DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed インシテミル - 米澤 穂信 のレビュー全47件 JUGEMブログ

>
[Amazon] インシテミル

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

インシテミル
インシテミルで自分のブログにレビューを書く

インシテミル

おすすめ!3.7 [3.7](47件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:403832位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163246908(文藝春秋)
インシテミルのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(47件) 3.7 [3.7]

あらすじを読んで、読みたくなった本。 何もかもがネタばれになってしまいそうで あまり書けないのですが、 おもしろかったなぁ。 好みは分かれると思います。 たくさんの人が死んでしまうし、 誰が誰というのが途中まで混乱したりして、 登場人物の多いおはなしはそんなものかもしれないけれど。

JUGEMテーマ:読書 時給11万2000円の実験モニターバイトに応募した12人の男女。ある者は誤植を笑うために、ある者は警告を無視して、ある者は実力を見せるため、ある者は小遣い欲しさに。結城理久彦は、… このレビューの続きを見る

先に映画観ちゃったのが、良かったのか悪かったのかわからんっ。 登場人物が多くて、ちょっとわかりにくかった。 妙な緊張感はあるんだけど、謎が多すぎて飲み込みにくかったー。 オチは想像ついちゃったのが残念っ。 なんかもやっとスッキリしないっ。 (24日読了)

夜は怖い

20:23:By **lanlanlan!**

時給1120百円 このバイトに応募する動機が現実感があった(時給11万円もする理由を知りたいとか) 鍵のかからない部屋で夜を過ごすのは怖い 実在するミステリー小説を使ってるのも興味深い いわゆる犯人は意外だっ… このレビューの続きを見る

おもしろかった。久しぶりかも、寝不足になっても続きが読みたいと思うのは。読み応えたっぷり。

  原作ありき映画は、だいたい原作の方が優れていることが多い! これが持論なモノで 映画を観る前に!と読んでみました。 「俳優陣が豪華だから」と誘われた映画鑑賞ですが、読後の今は 「キャストが不満」という、いつもの思いが巡っています。 映画を楽しむなら、やはりネタバレをしないほうが懸命ですね。 本の感想はまた後日! JUGEMテーマ:読書 JUGEMテーマ:映画

*あらすじ* 「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給11万2千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬… このレビューの続きを見る

 冗談かと思うような高額の時給が提示された、ある実験のモニターというアルバイト。集められた12人の男女は<暗鬼館>という奇妙な施設に連れてこられた。そこで明かされた実験の内容は、驚くべきもので……。 … このレビューの続きを見る

時給1120百円 という誤植のような求人に集まった12人。 仕事は、24時間の観察対象になること。 地下にある「暗鬼館」という館に閉じ込められ、7日間を過ごさねばならない。 寝食をしていれば、あっさり大… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 1120百円という誤植ではないかと思われるアルバイトを見つけてしまった結城理久彦は、美人で何かわけありだと思われる須和名祥子が、そのアルバイトに応募すると早々と決意を固めてしまっ… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 期待の新鋭が描く究極の殺人ゲーム。

 読後直後の感動を記しておこうと思って書き始めたレビューが消えました。 もはや何書いたか覚えてなくて書く気が起きません。 でも悔しいから再び書いてきます。 いい加減このブログも更新したかったので。… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

14:38:By *R

米澤さんの本といえば、殺人事件のないミステリーという勝手なイメージだったんだけど、これはしっかりミステリーで、ちゃんと頭使わないと読めないという点で実に米澤さんらしくない本だったけど、面白かったです… このレビューの続きを見る

インシテミル

11:58:By 受賞本

 インシテミル  著者 : 米澤穂信  受賞歴 : 2008年このミステリーがすごい! 10位タイ         2008年本格ミステリ・ベスト10 4位         2007年傑作ミステリーベスト10 7位         2008年黄金の本格 選出         2007年キノベス 17位

まず本をめくると〔暗鬼館〕見取り図ということで舞台となる間取りの図書かれています。 本の内容を知らずに手にしたのですが、その見取り図の中に“Mortuary”“Prison”という文字があり、そして<警告>、さらに事の… このレビューの続きを見る

