DB Error: connect failedDB Error: connect failed 日の名残り - カズオ イシグロ のレビュー全18件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 日の名残り (ハヤカワepi文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
日の名残り (ハヤカワepi文庫)で自分のブログにレビューを書く

日の名残り

おすすめ!3.9 [3.9](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:8566位
  • Amazon価格:¥ 821
  • ユーズド価格:¥ 86
  • ISBN/ASIN:4151200037(早川書房)
日の名残り (ハヤカワepi文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.9 [3.9]

【カズオ・イシグロ 訳:土屋政雄 早川書房】 1956年英国、執事のスティーブンスは新しいアメリカ人の主人がしばらく帰国するのを機に短い旅に出る。 かつて一緒に働いていた女中頭であるケントンに会う… このレビューの続きを見る

カズオ・イシグロ

22:22:By icono pic

『わたしを離さないで』 そして村上春樹のこと JUGEMテーマ:今日見たテレビの話 

 ブッカー賞を受賞したカズオ・イシグロの3作品目の長編小説。 内容はイギリスの執事スティーブンスの現在とその回想から、「執事制度とは?」「品格とは?」ということを追い求めた作品。のように思われます。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  とあるイギリスの名門の旧家に長年仕えていた1人の執事と共に物語りは進んでいく。 屋敷を買ったアメリカ人を新しい主人に迎えいれた執事・スティーブンスは、主… このレビューの続きを見る

 毎度、ありがとうございます。 ハマるもんてありますよね。 ハマる。 当てはまる。 私。 ハマるというか、無意識に、随分前から、気がつけば... というのが、ございます。 … このレビューの続きを見る

カズオ・イシグロ 『日の名残り』 ほんといい小説 何度でも読み返しちゃうよ。

原作

01:29:By MneMe fragments

THE REMAINS OF THE DAY (1993) 監督: ジェームズ・アイヴォリー 出演: アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、ジェームズ・フォックス、クリストファー・リーヴ、ピーター・ヴォーン、ヒュー・グラント … このレビューの続きを見る

1956年、ダーリントン・ホールのお抱え執事のスティーブンスは1人旅を決意する。現代の雇主であるファラディの留守中、彼の車を借りて昔の仕事仲間に会いに出かける旅を始める。物語は終始スティーブンスの独白で進… このレビューの続きを見る

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の… このレビューの続きを見る

さて第2回はカズオ・イシグロです。『日の名残り』を現在進行形で読んでます(笑) ひとことで言えば味わい深い作品を書く作家と言えるのでしょう。 著者紹介は引用させていただきますね。 “1954年11月8日長… このレビューの続きを見る

 こんばんは。 昨夜は夜勤。・・・・・・・・ですが。 『メイちゃんの執事』があります!! 8時過ぎ。 一段落着いたところで「お先に!!」と ダッシュ!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノする使えない社会人と化している ワタクシ。 … このレビューの続きを見る

晩年を迎える執事の一人旅、その途中における独白です。彼は読者に話しかけます。そういう文体で描かれています。読み始めるまで、なめていました。そして分かりました。執事はカッコいいです。ハヤ●のごとく、や、… このレビューの続きを見る

3.9

後味。

09:05:By knock ; lucK

+ 『日の名残』これは、素敵。老執事の現在と過去がゆっくりほどけてゆく、あるいは積まれてゆく、その真摯さや想いや慇懃さがほんとうに素敵。訳が絶品なのかなあ。解説の最後、二行読んでまた、ああ、ってなる。+… このレビューの続きを見る

「日の名残り」

19:58:By cafe mizutama

長い間、品格ある執事として勤めてきたスティーブンスは、短い旅に出た。 昔いっしょのお屋敷で働いていた女中頭との再会が目的だ。 旅の途中、美しいイギリス田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。 長年つ… このレビューの続きを見る

すごいなぁ、カズオイシグロも、土屋政雄も。 執事スティーブンスの独白を延々と描くことで、 時代をあぶりだしていく。 彼が真面目であればあるほど、滑稽に見えてきて、切なくすらなる。 だって始めは … このレビューの続きを見る

3.9

日の名残り

15:43:By OKULO

 あれは先々週の日曜日か。20年間通っているなじみの散髪屋で「あら、こうたろうくんもすっかり大人ね」とか言う20年間ですっかり老けてしまったおばさんに髪を洗われていたときのこと。店内のラジオでは『薬… このレビューの続きを見る

3.9

日の名残り

18:25:By Eclipse-moon

一般庶民なので執事の事は映画の中や、本の中でしか知らない。 最近、耳にする『執事喫茶』に行ってみたいとは思うものの 私の住んでいる近所に『執事喫茶』が出店していないので、出店するまで待ってみようと思… このレビューの続きを見る

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。 美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。 長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品