DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 夏への扉) - ロバート・A・ハインライン のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))で自分のブログにレビューを書く

夏への扉)

おすすめ!3.4 [3.4](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:320961位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4150103453(早川書房)
夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.4 [3.4]

 マヤの暦の終わりに世界が滅亡する、という終末論が一部で流行っているらしい。 終末論は世紀の境を始めとして様々な時代に唱えられてきたが、実現したものはない。あれば人類は終わっている! Wikipediaで”201… このレビューの続きを見る

 子供も夏休みなので ここらで、読書感想文ネタでも 確か、中学の頃にSF小説にはまり短編SF小説を一生懸命読んだ中 何のきっかけやかは忘れましたが長編SF小説を読んだ事を思い出しました。 『夏への扉』ア… このレビューの続きを見る

これはSFと言うより、サスペンスに近いストーリー展開なのでは。 JUGEMテーマ:読書 

ぼくが飼っている猫のピートは、冬になると“夏への扉”を探しはじめる。家にたくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じているからだ。そしてぼくもまた、ピートと同じように“夏への扉”を探していた。最愛の恋… このレビューの続きを見る

夏への扉 / ロバート・A・ハインライン 尊敬している人にオススメしていただいたので大切に読みました。 現代とはそれこそ平行世界に存在していそうな世界観が面白かった。 SFものは好きだけど途中でわけがわから… このレビューの続きを見る

SF読みました

00:26:By

  久しぶりに読んだ。小説。 今年まだ5冊くらいしか読んでないかも・・・ で、これは会社の上司からお借りしまして、「SFの名作だから」と。 はい、名作でしたね。わかりやすかったし、SFの基本をおさ… このレビューの続きを見る

物語の舞台は1970年12月3日のアメリカ。古いSFです。主人公の人物造形と飼い猫ピートの猫らしさが魅力。恋人と親友に裏切られた主人公が、30年間のコールドスリープでやってきた未来。作中の描写にあるほど、現代の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今回は私の評価はなしってことで・・・。

「夏への扉」

15:50:By めも

『夏への扉』ロバート・A・ハインライン まだネットを始めたばかりの頃、活字中毒仲間だった人から薦められて読んだ。 タイムマシンとかロボットとかコールドスリープとか、SFらしいガジェット満載の中に、人間… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 1979年の作品なんですねえ SFの古典、或いは不朽の名作という事で 読んでみました 面白いね、さすがって感じです 1970年から冷凍睡眠で30年後、2000年の世界が描かれていてとても興味深い… このレビューの続きを見る

3.4

SFさいこーう!

10:13:By vidro

好きな人のおすすめ本です 読まないわけがないよね笑 後半〜最後までがすごいおもしろかった! 最後にすべてのことがカチッと合わさるのが すごい爽快っていうか痛快っていうか もっと本読みたいなー ゲイ… このレビューの続きを見る

訳は福島正実。タイムトラベル物で、アイディアはいまとなっては古いのかもしれないが、SFとしてというより、冒険活劇のようなものとして楽しく読んだ。いろいろな発明を思いつくが経営の才能はないガンコな主人公… このレビューの続きを見る

3.4

夏への扉

22:40:By くねくね式

海外もののSF小説です。 ずいぶん前に出ているみたいです。 苦手な洋モノですが、猫好きにはたまらない!とのことで珍しく自ら手を出しました。 家の扉のどれかが夏へ通じていると信じている猫と暮らす男。 … このレビューの続きを見る

夏への扉

23:17:By kBsmLOG

「夏への扉」(1957発表)は数多のSF小説の中でも特に評価の高い作品。 今回初めて読んでみたがやはり最初から最後まで面白く、それだけ人気が高いのもうなづける。 1970年ロサンゼルス。主人公ダンは優秀な技… このレビューの続きを見る

夏への扉

12:49:By ENTRTNMNT

これはよかった! 嬉しい! 幸せ! ハッピー! という感想が最後にはちゃんと来ることができたので本当によかったです。 読み始めた最初のほうは、外国文学特有のカタカナや言い回しのクセなどが、僕の思考… このレビューの続きを見る

夏への扉

21:12:By 雪ノート

もう何年も前から友達に面白いよ、と薦められ買ったはいいがそれから今までずっと本棚の中に埋もれていた本です。 やっと読みました〜。 薦められた通り、面白かったです。おかげで思っていたよりも早く読破し… このレビューの続きを見る

なんだか懐かしいような感じがする。 サイエンスの単純さとか、楽天的な展開のためかもしれない。「冬のたびに夏への扉を探す猫」って設定がまず好ましいし、主人公の人柄もSF好きな人には共感のわく感じ。 … このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品