DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 死神の精度 - 伊坂 幸太郎 のレビュー全69件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 死神の精度

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

死神の精度
死神の精度で自分のブログにレビューを書く

死神の精度

おすすめ!3.6 [3.6](69件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:148475位
  • Amazon価格:¥ 1,543
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163239804(文藝春秋)
死神の精度のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(69件) 3.6 [3.6]

●本日の読書 ・「死神の精度 ACCURACY OF DEATH」伊坂幸太郎/文藝春秋 ISBN : 4-16-323980-4  図書館マンセー。いいっすね新刊が直ぐに借りられるのは! と云う事で伊坂君です(おいおい君付けかよ親しげ… このレビューの続きを見る

「死神の精度」 作・伊坂幸太郎   ■あらすじ 千葉と名乗る死神が人間界で行う6つの仕事の話。■感想 この物語に出てくる主人公(死神)はまるでロボットのようだと思うた(○´д`A 何事にも… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

22:27:By EZO BROWN BEAR

最近読んだ本。『死神の精度』死神のお話です。簡単に説明すると、死神が人間界に訪れて、死ぬ間際の人間に「死」か「生」を7日以内に判定するっていうお話。伊坂幸太郎さんの本を読んだことがなかったので、雰囲… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:伊坂幸太郎 人が生きているうちの大半は、 人生じゃなくて、 ただの時間、だ 。 この本は死神が主人公なのですが 死神が言うとなんか説得力ありますね(笑) 伊坂さんの『重力ピエロ』で "… このレビューの続きを見る

 御座候が10/1〜5限定で1個60円で販売されますいやっふーーーー!!!普段の80円でも結構お買い得やのに!あ、私別に御座候の回し者とかじゃないですよ(笑)なんでも、60周年記念だそうであんこ… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

23:59:By sablog8

おもしろかった〜。 短編集ですが、主人公が共通なので長編感覚で読めました。 真面目にふざけてる感じがかなりツボです。 相当ツボです。

死神の精度

22:16:By

  「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。 内容(「MARC」データベースより) なんかもうだいぶ前に読み終わってたのに、なかなか書ききれずに埋まってた。。。

3冊目の伊坂さんの本。 映画は見ていないのですが、 死神が主役ってどうなんだろう? と思い読んだんだけどなかなか 不思議におもしろかった♪ 図書館から連絡があり、 とうとう『1Q84』BOOK2が まわってきました♪ ただBOOK1がすでに記憶の彼方に 消えつつある…。

小川洋子は村上春樹に影響を受けていることを公言しているんだよね。 これは彼の小説を読まずにいられないなと思うのだけど、 いまだに手が出せないでいる。 長い間考えてる。なにから読み始めようかな、って… このレビューの続きを見る

3.6

☆BOOK

21:56:By Fearless

  死神の精度 伊坂さんだから 安心して読める^^ そして途中に出てくるのって GODってハルだよね!!! どうしても映画で主演だった 金城武の顔ばっかりでてきちゃって なんだか…笑 んー やっぱり死については 淡々と考えることはできないな ラスト・イニング また野球ですかってかんじ…

内容(「MARC」データベースより) 「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。  ≪もくじ≫ 死神の精度/死神と藤田/吹雪に死神/恋愛で死神/旅路を死神/死神対老女

伊坂幸太郎なんて、この本読むまで知らなかった。近頃人気のある作者らしい。新聞で「死神作品が近頃多い、例えば…」と紹介されているのを見て読んでみたのだが、音楽をこよなく愛する死神が、死を予定される人間の… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

23:19:By シコウヒン。

これまでに読んだ伊坂さんの作品の中で一番すきです。 「死神 = 恐怖、 悪」 というイメージでしたが・・・(デスノートのデュークの印象が強すぎて) こんなにも温かい物語だとは。

「死神の精度」

15:46:By cafe mizutama

千葉と名乗る、死神が語り手の連作短編です。 クールな死神、と自分では思っているようですが、 じつはかなり天然のところもあり、他の死神と同様 ミュージックをこよなく愛しています。千葉はどうやら ロックぽい… このレビューの続きを見る

何を書けばいいか分からないので、最近読んだ本など書いていきますw 死神の精度 伊坂 幸太郎 とても読みやすかったです。 前に映画の宣伝で知ってから読みたいと思っていて。 また映画の方も見たいですね。 … このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