アガサ・クリスティは昔、 ABC殺人事件を読んだ。 実家の本棚に20冊くらい入っていた中から 選んだのだけれど、 文字の小ささが敷居を高くしていて 翻訳も読みづらくて 母の言うような すごい謎解きも感じら… このレビューの続きを見る

久々に骨太のミステリを読んだ〜という感じがしました。米澤さんってきっとかなりミステリがお好きなんでしょうね〜私は最初の暗鬼館の見取り図を見て十角館みたいだ〜とわくわくしてしまいました。私はあまり詳し… このレビューの続きを見る

時給1120百円の一週間モニターアルバイト。 半信半疑で参加した結城をはじめとする12人の被験者は 地下の「暗鬼館」で監視生活を始める。 彼らに求められているのは殺人と推理だった。 全員に武器が支給され個… このレビューの続きを見る

 ≪内容≫ 気軽な気持ちで参加したバイトのはずなのに・・・そんな参加者が12人集まった【暗鬼館】で行われる殺し合いという実験。7日間この館で普通に過ごせばありえない額をもらえる。それならば普通に過ご… このレビューの続きを見る

「夏期限定トロピカルパフェ事件」 と 「春期限定いちごタルト事件」 が あんなに面白かったのに、今まで他の本を読んだことがなかったということに気が付き(今更!?)、読んでみた本です。 なんかすごい話… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

21:36:By 今日の一冊

ある人文科学実験の被験者。年齢性別不問。一日あたりの拘束時間は24時間。 期間7日間。時給、11万2千円。 そんなあやしげな条件のバイトのために「暗鬼館」に集まった12人。 外部から隔絶された館、数歩先が… このレビューの続きを見る

自給11万2000円のバイトは、地下に設置された〈暗鬼館〉に閉じ込められて、一週間ずっとカメラでモニターされるという仕事。そして、周りの人間を殺したり、殺した犯人を指摘したりするとボーナスがもらえるという… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

08:27:By Rapunzel*

私を再び、ミステリーへと誘ってくれた作品と言いましょうか・・・ ここ何年程、ホント読書なんて言える行為をして無かったのですが、ふと気になり取り寄せてまで読んだ一冊です。 「おっ。」なんて目に付いた… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 気軽な気持ちで参加したバイトのはずなのに・・・そんな参加者が12人集まった【暗鬼館】で行われる殺し合いという実験。7日間この館で普通に過ごせばありえない額をもらえる。それならば普通に過ごせば… このレビューの続きを見る

ミステリではありがちな、「閉鎖空間(孤島もの)」 とんでもない金額のモニターバイトを発見した結城と須和名。嘘だろうと思いつつもとりあえず応募してみた結城は、「暗鬼館」と呼ばれる館の地階で他の11人の… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

23:35:By Sidestep ism diary

地下実験クローズドサークル(閉鎖環境を使ったミステリー)。 最初「Inしてみる」かと思ったら、「The Incite Mill」だったようで。 モニターの一人は、雑誌の隅に求人を見つけた。 常識外の条件を読んで、そ… このレビューの続きを見る

☆☆☆☆ クローズドサークル物。 殺人ゲーム物なんですが、主人公が飄々とした性格(そして中々に頭脳明晰)なお陰で、雰囲気が明るいです。 物語の終盤にかけてのスピード感もあって、楽しめました。ゲームの主… このレビューの続きを見る

図書館の返却日が来てしまったので、TV放映の「ファンタスティック・フォー」をBGMに慌てて読書。 クローズドサークルで繰り広げられる殺人ゲーム物です。 最初に屋敷の見取り図が出てきたので、てっきり屋敷の… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

07:53:By

私ミステリーマニアじゃないからわからないのも多かったんだけど、人形はわかった、わかったよ! というか一人目はきっとこうじゃないかな? もわかったよ! でもね、でもね、たぶん読む人がみんな疑う人がいる… このレビューの続きを見る

米澤さんのえげつない系のミステリ。 でもあのまったり学園系の古臭いミステリよりも、実はこっちのがすきだな。 いわゆるバトロワみたいな、理不尽閉じ込められ系。 ラストがいまいちだったような。(ようなって)

米沢穂信さんの「インシテミル」を読んでみました。 本屋さんで見つけ、立ち読みしたのですが、(笑)けっこお、楽しく読めました。 高自給のバイトで集められた12人。 地下に閉じ込められての実験。 増える… このレビューの続きを見る

