好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版]で自分のブログにレビューを書く

夏への扉[新訳版]

3.1 [3.1](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:34780位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 200
  • ISBN/ASIN:4152090596(早川書房)
夏への扉[新訳版]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.1 [3.1]

  《ぼくが飼っている猫のピートは、冬になると”夏への扉”を探しはじめる。    家にたくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じているからだ。    そしてぼくもまた、ピートと同じよ… このレビューの続きを見る

を、読みました。SFの古典と言われながら、読んでみれば非常に若々しい印象でした。それはこの作品がタイムマシンを扱っているのとは関係なく未来指向であるからなのだろうと。過去をごちゃごちゃいじくるレトリ… このレビューの続きを見る

3.1

お疲れ様でした

22:15:By Wallflower

 3/20日の僕ヒ一般参加の方もサークル参加の方もお疲れ様でした! ヒロショが終わって次のイベントは4月の予定だったのですが、4月のゴネクがおじ受けに変わってしまったため急遽二ヶ月連続イベントに参… このレビューの続きを見る

夏への扉

21:34:By ぶくわむ

配達赤ずきんで本書のタイトルを見て以来、いつか読んでみたいと思っていた。帯の「猫好き必見」な文句に惹かれたのと表紙が好みすぎたのとで購入。この爽やかなスカイブルーとねこ! 翻訳ものに苦手意識がある… このレビューの続きを見る

【今日の流行語】アトム財とビット財女性器から生まれた女性器太郎貴乃花親方当選

 1970年・・・  共同経営者であった親友と婚約者に手ひどく裏切られ、自分の発明品まで奪われてしまったダン。今の彼に残されているのは、夏への扉があると信じている飼い猫のピートだけ。失意の彼は親愛… このレビューの続きを見る

ロバート・A・ハインラインさんの『夏への扉(新訳版)』を読み終えました。 いやー、やっと読破できた。 ちまちま読んでたから、結構時間かかっちゃったなぁ。 でも、内容は面白かったです。 新訳版の翻訳家は、… このレビューの続きを見る

SF古典だそうだが実は未読。 今回初めて読んだのだけれど、新訳だからかも知れないけど古典だなんて到底思えない。作品内の年号こそすでに過ぎ去っているものの、今月の新作って云われても全然違和感ないくらい面白… このレビューの続きを見る

夏への扉

21:58:By HOME SWEET HOME

ずっと読みたいなーと思ってたのだけど、ちょうど新訳が出てたので買ってみた。猫好きだし、夏だし丁度良いかと思い(でも「夏への扉」というのは比喩のようなもので、別に夏の話というわけではなかった)。私はSF… このレビューの続きを見る

夏への扉

16:42:By 黒色彗星倶楽部

なんなんだ!?この表紙は!ガキを相手に売るつもりか?名作が台無しじゃ!私は30年以上前に読んだ。その表紙はこれ↓今は字が小さくて読み辛い。今回は新訳なので買うつもりで手には取って見たが,表紙を見て買う気にはなれなかった次第であります。

関連する商品