21:51:By 読書LOG

 

伊坂幸太郎の『死神の精度』という本を読みました 1日で読んでしまいました 久しぶりだなぁ一気に読んだのは 伊坂幸太郎は2冊目だったんですが、前に読んだヤツ(タイトルはあえて書きません)はそ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない?そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 死神の千葉の仕事は、不慮の死を迎える対象=人間を事前に調査し、「可」、「見送り」 のどちらにするかを判定すること。7日間の調査の後に下す判定だっ… このレビューの続きを見る

見に行きたいと思って結局行かなかった「死神の精度」を原作で読んでみた。 伊坂 幸太郎という作家については、事前リサーチによって 直木賞候補になったり、本屋大賞でも選ばれたりと、最近キテルらしい という… このレビューの続きを見る

久々の伊坂さん。 これはいいわー! 面白かった!! 宅配ピザ頼むの、怖くなっちゃったけど……。(5年に1度くらいしか頼まないけど。) わたしの伊坂拒否症が発症する要素がほとんど入ってなくて、久々に… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

22:57:By

JUGEMテーマ:読書 あなたの近くに、名字が地名で、やたら音楽好きの人はいませんか? はたまた、天然キャラの、ものすごい雨男はいませんか? そんな人がいたら、その人は死神かもしれません・・・ 本… このレビューの続きを見る

死神の精度

16:51:By raibowrain's diary*

死神がもし本当にこんな感じなら 何だか救われたような気持ちになるかもしれない。 人間じゃないくせに人間っぽくてやっぱり人間じゃない。 死ななくて音以外にあんまり感覚を持たない人間という感じ。 読みやすいしやっぱり後読感もいいし、 鬱になりそうな時に読むといいかなって思う。 千葉さん好き。 荻原カッコいい。 JUGEMテーマ:読書

死神の精度

16:31:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  知人の、映画マニア?かな?が、推奨してくれた。原作らしい。あっさり読了。  まあ、何となく、「あぶな坂ホテル」的な世界かもしれないし、「天国の本屋」的かもしれない。  死神は、ミュージックが好きで、天使は映画が好き、という設定に笑えた。自分は死神系であるらしい。

うん。おもしろかった! 伊坂さんのファンになりそうだ。

本で読んでたら感動したかも。 金城武はかわいかった。

「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。 本書は死神と人間の関わりを描いた連… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 死神の名前は千葉。彼が働くときはいつも空には雨が降っている。彼の仕事は、8日後に死ぬ人を「可」とみなすか「見送り」にするか。同僚の死神達もたいてい「可」とみなす。そして8日後に死ぬのを見届ける。人間に対して興味はないがミュージックに対しては貪欲な死神達。その千葉が見守る人間模様集。 ←他にも本の感想がのってます。 JUGEMテーマ:注目★BOOK

対象を人間を七日間監視し、八日目に対象が死ぬのを見届ける。それが死神・千葉の仕事。 彼は死に直面していることに気付かない対象にいつも問う。「死ぬのは怖いか?」と。 「死神」というのが、見慣れてき… このレビューの続きを見る

死神の精度

18:36:By ぶくわむ

映画化で話題の作品ですね。 アヒルと鴨〜と合わせて文庫で買おうか迷っていたのですが、図書館にあったので借りてきました。 …でも、伊坂作品って、すぐ手に取れる場所に既刊置いてたほうがいいのかもしれないな… このレビューの続きを見る

死神の精度

01:47:By telescope

終末のフールと一緒で設定同じで短編集。 今映画が話題のやつです。 てっきり長編だと思ったのに… でもひとつひとつの話がおもしろかったので良かった。 映画は見てないのですが予告を見た限りだと 一つ目の話… このレビューの続きを見る

評価:☆☆ 原題:Sweet Rain 死神の精度(日) 公式サイト <原作> 伊坂幸太郎 「死神の精度」 <監督> 筧昌也 (本作品で長編デビュー) <出演> 金城武 (「不夜城」「傷だらけの男たち… このレビューの続きを見る

これも本年読んだ本ではありませんが、、 今日映画公開ですね。 伊坂幸太郎さんは「終末のフール」で「お。」と思い、 二冊目によんだこの本でファンになりました。 読んでない人はぜひ、映像化もたのしみですね。

