DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 虐殺器官 - 伊藤 計劃 のレビュー全45件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)で自分のブログにレビューを書く

虐殺器官

おすすめ!3.8 [3.8](45件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:8937位
  • Amazon価格:¥ 778
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4150309841(早川書房)
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(45件) 3.8 [3.8]

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰… このレビューの続きを見る

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、… このレビューの続きを見る

【伊藤計劃 ハヤカワ文庫】 すごい面白かったんだけど感想書くの忘れてて詳細を書けないです。すまない。 このタイトルで特殊部隊の大尉を主人公に据えながら、とても繊細。 アニメより実写で観たいな〜と思いました。

  読み終わって「ああ、この終わり方は評価が分かれるだろうな」と真っ先に思いました。  今回、映画化ということで(しかもそろそろ公開)、原作よりも先にコミックを読みました。  ネタバレ回避のために… このレビューの続きを見る

3.8

読んで損なし

21:49:By 書評・三八堂

●本日の読書 ・「虐殺器官」伊藤計劃/ハヤカワ文庫JA 「虐殺器官」な、「虐殺機関」じゃなくて。えぐい話だろうなあと云う思い込みでこんなすごい近未来ハードSFをスルーするところでしたよ。ええ傑作です。… このレビューの続きを見る

  伊藤計劃のSF小説「虐殺器官」「ハーモニー」の劇場アニメ化が決定 https://www.youtube.com/watch?v=6KzbaZ9w-FE http://gigazine.net/news/20140321-project-itoh/ _______________… このレビューの続きを見る

 これは差別や偏見ではなくあくまでも仮定としての考えだが、増え過ぎた人間という生き物を間引きするとしたら、どんな対象を選択するのが手っ取り早い(合理的)かと言えば、結論としては社会的にも経済的にもサ… このレビューの続きを見る

評価の高いSF小説ということで読んでみました。 が、文章のリズム感が自分には合わないのか読むのに苦労しました。扱っている話題が大量殺戮であり、罪の意識で苦しむ主人公のアメリカ情報軍のクラヴィス・シェパ… このレビューの続きを見る

SFものは読みなれてないのでめっちゃ時間かかってる。 なかなか読み進められない。 「新世界より」何か起きそうな予感むんむんなのに、読むのが遅くてまだなにも起きてない笑 タイトルで世界ってついてるだけあっ… このレビューの続きを見る

虐殺器官

23:28:By 本の記録

ずーっと食わず嫌いしていて、気になるけど手にとることのなかった伊藤計劃。 kindle版がお買い得だったのもあって、ポチりました。 思ったよりずっと読むのに時間がかかったけれど、思ってたよりずっと面白い小… このレビューの続きを見る

3.8

意識の在処

09:58:By 六角形の日記帳

 残暑厳しい。お盆より暑い気がする。でも夜になると虫の声が聞こえ出す時期になっています。おはようございます。本日はブックレビュー。伊藤計劃(けいかく)の2冊。今更かよとか言われそうですが例によっ… このレビューの続きを見る

 うっかり、書きます予告をすると、ちょっと書きたいときに手がつけられなくなるので、さくっと猫ひろしをやっつけてしまいます。この時期の、私の本来書きます予告しなきゃいけないのはゲイDVDベスト10なので… このレビューの続きを見る

2011年のマイベスト

11:55:By moji*lib

今年はほとんど読書をしませんでした。 読書が出来ないほど忙しかったわけでもないのですが、なんとなく関心が本からそれていたみたいです。そのせいで、今年のベストを選ぶ時はめちゃくちゃ冊数が少なくて楽でした… このレビューの続きを見る

あまり深い考察はしない。SFとは知らずに買ってしまった。SF苦手と前に書いた覚えがあります。どこがどう苦手、とは説明できないので、何となく食わず嫌いのような感じなのだろうな。話題になっていたのと、強烈な… このレビューの続きを見る

