DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 虐殺器官 - 伊藤 計劃 のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)で自分のブログにレビューを書く

虐殺器官

おすすめ!3.5 [3.5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:269974位
  • ユーズド価格:¥ 400
  • ISBN/ASIN:4152088311(早川書房)
虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.5 [3.5]

3.5

虐殺器官

13:36:By 崖petit倶楽部

これほどの作品を書いた作家が、 もうこの世にいないというのはとても残念だ。 戦争物の洋画を見ているような感覚。 近未来SFというジャンルなのに、まったくソレを感じなかった。内容(「BOOK」データベースよ… このレビューの続きを見る

伊藤計劃を読んだことはある?まだ無い?じゃあ読んで。すぐに読んで。今日読んで。1日でも長く実感するんだ。喪失を。その脳みそへ叩き込んで。彼の喪失を。虐殺器官。そのタイトルの意味は、読み終わったときに分… このレビューの続きを見る

 実は、初めてみた時は、ミリタリーSFっぽくて自分の趣味じゃなかったのでスルーした作品です。 だけど、この作品が『SFが読みたい!2008年版』の国内篇1位であることや、他の作品ではありますが、この本… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書   殺す、殺す、殺す。  なにしろこのタイトルだ、覚悟はしていたつもりだが、最初から最後まで徹底していた。 殺戮だ。  アメリカ情報軍・特殊検索群i分遣隊の大尉が主人公なので… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久しぶりに面白い本を読みました。何と言っても面白かったのは私がモンティパイソン好きだからですね。モンティパイソンと近未来SFの融合。小ネタや小道具から大ネタにいたるまでモンティパイ… このレビューの続きを見る

虐殺器官

13:48:By 受賞本

 虐殺器官  著者 : 伊藤計劃  受賞歴 : 第7回小松左京賞 ノミネート         第28回日本SF大賞 ノミネート

虐殺器官 / Genocidal Organ

12:23:By ADTR

『虐殺器官』読み終わりました。 世界を埋め尽くすほどの過剰な個人認証と、ある種の情報伝達によって引き起こされる紛争。争いの方法は効率化と細分化が進んでも、引き金となる根源は昔からずっと同じパターンが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  重たかった。  ちょうど、谷山浩子のライブに行って、「ゆりかごのうた」を聴いて、あ、これだ、と思った。が、こっちのが、更にハードだった。強いて言うなら、Stingの "King of pain"の世… このレビューの続きを見る

虐殺器官)

22:35:By 溺書録

 大分どぎつい話だった。『虐殺』だし表紙も死屍累々だしね。洗練された文体が麻酔になっているようで、痛くないけど切れているのが分かるみたいな怖さがあった。  mixi日記にも読書記録をつけているのだけど、これを読んだ記録をつけたら伊藤計劃本人が見に来ていた。自分や自著の名前で検索している姿を想像するといじましくておかしい。

グロテスクなのになぜかやさしく語りかけてくるような オープニングのシーン。 近い将来行われるであろう特殊工作の姿なのでしょうか。 緻密なビジュアルをありありと想像できる 表現力はすごいですよ。 し… このレビューの続きを見る

円城塔『Self-Reference ENGINE』と比較されることも多い、昨年話題になった早川SF。情報認証システムが行き届いた近未来の世界では、先進国からテロが一掃されたのに対し、第三世界ではすさまじい内戦が起こってお… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベスト、リベさんからのエントリです。 読まれた方はトラックバックとかコメントいただけると嬉しいです。

3.5

『虐殺器官』伊藤計劃

18:57:By

「きみはこう思うことはないか、言葉になんて意味はない、とね」(本文より)  タイトルにちょっとグロテスクな印象を受け、手を出すのに躊躇った本。でも読んだらそうでもなかった。軍事SFだと思って読み始めた… このレビューの続きを見る

3.5

虐殺器官

00:32:By Eriko Blog

「虐殺器官」読み終えました。 豊かな技術で支えられた今からそう遠くない未来のお話。 様々なテクノロジーで鮮やかに彩られた未来はとても魅力的なんですが、暴力の危機に怯えるあまり、家畜のように管理統制さ… このレビューの続きを見る

3.5

虐殺器官

22:03:By ぼちぼち

ハヤカワSFシリーズ Jコレクション〉後進国で頻発する民族虐殺の背後には謎の米国人ジョン・ポールの存在があった。米情報軍のクラヴィス大尉はインド、アフリカの殺戮の地にその影を追うが……小松左京賞最終候補の… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品