結城理久彦はコンビニでアルバイト情報誌を見ていると美しい女性から声をかけられた。「こういう雑誌に詳しい方ですか?」そして女性にアルバイトの募集要項について説明していると、驚くべき記述を見つけた。… このレビューの続きを見る

この表紙は…

19:15:By ほんだな日記

 「インシテミル(米澤穂信)」を読了。  ミステリ好きには、文句なく面白い。日常の謎系の古典部シリーズや小市民シリーズとは違って、米澤作品としては、雰囲気は「ボトルネック」に近い。この終わり方は、続編があるのだろうか?  それから、この本は装丁も好きなんだけれど、表紙に描かれた女性は登場人物の誰なんだろう?気になる。

JUGEMテーマ:読書 実はかつて推理小説系のフォーラムに参加していたくらいミステリ好きです。 あのフォーラムの人達は想像を絶す程ディープなので、中ではひよっこでしたが。。。 閑話休題。 この作品はすごか… このレビューの続きを見る

 最近、残業と日本シリーズで全然読書が進まず、積ん読本ばかりが増えて います。  そんななか、ようやく1冊を「処理」することがで きました。  米澤さんの本は、まだ3冊くらいしか読んでいない… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

12:00:By The Samantha Times

あらすじ(出版社 / 著者からの内容紹介) バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。この夏、鮮烈なミステリーがはじまる 青春系ミステリが多い米澤さんの本格… このレビューの続きを見る

《あらすじ》 車を購入する資金を稼ぐためにアルバイトをすることにした結城。バイト情報誌で見つけた時給112000円という怪しげな「モニター募集」に応募し、採用されてしまう。行ってみると、そこには12人の様々… このレビューの続きを見る

内容紹介 結城理久彦は、車がほしかった。須和名祥子は、「滞って」いた。 オカネが欲しいふたりは、時給11万2000円也の怪しげな実験モニターに応募。こうして集まった12人の被験者たちは、館の地階に7日間、閉じ込められることに。 バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。この夏、鮮烈なミステリーがはじまる。

 警告  この先では、不穏当かつ非倫理的な出来事が発生し得ます。  それでも良いという方のみ、この先にお進みください。(本文より)  殺人事件を書くことで、それに至った人間関係や心理描写、社会背景な… このレビューの続きを見る

インシテミル 米澤 穂信著、文藝春秋 表紙は西島大介。 久しぶりに時間を忘れて読み耽ってしまった(普段の読書は移動時間、待ち時間のみ)。 とても面白かったです。 米澤穂信はミステリ作家という認識だけ… このレビューの続きを見る

 求人雑誌に載っていたバイトは破格の条件だった。誤植じゃないのか。訝しがっていた結城理久彦だったが、車を買いたい一身で参加してしまう。時給1120百円のバイトは暗鬼館という地下の館で7日間、12人でモニター… このレビューの続きを見る

3.7

インシテミル

20:25:By ぼちぼち

バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。この夏、鮮烈なミステリーがはじまる 結城理久彦は、車がほしかった。須和名祥子は、「滞って」いた。 オカネが欲し… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。この夏、鮮烈なミステリーがはじまる 米澤穂信さんの新刊です。 今までの青春日常ミ… このレビューの続きを見る

面白かった。クローズドサークル。ただ如何せん、某館シリーズの十角と時計の印象が拭えない面も。まあお約束であって、きっとパ●リなのではない。オマージュ的か。

バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、ひとりの少女から声をかけられて……。この夏、鮮烈なミステリーがはじまる うーん。読むのにとても疲れてしまいました。面白かったといえば面白かったので… このレビューの続きを見る

昨日のうちに読了してましたが紹介は本日、イチオシのミステリ作家”米澤穂信”の新作であります。 作者公式サイトでサイン会の告知があったんで、紀伊国屋本店まで出張って整理券もGETしてきました。ちなみに前作「… このレビューの続きを見る

うわさは聞いていました。 で、今日買って、一気読みでした。 寝てませんでしたが、3時間一気読みでした。 そして、半分だけ的中でした。悔しい(>_

関連する商品