『虐殺器官』。

01:20:By 一瞬間劇場

伊藤計劃著(ハヤカワ文庫)。 SF。 まごうかたなきSF。 なのだが、何だろう、このリアリティは……。 と、思わず寒気がしてくる作品。 あれだね、押井守監督で映画化!! とか言っても信じてしまえる作品だね。 そう、イメージとしてはあの雰囲気が押し寄せるヨ。 タチコマがいそう、とか。素子さんがいそう、とか。←それ『攻殻』。

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に… このレビューの続きを見る

やっと読了。 雪風読んだ時もそうだったけど、SFは専門的な単語を辞書をくりながら読み進めるから時間がかかる。けど、それもまた面白いよね! 最近は、初コミケ申し込みやら用事でわたわたするやらサイト公開… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  デビュー作、「虐殺器官」をとうとう読み終えてしまった。 これでもうこの作者の長編小説を読む機会は2度とないのだということが口惜しい。 「ハーモニー」と同じく… このレビューの続きを見る

「虐殺器官」

21:15:By moji*lib

ずっと気になってた本。題名からして物々しい。 デザインに一目惚れして買いました。 表紙もクールですが、内容はもっとクールです。 「ぼく」ことクラヴィス・シェパードは情報軍大尉として主に要人の暗殺を請け… このレビューの続きを見る

 うっかり、書きます予告をすると、ちょっと書きたいときに手がつけられなくなるので、さくっと猫ひろしをやっつけてしまいます。この時期の、私の本来書きます予告しなきゃいけないのはゲイDVDベスト10なので… このレビューの続きを見る

何というか、こういう近未来物で世界観をがっつり構築できるのってただひたすら脱帽です。 SF書けるってそれだけで尊敬なんですが……。 しかも軍事関係の知識もあるようですし。 こういうのどこで調べてくるんだ… このレビューの続きを見る

3.8

虐殺器官

23:06:By life is spiral

 最初はタイトルを見てちょっと遠慮していたんですが、結局読みました。書店でも長い間平積みだったし、気にはなっていたんですよね…タイトル通り、凄まじい物語ではありますが、とても繊細。SFのジャンルに入… このレビューの続きを見る

伊藤計劃

23:58:By 若草ラプソディー

最近は図書館で本を借りて読むことが多かったのですが 久々に文庫を買いました。 1週間ほどかけて、今日読み終わりました。 買って大満足の内容です。

3.8

Hooray。

19:42:By A R T P H A R M E R

 ようやく伊藤計劃の『虐殺器官』買ってきました。ずっと気になっててもう一年近く過ぎてしまいました・・・。果たしてゼロ年代ってのは何なのか自分には分かってないですが面白そうだなって感じはします。お… このレビューの続きを見る

虐殺器官 / 伊藤 計劃 どんなふうに生きれば、こんな文章が書けるようになるんだろう。 あとがきのお母様の言葉を読んで、この親にしてこの子ありってことなのかな?とか。 流れるように襲ってくる言葉が気持ち… このレビューの続きを見る

3.8

虐殺器官

21:05:By AM I STILL ILL??

 たまになんの予備知識もなく本買ってみるのも面白い。 もうすぐ忘年会っすな〜、これそうな人ぜひ来てください。

 東京の白い月を湾岸線で見た。渋滞の高速はもう古びているそうだ。制限速度60kmだけど、この道路ができた当時は画期的な速度だったんだとか。そんなよくしゃべる運転手さんの話にウンウンうなづきながらもわ… このレビューの続きを見る

タイトルとはじめてみる著者名に引かれて手に取る。 ありそうな未来。 解説を読んで、この著者のことを知る。

 小島秀夫と宮部みゆきが絶賛しているというからには、読まなくては!と手にとったのが本書。---------------------------------------9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管… このレビューの続きを見る

米国情報軍の暗殺作戦で唯一黒星を続けている対象者が、ジョン・ポールという名の米国人だった。 彼が世界各地で虐殺に関連し、扇動していることが明白になったことで、クラヴィス・シェパード大尉は仲間と共に彼… このレビューの続きを見る

