>
[Amazon] タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)で自分のブログにレビューを書く

タイタンの妖女

おすすめ!3.3 [3.3](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:26351位
  • Amazon価格:¥ 821
  • ユーズド価格:¥ 237
  • ISBN/ASIN:4150117004(早川書房)
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.3 [3.3]

どのような内容なのかと期待して購入しました。 タイトルにある通り タイタンへ行ってしまうんですね〜 なかなか楽しむことができました。

本日開催された猫町倶楽部の読書会はSF本ということで、課題本3冊のうちから「タイタンの妖女」を選んで参加しました。参加者それぞれ捉え方が異なり、議論していく中で自分なりの解釈が深まりました。私自身が最… このレビューの続きを見る

「タイタンの妖女」

15:48:By moji*lib

大金持ちのマラカイ・コンスタントが、運命に翻弄されつつも波瀾万丈な人生を全うしたお話。 この本をビレッジバンガードで購入したとき、確か宣伝キャプションが飾ってあって、「抱腹絶倒!」とか書いてあったよ… このレビューの続きを見る

 どっかの誰かさんのせいでヴォネガットばっか。

 「きみたちはとうとう愛しあうことができたんだね」とサロ。「たった一地球年前のことだった」とコンスタント。「おれたちはそれだけ長いあいだかかってやっと気づいたんだよ。人生の目的は、どこのだれがそ… このレビューの続きを見る

 今日は雨です。 毎年この時期は、雷がなって雨らしい雨が降り続きます。春の前のおそらの大掃除でしょうか。 というわけで、久しぶりにお家でのんびり読書でも。 もともと、SFは嫌いじゃありません。機械の… このレビューの続きを見る

タイタンの妖女

15:35:By 受賞本

 タイタンの妖女  著者 : カート・ヴォネガット  受賞歴 : 第4回星雲賞(海外長編部門) 受賞

やっぱり、ミステリーよりもSFの方が好きだわ。 ミステリーは、必ず「事件→謎解き→解決」っていうのが決まってるから、トリックは読めなくても展開が読めてしまって、飽きてしまう。 SFの場合は、本当に展開が読… このレビューの続きを見る

幼女ではないんだなぁ、これがまた。

「あの恋物語の中の女をおぼえているねーあの男の子供を生んだ女を?」とラムファードはいった。「火星でただ一人の詩人だった女を?」 「その女がどうした?」アンクは言った。彼はたいしてその女に興味はなかっ… このレビューの続きを見る

関連する商品