年前から宇宙連合の施設として逗留しているゲンリー・アイ(男性・肌は黒い)。ゲセン人の肌はおおむね黄褐色または赤褐色… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品