紀伊国屋でやたら押されていたので購入。 ぜひ読んでみて。 以上っ!! で終わりたいんだけど、怒られそうなんでもうちょい。 丁寧な状況・心理描写で、グロい話を綺麗に書いている、といった印象。 装丁とタ… このレビューの続きを見る

面白さでした。 日本人でこんなSFが書ける作家がいたことに驚くとともに、昨年34歳の若さで他界されているのにショックを受けますね… 物語の舞台は9・11以降の世界の延長線上、テロとの戦いの果てに徹底された管… このレビューの続きを見る

3.8

虐殺器官

00:17:By

JUGEMテーマ:小説全般  けっこう前に読みました。 ハヤカワ書房ついったーでやたら押しのつぶやきされてたので。 面白かった。 つうか作者がもう亡くなられているとかほんと残念でなりません。 そしてこの… このレビューの続きを見る

3.8

虐殺器官

15:52:By

ベストSF2007国内1位、ゼロ年代ベストSF国内1位、とSF部門に おいて評価の高い伊藤計劃(けいかく)さんの虐殺器官。 文庫本の帯に、伊坂幸太郎さんが「夢中になり嫉妬してファンになった」 宮部みゆきさんが「3… このレビューの続きを見る

 紙に印字されている、整ったフォントの字面を眺めているのと、 iPadにDLした電子書籍の字面を眺めているのとは何の違いがあるのだろう。 著者という肩書きを持った誰かの書いた文章が織り成す、その誰かの感覚… このレビューの続きを見る

この本に興味を持ったのは、ある男のtweatがきっかけっだった。 伊藤計劃の虐殺器官すごく面白かった。これをスルーしてた自分のセンサーだかアンテナだかは、もはや錆び付いていると思った。 この男は、おそ… このレビューの続きを見る

読み

23:49:By 電脳汁垂れ流し

発売された当初から読みたいと思っていた本が、文庫本となって本屋に平積みされていたので、 買ってしまった。 しかし、この本、2月には発売していた様子。 なんで今更平積みだったんだろうか、近くの本屋。 半分くらい読みましたが、実に面白い。 続きが気になるでござる。

虐殺器官

20:45:By HOME SWEET HOME

ずっと気になっていた一冊。物凄い傑作であるとかゼロ年代を代表する革新的なSF小説であるのかどうかは私には解らないけれど、確かに面白い小説だと思う。ラストのオチも締まっていて良いね。ジョン・ポールに関… このレビューの続きを見る

3.8

伊藤計劃 【虐殺器官】

01:34:By

自分が今まで読んだ本は大抵現代物で、ファンタジーやSFはほとんと読まない。そしてこの本がSFに分類されるものだと分かったのは、読んでしばらく経ってからだった。冒頭の美しく残酷な描写から一気に物語りに引き… このレビューの続きを見る

伊藤計劃先生『虐殺器官』を読み終えました。主人公の最後の選択が理解し難いのですが、何故だか納得した気持ちになってしまう。全体的に淡々とした虐殺と静かな葛藤が描かれています。気になる方は読んでみて下さ… このレビューの続きを見る

モルヒネ

22:35:By かさかさ

 戦争物は趣味じゃないと思いながらも、話題性と好奇心で手に取りました。帯のうたい文句はずるいと思います。商売上手。でも、とても読んでみてよかったと思います。実際、本文中で見られる風刺的考え方と思… このレビューの続きを見る

第1回PLAYBOYミステリー大賞【国内部門】第1位受賞作。 かつ、「ベストSF2007」「ゼロ年代SFベスト」ともに、国内篇第1位。 主人公・米軍大尉クラヴィス・シェパードは、世界各国で急増している内戦や虐殺を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

 正直に言うと日本人作家は今まであまりチェックしていなかったのです。それを後悔した。  タイトル通りの死の集積に、高度情報化社会、テロリズム、グローバリゼーション、経済格差、社会言語学、哲学に心理… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書   殺す、殺す、殺す。  なにしろこのタイトルだ、覚悟はしていたつもりだが、最初から最後まで徹底していた。 殺戮だ。  アメリカ情報軍・特殊検索群i分遣隊の大尉が主人公なので… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品