映画「Sweet Rain 死神の精度」の試写会に行ってまいりました。 この作品、原作を読んでから映画を拝見したのですが 映画を観る方は、映画 → 原作 という順番で 見た方が良いかと思います。 映画自体は… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

00:15:By At the moment

ともだちが勧めていたので読んでみた。 さわやかに面白かったです。あっさりしてて軽い、その軽さが良いんだろうなあ。これはもう「死神」の設定勝ちですね。ミュージック! 短編同士の微妙なリンクの仕方もそうだけれど、とりわけラストシーン、雨から青空への切り替えが見事でした。そんな見え透いた手に…!と思いつつぐっとくる。

死神の精度

23:22:By ゆるゆる

映画化されるとのことで読んでみました。 映画より先に原作を読んでみる派なのです。 主人公は死神、与えられた名前は千葉。 人間に接触して調査を行い、死に適してると思えば「可」適さなければ「見送り」の… このレビューの続きを見る

だいぶ前の伊坂幸太郎。 これも映画化らしいですね。 終りはすがすがしいところもあるけど、どちらかというと不満・・・。 ていうか、いい作品がよすぎるんだと思います。 「チルドレン」「砂漠」並のレベルを… このレビューの続きを見る

「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。 再読。 とぼけた死神の、人間との… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ 昨夜一晩で一気に読んだ。 ミュージックを好む死神。 人間のように食事をとるけど味覚がない死神。 人の死を見定めるのが仕事の死神。 太陽を見たことがない死神。 死神と言う名の… このレビューの続きを見る

死神の精度

18:06:By vanille plus*

読みました。もー期待通り!! さすが伊坂先生。 最初はね、雰囲気重視の淡々としたオムニバス、かなーって思ってたんですが いや、まあそうには違いないんだけど… 最後にまたやられたって思った。 すんご… このレビューの続きを見る

死神の精度。 聞きなれない、でも聞きなれてる気もする。 味気ない、でも洗練された感じ。 良いタイトルだ。ぐっときたぜよ。 「俺が仕事をする時はいつも雨なんだ――」 彼は雨の日に現れる。人の死を見定め… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 主人公は人生経験(死神経験?)豊富な死神・千葉。 死神が主人公・・・ひとがばったばたと死んでいっちゃう話かな〜? ちょっとそういうのは苦手だけどどうかな〜?とぅるん、基本的にはフ… このレビューの続きを見る

死神の精度

21:19:By Bokunanote

JUGEMテーマ:読書 面白かった...coolでとぼけた「死神」が見届ける人間模様 時に密室殺人ミステリー、時に恋愛模様、時にヤクザ.... 短編集なので、一見関係のない6つの人間模様 だけど、死神さんはそれ… このレビューの続きを見る

『死神の精度』 伊坂幸太郎

今回読んだ本;死神の精度 伊坂 幸太郎 俺が仕事をする時は必ず雨が降るー 音楽好きの死神・千葉が見届けた6つの人間模様とその先の死。 様々なものが絡み合った先に訪れた死は幸か不幸か。 様々な形で綴られる、死神の目の前であった人間模様。

----- 「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。 ----- 死神と聞くと「デスノート」を思い出すかもしれません… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

00:51:By 極楽鳥花

「可」か「見送り」か、人間の死の決定のために8日間、ターゲットに付いて調査をする。死を扱う仕事、それが死神。 ほぼすべての案件に対して「可」とすることが、当たり前。ターゲットに関して渡される情報は、… このレビューの続きを見る

前から読みたくて図書室に入れてもらった1冊。 別の時間の6つの話が収録されています。 この本における死神とは、対象の人間を観察した上で、「可(=その人間は死ぬ)」「見送り(=その時には死なない)」の判… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

23:52:By 水辺の歌人

前に読んだ本なんですが、かなり面白いです!! 今までもいろいろな本読んできましたけどこの本がいちばん楽しかったですw ちょっと抜けてる感じの死神が主人公のお話 うん・・・主人公可愛いですv そしてなんとこの本が来年映画になるのです!! まだまだ遠い話ですが今から楽しみですw かなりオススメ♪

「魔王」のあとに読んだので多少印象が薄いのですが、今度映画になるということで…。 映画には確かにしやすそうな、伊坂さんお得意の最後につながるパターンですね。 ありがちな漫画みたいに、毎回何故か主人公が… このレビューの続きを見る

