DB Error: connect failedDB Error: connect failed デッドエンドの思い出 - よしもと ばなな のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] デッドエンドの思い出

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

デッドエンドの思い出
デッドエンドの思い出で自分のブログにレビューを書く

デッドエンドの思い出

おすすめ!3.3 [3.3](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:238059位
  • Amazon価格:¥ 1,234
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163220100(文藝春秋)
デッドエンドの思い出のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.3 [3.3]

 読んだ。

人の心の中にはどれだけの宝が眠っているのだろうか――。時が流れても忘れ得ぬ、かけがえのない一瞬を鮮やかに描いた傑作短篇集。「幽霊の家」「「おかあさーん!」」「あったかくなんかない」「ともちゃんの幸せ」… このレビューの続きを見る

短編が5作収録された作品。よしもとばなな氏ブームは高校生の時で、初期の作品をたくさん読んでましたが、今回は久しぶり。ばなな氏の作品は、文章とその作品の空気感が好きで、いつも「こんな文章がかけたらいいなぁ」って思うのですが、今回も同じように感じました。

いい本でした。でもあまり感想書く気にならないので書かない。 JUGEMテーマ:日本文学

デッドエンドの思い出

17:14:By

ラブストーリーを描いた短編集です。私は得に、「おかあさーん!」が好きです。

一つの時代が終わるときの小説ってこういうのなのかもしれない。大きなera、ではなく、一つのperiod.

デッドエンドの思い出、読みました。 一冊に五つのラブストーリーが描かれているのですが どれも本当にいいお話で、ぐっと引き込まれました。 よしもとばななさん本人が、これが書けたので 小説家になって良かった… このレビューの続きを見る

彼氏に買ってもらった。中古で105円だった。一度読んだ作品なのだけどもう1回読んでもいいかなと思っていたので。ちまちま読んで行こうと思います。 13〜15日の間、名古屋に行っていました。ごはん食べに行ったり、本買ってもらったり、出かけたり、いろんなことがありましたがまた後日。

本を無性に読みたくなるときっていうのは、自分のなかに何か不安とか、いがいがとかがある時で、満たされているときって、そんなに本読みたいって思わないと思う、って感じのことが松浦弥太郎の何かの本に書いてあ… このレビューの続きを見る

 あらすじ『デッドエンドの思い出』は、出会いのタイミングや状況の流れが人間の関係を規定していくさまを、5つの短編によってリアルに描いた短編集である。大 学の同級生である男女の出会いと別れ、そして再… このレビューの続きを見る

それにしても、よしもとばななは、なんて綺麗な言葉を使うのだろう。彼女の言葉は一つ一つがとても美しい。優しさが溢れている。 本作は5つの作品が収められていて、その中で『幽霊の家』が1番好きだ。ごく普通… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 何気ない日常を描いた5編の短編集。 一番初めの、「幽霊の家」を読んで、 こういう生活がおくれたらなぁ、 などとぼんやりじんわりあたたかな感動を噛みしめ、 その後なんとなくぼんや… このレビューの続きを見る

 よしもと先生はやっぱりうまいな。何がうまいって、具体的には言えないんだけどうまい。私はさよならする話が好きなんですけど、この作品の中のさよならは、うまいさよならだと思います。

読み終わった。 久々にいいばなな作品に出会えた気がする。 作者も言ってたけど、最後のデッドエンドの思い出が一番良かったな* いちょうの、一面黄色のところが素敵すぎてなんとも言えない。 それに西山君のような人いい。好みだ。 ほんと、なんかよかった。失恋の話なのにね切なくてよかった!

人生は、ときに漆黒の闇をつれてくる。 まるで落とし穴にでも落ちるかのように。突然。 そのなかに差しのべられた、あたたかな手。それはそれは貴く、涙が出るほどいとおしい、誰かの救いの手。 ばななさんみずから… このレビューの続きを見る

関連する商品