>
[Amazon] アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)で自分のブログにレビューを書く

アクロイド殺し

おすすめ!4 [4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:3437位
  • Amazon価格:¥ 886
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4151300031(早川書房)
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 4 [4]

 犯人がフェアかどうかについて一大論争をまきおこしたもの。もちろん、わたしはフェアだと思います。クリスティのものは犯人の意外性ではどれをとっても秀作。これはとくにそうですね。

アクロイド殺し

01:26:By T_plus!

 初のアガサ・クリスティーだ!ってことで予備知識なしで読んだもので、 ポアロが出てくるまでポアロものだと気づいてませんでした(笑) アガサ・クリスティっていうのだけは念頭にあったので、 オチは想定… このレビューの続きを見る

村の名士アクロイド氏が短刀で刺殺されるという事件がもちあがった。そのまえにさる婦人が睡眠薬を飲みすぎて死んでいる。シェパード医師はこうした状況を正確な手記にまとめ、犯人は誰か、という謎を解決しようと… このレビューの続きを見る

「アクロイド殺し/アガサ・クリスティー」は以前、友人がものすごいミステリを読んだと言って、教えてくれた作品です。 森博嗣氏が「アクロイド殺しを先入観なしで読んだ人は幸福である」と書いていましたが、たぶんその通り。 でも私はトリックを友人にバラされていたけど面白く読めましたよ。 ラストの追い詰め方にゾクゾクします。 怖かったー。

 「アクロイド殺し」「アクロイド殺人事件」といえば、 ミステリーの話をするとき 密室とか、 アリバイ崩しとか そんなのと同じキーワードとして 語られることが多いと思う。 だから、この小説を始めて読む人… このレビューの続きを見る

アクロイド殺し

22:46:By ぶくわむ

往年の名作☆ミステリの女王アガサ・クリスティーの代表作をやっと読みました(やっと二冊目笑) 最近どんでん返し本を制覇していたせいで疑い深くなってしまって、犯人はだいぶ前半で怪しんだ人物がアタリだったこ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  騙されました、びっくりな結末に。  夫に毒を盛り殺した妻。その妻の犯行を知って強請っていた人間がいた。  そのことを知らずに気を寄せていたアクロイドに、強請っていた男の真相を記… このレビューの続きを見る

昨日は画像もレビューも無かった。 たーしーかーに、無かったハズなんだよぅ〜(-公-、)シクシク 検索したら、普通にあったし。  怒。 っつー事で、 レビューは昨日のを変更するのも面倒なので その… このレビューの続きを見る

4

アクロイド殺し

21:02:By IKE Blog

これは…、もう本当に傑作としか言いようがないです。 読み進めていく時には、あれやこれやと犯人を疑っていたんですが、 いやはや……。 もし少しでもこの本を読もうと言う方がいれば、 あまりこういうレビューは… このレビューの続きを見る

4

覚えていて

21:23:By Pelog ジキル篇

本棚の整理が終わったので、未読本を片付けよう。 古典ミステリを読もう其の壱。 アンフェア(*)との非難も多いらしいが、どこがアンフェアなんだろう。伏線は多数全編にちりばめられているので充分限定可能であ… このレビューの続きを見る

関連する商品