今、自分的にイチオシの作家、伊坂幸太郎氏が書かれた『死神の精度』 来年の3月に映画公開。公式サイトはこちらからどうぞ。 金城武が主演だそうで楽しみです^^ この話は、心の中にすっと入ってくるよ… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

22:31:By LILYROSE Cafe

死期が1週間後に迫った人間のもとに派遣され、 その死が妥当か判断をくだす死神たち。 語り手である死神が、 淡々と「可」の判決を下す氷のようにクールな半面、 ちょっとズレてる天然キャラっていうギャッ… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の「死神の精度」を読んだ。 伊坂さんの作品はこれまで3作 「グラスホッパー」 「アヒルと鴨のコインロッカー」 「重力ピエロ」 を読んだけど、この「死神の精度」がはじめての連続短編集。 こ… このレビューの続きを見る

スタイルとしてはオムニバス形式。 まず主人公のキャラクターですが、 きちんと考えられていましたねー。 ネタバレ含むので続きリンクでッ!

大好きな作家、伊坂さんの作品の中でも 何度も読み返してしまうほど好きな本。 伊坂さん独特の 「現実からちょっとずれた ありそうでない話」だなと思う この本ではいろんな人が死んでいく のだが不思議と気持ち悪さはなく 読み終わった後 ふっと力が抜けるような作品

3.6

死神の精度

19:06:By よみものきろく

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。 これは面白かった…!伊坂さんのは初でこのお話が映画化するので読んでみようと思って読んでみたら見事… このレビューの続きを見る

この本は 仕事をすると必ず雨が降ってしまう死神の千葉と千葉が仕事で出会う人々との物語です。 1つ1つが短編みたいな感じになっているので、とても読みやすいです。 この本は私が伊坂さんの作品で一番最初… このレビューの続きを見る

「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。 音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。 (出版社紹介より) 伊坂幸太郎… このレビューの続きを見る

内容(「MARC」データベースより) 「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。 … このレビューの続きを見る

 死期の近い人間の調査を行うために、人間界にやってきた死神と人間達との物語。  連作六編、ミステリー風なのは『チルドレン』と似た感じの作り。読みやすさと魅力的な設定は、人気あるのも分かる。でも、正直… このレビューの続きを見る

[目次](「BOOK」データベースより ) 死神の精度/死神と藤田/吹雪に死神/恋愛で死神/旅路を死神/死神対老女

一週間後に死を予定された人間を判定するために派遣された死神「千葉」の目線で 語られる連作短編集です。 死神が「可」と報告すればその人間は死に、「見送り」と報告すれば寿命まで生きる。 しかし、それを決… このレビューの続きを見る

3.6

読了本

09:42:By Take Chances

こういう話好きです。 死神が主人公という変わったお話。短編集。 ほかの話ともリンクされていて、読み終わったあと思わず「おー」と言ってしまったり。 重力ピエロのあの人もでてきてニヤリ。 伊坂作品… このレビューの続きを見る

『死神』を“職業”とする男の話・・・・・ 上役より死ぬべき人間を指定され、その時々(その人)に応じた年齢や風体になり、一週間査定する。 査定結果を『可』と下せば 8日目に死がおとずれ、『見送り』と下せば… このレビューの続きを見る

上手いなぁ〜伊坂さんは。 と相も変わらず感嘆の声ををあげてしまう。 人間を客観的に見るって今まであったようでなかったような。 そんな絶妙なポイントをいとも簡単に突いてくれちゃって!みたいな。笑 パタ… このレビューの続きを見る

このお話、なんとクールな死神(!)が主人公。受けこたえが微妙にズレていて、不死身のからだをもち、雨に祟られ、ミュージックをこよなく愛す。 淡々と人の死を決める仕事――といっても彼は調査部の死神なので、調… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

12:33:By

それぞれ読みきりとみせかけ微妙にリンクしてるところが好きです。

死神の精度

22:47:By .

これ読んでます。 伊坂幸太郎、家の本棚にはもう1冊、重力ピエロがあったような。 なかなか面白い。

オール読物などの雑誌に掲載されていた短編をまとめたものです。 私はリアルタイムで雑誌で読んでいたので知っているお話がいくつか ありました。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品