>
[Amazon] ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)で自分のブログにレビューを書く

ハーモニー

おすすめ!3.6 [3.6](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:226551位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:415031019X(早川書房)
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.6 [3.6]

  伊藤計劃のSF小説「虐殺器官」「ハーモニー」の劇場アニメ化が決定 https://www.youtube.com/watch?v=6KzbaZ9w-FE http://gigazine.net/news/20140321-project-itoh/ _______________… このレビューの続きを見る

ベストセラー『虐殺器官』の著者による“最後”のオリジナル作品<br> 21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は見せかけの優しさと倫理が支配する“ユートピア”を築いて… このレビューの続きを見る

ハーモニー

19:04:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書 友人が伊藤計劃を読み終えて暗然としたとつぶやいていたので借りてみた。そして、衝撃を受けた。 おい。伊藤。何時の間に勝手にこの世から素で退場してんだよ。 いや、本人の望んだ事じゃない… このレビューの続きを見る

*ハーモニー

01:36:By 本のなる木

すばらしき調和(ハーモニー)は破滅をもたらす。 『ハーモニー』 伊藤計劃 すでに亡きSF作家・伊藤計劃の長編2作目ともいえる本です。 普段SFはほとんど読まないのですが、 大学生が薦める本みたいなのに… このレビューの続きを見る

<あらすじ> 「健康」であることが最も大切なことであるとされる世界。 穏やかであるはずのその世界を揺るがすような、大事件が襲う。 そこに浮かぶのは自殺したはずの親友、御冷ミァハの影だった。 *感想… このレビューの続きを見る

3.6

意識の在処

09:58:By 六角形の日記帳

 残暑厳しい。お盆より暑い気がする。でも夜になると虫の声が聞こえ出す時期になっています。おはようございます。本日はブックレビュー。伊藤計劃(けいかく)の2冊。今更かよとか言われそうですが例によっ… このレビューの続きを見る

「虐殺器官」の続編とも言える。前作よりも未来の話。読む順序は、どちらが先でも良いのでしょうが、2冊合わせて読んでよかったなぁと感じた。「虐殺器官」が、戦争のドンパチシーンが多かったため、比較的日常シー… このレビューの続きを見る

伊藤計劃著(ハヤカワ文庫)。 同著書の前作『虐殺器官』のラストを経た世界設定でのお話。 がっつりSF。 それはもう、まごうかたなきSF。 ……あれ? これ前も書いたかな? イメージとしては、やはりあれだ。 『攻殻S.… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 装丁に惹かれて購入。私は、白地にタイトルと著者名のみ、っていう感じの装丁に弱いみたいです。夏目漱石の「こころ」も、新潮文庫の真っ白な表紙のものを買ったし…《Amazonのあらすじ》21… このレビューの続きを見る

【ユートピア】…(トーマス=モアの小説の題名から)理想的な社会。理想郷。 こんにちは。忍です。iPhone買った。このタイミングで4を買った。なぜなら今月が更新月だから。5間に合わず。さっそくメタルゴ… このレビューの続きを見る

ハーモニー。

23:22:By #ff8c00*

世界は<大災禍>と呼ばれる大混乱を経て、 健康と公共意識を第一に考えた生命主義と呼ばれる医療社会。 人は体内にインストールされたプログラムの監視の元、 完璧に管理された生活を営み、怪我や病気とは無… このレビューの続きを見る

 大森本をクサしてるだけじゃしょうがないので、00年代SFの精華も読んでみなければと思うのである。何しろ星雲賞に日本SF大賞、英訳されてフィリップ・K・ディック賞まで取っているのである。コレを読まずして00… このレビューの続きを見る

ハーモニー読了

22:22:By Note

虐殺器官より格段に読みやすかったのは主人公が女性だったのと、ミリタリー描写が減っているせいなのか? 設定もより未来な世界観でありました。

SFマガジンを買ったんですが、そこここに「ハーモニー」に関してもネタバレしている気がしてまずはこちらを読み終わらないと話にならんなあと思ったわけであります。 虐殺器官を先に読んだんですが、舞台とキャラクターのネーミングにまず違和感を感じてしまいました。 いえ、でも読みますが。

 伊藤計劃氏こそ不世出の作家だろう…… もっと新作が見たいマジでくやしい 数少ない作家買いしたいくらい好きな作家さんになったのに… そういや私は作家買いする作家さん少ないな 桜庭さん、葉山さん、宮部さん(ミステリのみ)、あと漫画でPEACH-PITさんくらいしかいないや。 以下、ハーモニー感想

「ハーモニー」

18:41:By moji*lib

「虐殺器官」のラストの続きになるのかな? 数十年後の世界だと思って読めなくもない・・・。 同時多発核戦争「大災禍」(ザ・メイルストロム)から生き残った人々は、新たな社会を築いて生きていた。お互いが気遣… このレビューの続きを見る

解説の中で、著者は主人公の性別を特に決めていなかったとあった。 それが本当ならば「少女」であった偶然はすごいと思う。 男によって、あるいは胎児によって、自分の体が自分のものでないという経験をするであ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  21世紀、<大災禍>で世界中に核弾頭が落ち、放射能の影響で人類は病に侵される。そして世界は健康を第一とする<生府>を基本単位とする、医療福祉社会… このレビューの続きを見る

 作品というのは原則的にひとつずつ評価されるべきだと思う。なぜなら、同じ作家であっても、書くことの意義が変わる時もあるし、そうでなくても、モチーフは基本的に変わるもので、それによって手つきも変わ… このレビューの続きを見る

ハーモニー / 伊藤計劃 伊藤計劃が好きだ。 人類補完計画といい、ハーモニー・プログラムといい、この手の思想に惹きつけられます。 わたしなんていらないんだよね、本当に。

もう十日、歯が痛い。 って『不良少年とキリスト』という昔読んだ随筆の書き出しを 毎日毎日強制的に思い出させられるこの頃です。 歯痛というか、抜歯跡痛によって。 んでこの『ハーモニー』は ゴールデンスラン… このレビューの続きを見る

伊藤計劃

23:58:By 若草ラプソディー

最近は図書館で本を借りて読むことが多かったのですが 久々に文庫を買いました。 1週間ほどかけて、今日読み終わりました。 買って大満足の内容です。

3.6

メモリー

05:11:By AM I STILL ILL??

 なんか前作たまたま読んだ勢いでこれも買って読んでる。今年はあっというまだったようで、いろいろあったような。。

ハーモニクス

00:22:By かさかさ

 あーやっぱこの作者好きだー感性的で文学的に頭よいと思う伊坂とは別の次元の好みだなこの人すっげ頭良いんだなって読んでて思います。もしくは勘がいい。自分的には「虐殺器官」のが好きだったけど、裏っ返したこっちも確かに面白い。人間臭い。「虐殺器官」は世界に優しくて「ハーモニー」は世界に厳しいとっても面白い。この2作しか読めないのが残念。。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品