>
[Amazon] わたしを離さないで

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

わたしを離さないで
わたしを離さないでで自分のブログにレビューを書く

わたしを離さないで

おすすめ!3.7 [3.7](36件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:96986位
  • ユーズド価格:¥ 456
  • ISBN/ASIN:4152087196(早川書房)
わたしを離さないでのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(36件) 3.7 [3.7]

イギリス人作家、カズオ・イシグロさんです。 【わたしを離さないで】が映画化され それをきっかけにいくつかの作品を読みました。 【日の名残り】や【遠い山なみの光】など 最近ではどの書店に行っても必ず… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

カズオ・イシグロの作品ははじめて読んだ。 最近読んだ文学の中でベストかもしれない。 面白かった!と、一言で言えないような余韻でいっぱいです。 すごくよかった、と言えばいいのかな。 頭の中に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 この間、NHKのスペシャルで カズオ イシグロという作家の特集をしており この小説を特に掘り下げていたので もの凄い興味を持ちました・・・ 映画にもなったようです。 ストーリーは ク… このレビューの続きを見る

謎の全寮制施設に生まれ育った若者たちの、痛切なる青春の日々と数奇な運命。 海外作家はあまり読まないんだけど、ゴッチが紹介してたから読んでみた。 翻訳系の慣れない文体で、ちょっと読みにくかったけど、とても静かで、なんともいえない読後感だった。 生きることってなんだろうなー…。 (18日読了)

カズオ・イシグロ

22:22:By icono pic

『わたしを離さないで』 そして村上春樹のこと JUGEMテーマ:今日見たテレビの話 

現在全国公開中の映画『わたしを離さないで』が話題を呼んでいます。これは、日本生まれのイギリス人作家・カズオ・イシグロの原作をミュージック・ビデオ等で知られるマーク・ロマネク監督が具現化した作品です。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画  今日はじゅんこちゃんと日比谷シャンテで『わたしを離さないで』。よく行く映画館では上映予定がなかったので、じゅんこちゃんとデートがてら都内で観ることにしたのでした。TOHOシネマ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 現在31歳のキャシーは、イギリスの美しい田園地方ヘールシャムの私立学校で、子ども時代を過ごした。そこでは子どもたちは外界から保護され、自分たちは特別な子どもで、自分たちの幸せは自… このレビューの続きを見る

英国のとある施設で育ったひとりの介護人が自分の過去、そして運命について語る物語。靄がかかったようなおぼろげな追憶が淡々と綴られて行く中、時おり緻密な描写が加わる。静謐な筆致が終始変わることはないが、… このレビューの続きを見る

「提供者」という設定が衝撃的。あと何年かしたら現実に議論検討がなされていくような気がして怖い。 4度目の提供で人生を全うするなんて悲しすぎる。主人公の人生も切なすぎる。 この人の本は読んだ後にドスーンと衝撃が来るので、読後もずるずる世界観を引きずってしまう(笑)。電車の行き帰りとかに小説の内容を反芻して余韻を楽んでます。

3.7

わたしを離さないで

09:53:By memo

Book Description 『日の名残り』『私たちが孤児だったころ』で高い評価を得た作家が送る、感動的な小説。心に残る友情と愛の物語の中で、世界と時間を巧みに再創造してみせる。 現在31歳のキャシーは、イギリス… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書感想文わたしを離さないでカズオ・イシグロ図書館返却日に間に合いました!久々にこの文量!達成感!

ブッカー賞受賞者の作品は性に合わないことが多くて、それが理由で何となく避けてたんですが、一作は拝読しとくべきだろ!と手に取ってみました。一人称で語られるためか、全体に漂うのは「個」のイメージ。皆で集… このレビューの続きを見る

昨日の夜は眠れなかったよ〜。 本読んで眠れないなんて久しぶりなんだけれども。 衝撃でした。こんな面白い本があったのか。 ■ ■ ■ これは一人の女性の回想記の形をとった小説である。 優秀な介護人キャシー・… このレビューの続きを見る

 「実生活であまり感情のブレが出ないようするために、物語に入り込む時期」が、時々私にはやってきます。 物語を読んでいろんな事を疑似体験する事で、現実生活ではバランスをとっていられる。と、いうような… このレビューの続きを見る

何気ない思い出話・・・と思いながら読み進んでいくうちに浮かび上がってくる奇妙な現実。 語るうちに明らかになっていく様々な謎に、気がついたら夢中で読んでました。 介護人として提供者と呼ばれる人たち… このレビューの続きを見る

知人からすすめられて読みました。 最近、小説といえば日本人作家、 森見登見彦や伊坂幸太郎を主に読んでいたので、 こちらの作品を読んで衝撃を受けました。 はじめは普通にストーリーを追っているのです… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 まだAmazonには予約ページがないようですが、今秋文庫化が決定したそうなのでハードカバーの画像を転用して記事を書きます。 ゼミで原書も読んだんですが、ミステリーのように続きが… このレビューの続きを見る

すごいいっぱい書くことあるのにパソコンの前に向かうと全部忘れるんだよなあ 徐々に書いていきます。 1.夢 今朝目覚めるまえに夢を見た、雨ん中をチャリで走っていて、チャリを止めてサークルのBOXのようなさ… このレビューの続きを見る

3.7

わたしを離さないで

20:57:By Gallop!

