DB Error: connect failedDB Error: connect failed ザ・ロード - コーマック・マッカーシー のレビュー全23件 JUGEMブログ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ザ・ロード
ザ・ロードで自分のブログにレビューを書く

ザ・ロード

おすすめ!3.6 [3.6](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:358453位
  • Amazon価格:¥ 1,944
  • ユーズド価格:¥ 254
  • ISBN/ASIN:4152089261(早川書房)
ザ・ロードのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.6 [3.6]

舞台は核戦争により崩壊したと思しきアメリカ。 父子はわずかな食料と物資で命をつなぎながら、ひたすら南へと向かう。 そこに希望があると信じて。 とある父子が終末的世界を旅する文字通りのロードノベルで… このレビューの続きを見る

 何かによって社会が滅亡し荒廃したアメリカ大陸を、南に向かって歩き続ける父と幼い息子の物語。

 コーマック・マッカーシーの小説『ザ・ロード』を読みました。 死に絶えた自然。崩壊した文明。多くの人々が死に、わずかに残った者たちがかろうじて生きようとする世界。 この物語の語り手となるのは… このレビューの続きを見る

ザ・ロード

15:11:By

日本語で。 なんだか読みにくい。 句読点がない。 おそらく原作がそういう書き方なんだろうな。 うーん、なんかほんっとに暗いし、 気が滅入ってきます。 なんで地球が破滅したのかもよくわからないまま … このレビューの続きを見る

3.6

THE ROAD

22:55:By AM I STILL ILL??

   THE ROADめっちゃおもしろそう。日本公開は一応予定あるみたいやけど、年内公開されるかどうか、、原作もかなり面白い、てか重い。まだ、途中だけど、これは間違いなく傑作の感触。あまり急いで読み進めるのももったいないけど、一気に読んでしまいたい気もする。。

これまたおもいっきり重たいテーマの映画を観てきました。コーマック・マッカーシーが書いた小説が原作でピューリッツァー賞も受賞しました。どうしてそうなったか、これからどうなるのかといったことは、一切語ら… このレビューの続きを見る

The Road

00:32:By 掌にダイヤモンド

荒れ果て、死に絶えた大地を旅する父子の物語。   難解でした。 希望がない世界の、自問自答の旅。 あまりにも静か。 こんなすさまじい作品を読んでしまった!という衝撃も、凄惨さも、孤独さも、 とにかくすべて… このレビューの続きを見る

3.6

☆BOOK

00:07:By Fearless

東野さん 美冬やばい まどわしすぎ 途中かわいそうになったくらい 強すぎるよ… ロードは まったくといっていいほど つまんなかった;; 父と息子のはなし… 陰日向! 前から読んでみたかっ… このレビューの続きを見る

これまたすごい本を読んでしまったなぁ・・・ここ最近ずしんと重たい本が続いています。もっと翻訳物を読んでいきたいなぁとは常々思っていて、それで見つけたのがこの本。えらく評判がいいので手に取ってみました。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般2008年おすすめ小説ベスト3を大募集! みなさんこんにちは!徐々に徐々に気温が下がってますね寒い日が続いてるから外には出ずに家で本ばっかり読んでますさてさて前回の「2008年おすすめ漫… このレビューの続きを見る

仕事のピンチは何とかくぐり抜けられそうな・・・予感。 悪寒にならない事を祈ろう。ナムナム。 何やかんや心配し過ぎたのか、頭痛が痛いのです。いててて。 あとコーヒー飲み過ぎかも。 昨晩はカミナ… このレビューの続きを見る

ザ・ロード

21:38:By Bokunanote

 舞台は、おそらく、(具体的に明記されているわけではないが)核戦争後のアメリカ父と子の、未来の見えない旅の物語...内容がヘビーで胸が苦しくなる常に頭の中には灰色のイメージが広がる飢えと寒さの描写を… このレビューの続きを見る

 パパを信じてないんだな。  信じてるよ。  そうか。  いつだって信じてるよ。  そんなことはないだろう。  ほんとだよ。信じるしかないもの。(本文より)  世界は廃墟と化し、鳥も飛ばない。灰色の… このレビューの続きを見る

ザ・ロード

08:40:By THE RED NOTEBOOK

読了

ザ・ロード

10:21:By Book & Movie memo

☆☆☆☆ 楽しみにしている映画の原作です。 具体的な言及は無いのですが、背景は多分、核戦争後のアメリカだろうと推測されます。 核で荒廃し、急速に冷え行く世界を、父子は僅かな可能性を信じて、ボロボロの地… このレビューの続きを見る

ザ・ロード

00:01:By THE RED NOTEBOOK

読み始める

ザ・ロード

23:58:By THE RED NOTEBOOK

Amazonから ¥1,890

2007年度ピュリッツァー賞受賞作世界は本当に終わってしまったのか? 一面が灰に覆われ荒廃した終末世界で、ただひたすら南へ向かう父と子。 食料も尽きて常に死と隣り合わせだからこそ、普通ならなかなか言えな… このレビューの続きを見る

翻訳者の解説によると、ヴィゴ・モーテンセン主役で映画を撮っているらしい。見たいなぁ、それすっごく見たい。でも映画館でこの話を見ることを思うとそれだけでふさぎ込んだような気分になる。読みながらずっと頭… このレビューの続きを見る

ピュリッツァー賞受賞作なので読もうと思ったのだが、手元に届いた時、あまりに装丁地味なので一瞬迷った。 知らない著者、新聞の批評欄でもほとんどお目にかからない書名(受賞を知った記事1回きり)、けれど読み終… このレビューの続きを見る

ジリジリ照りつける太陽を避けたパラソルの下、冷えたミネラルウォーターを片手に日焼け止めを塗り、サングラス姿でiPhoneから流れる音楽を聴きつつページをめくる内容は、現実の世界とはギャップのありすぎる陰惨… このレビューの続きを見る

読了いたしました。 父と子の会話部分が,さながら散文詩のように美しく印象的なので、特にその部分は意識してゆっくりと読みました。 背景は多分核戦争後のアメリカだろうと思われます。 荒廃し、急速に冷え… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になる書籍 コーマック・マッカーシーの「The Road」を読了。 誰か、ひ、ひ、、、光を、、光をくれー!ってな物語でした。 途中、とにかく物語がツライので「マッカーシーってドSかもしんない… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品