うーーーーん 前評判の割にはなんだかな〜 謎も予想していたとおりだったし・・・ クライマックスまで読むのが辛かったわ

英国で評価が高いと、近頃とみに名を聞くので読んでみたかった。原文は英語で本書はその和訳。その為か、文章は判りやすく簡潔で素朴な程。それともこれは訳者の力量? 主人公"わたし"キャシーの丁寧な言葉遣いがこ… このレビューの続きを見る

story 自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミ… このレビューの続きを見る

3.7

わたしを離さないで

00:56:By Wrongway

かなり、おもしろい本です。 なのですが、何がおもしろいとは・・・言えない。 物語の要素を何一つとして読んでない人には言えないんです。 言ったら最後、ネタばらしになってしまいます。 言えるのは主人公… このレビューの続きを見る

最後まで、よくわからない部分がある話でした。 閉鎖的な空間で暮らす子供たちの未来がみえなくて、読んでいて、自分も不安になってしまう。 ん〜難しい。 ランキング参加しています。 よかったら↓ぽちっとお願いします。 JUGEMテーマ:本の紹介

私が高校生の時に薦められて初めて知った、カズオ・イシグロ。 イギリス人よりもイギリス人らしい文章を書くという。 今回初めて彼の作品を読む。 時間と気力がないので日本語訳でですが、私は大変な作品と出会… このレビューの続きを見る

去年買ったのにずっと放置していた本。翻訳は『日の名残り』と同じ土屋氏。 土屋政雄さんの訳は相変わらず素晴らしいです。 読み終わってみるとこの本の装丁も素晴らしいものだとわかる。 感想としては「もうちょっと踏み込んで欲しかった」って感じかな?でも良かったです。淡々としていて。共感できる登場人物がいなかったことがちょっと残念ですが、それは私個人の問題だしな。

介護人として提供者の世話をする日々のキャシー。ヘールシャムの私立学校出身の友人に出会い、過ぎた日々を回想する。 作者さん本人は、この小説のテーマをネタバレとか考えてないらしいので、一言。 清水玲… このレビューの続きを見る

購入してからしばらく読まないでおいたこの本。 こんなに面白いんだったら、さっさと読んでおくべきだったわ。 ただ、面白いと言ってもコメディーとか娯楽性があるのではなく、 ストーリー的に面白いと言う意味… このレビューの続きを見る

翻訳された外国人作家の本はめったに読まないけれど、 オススメされて読んでみた。 面白い! 最初は、回想記、少年少女の寄宿舎での日々を描いた、 だけの物語、かと思いきや。 設定が、近未来。 映画の世界のような、物語。 語り口が淡々としているけど、それがまたいい。 普通とは本当の意味で違う人たちの運命の悲しさ。 希望がない人たちの、物語。

カズオ・イシグロの不思議にノスタルジックな世界。 全く何も知らずに読んだので最初はよくわからなかったけど、「まさかこういうことじゃないよね」と思っていたのがその通りだった... SFなのに怖いくらい現実味があって、そしてまるで自分の記憶のように新鮮。 それは彼が得意をする独特の世界観ですが、実際はありえないことを「あって当然」かのように思わせるのなんともマジカルなストーリーです。

3.7

わたしを離さないで

03:34:By hi hy

むちゃくちゃおもしろかった。 超名作。超名作。 王太郎の作品は、どれも愛しすぎて、他と比べられんけど、 今まで読んだ本の中で一番おもしろかったかもしれん!! 回顧録のような展開がどうやら好きな気がする( ^ω^) どきどきしちゃう!!わくわくしちゃう!! 小池真理子の恋もかなり面白かったしなあ 不思議と、余韻が一切残りませんでした。 魅力的だなあ買ってもう一回読む

何だかよく分からないような不思議な世界だから、 「ん?」 と思って読んでいるうちに、 全部読み終わっちゃったよ…。 皆が言うほど、私は面白いとは思わなかった。 「面白い」ってのは適切ではないかな。 … このレビューの続きを見る

ありふれたテーマを、どう描くかが大切だ、と思う。 だってもう、ありふれていないテーマなどほとんど存在しなくて、三崎亜紀とか村上春樹のような異質な人のみが新しい世界を切り開いて見せるけど、それさえも… このレビューの続きを見る

最近読んだ本の感想を残しておこう。 まずは、「わたしを離さないで」(著:カズオ イシグロ)。 色んなBlogとかでも絶賛されてたし、この人の本を1度読んでみたいと思っていたので。 不思議な世界観。 … このレビューの続きを見る

関連する商品