>
[Amazon] サマーバケーションEP

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

サマーバケーションEP
サマーバケーションEPで自分のブログにレビューを書く

サマーバケーションEP

おすすめ!3.6 [3.6](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:483917位
  • ユーズド価格:¥ 50
  • ISBN/ASIN:4163257209(文藝春秋)
サマーバケーションEPのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.6 [3.6]

海へ

13:54:By 肺レモン

  これ読書感想文で書けばよかったああ。 ゴッドスターなんかよりは全然感想文向けだった。夏休みだし。 シチュエーション的には夜のピクニックとおなじ? 話はまったく違うけども

井の頭公園に湧く水をたどりながら、僕たちは海まで歩く。 それは永遠の夏休みの始まりだった---。 独特の雰囲気を持った小説でしたが、慣れてくると一気に読んでしまう 魅力のあるストーリーでした。知らない者同士が持つ距離感や、 相手をそっと受け入れるような会話がステキな小説でした。

井の頭公園から海まで歩いちゃうよ。それだけなんだけど、良い。良いなぁ。 古川さんの本はよく歩く。自転車に乗っていることもあるし、バスの路線にも詳しい。とにかく町の中をずんずん行く。そこをよく歩いてい… このレビューの続きを見る

3.6

季節外れだけど

21:02:By telecaster

友人に進められて、昨年末に一気に読んだ。 何が引き込まれるって、やっぱり今住んでいる家の近くが出てくるところかな。 「ああー、そこのミスドね」とかね。 不思議な文体で、はじめは読めるかな?とか思… このレビューの続きを見る

「そうなんだ?」とカネコさんが言います。 「じゃあ、その先は?」と僕が訊きます。 「海」とウナさんが答えます。 ※ネタばれちゅうい いやーそろそろ夏がやってきますよ。(今、梅雨真っ只中ですが)… このレビューの続きを見る

 平易な文章だし、あっと驚くような展開が特別あるわけでもないのにこの本から感じる爽やかさはなんなんだろう。ただただ海に向かって川べりを歩いていくだけなのだけど。きっと主人公の "ぼく" の世界の切り取り… このレビューの続きを見る

古川日出男の最新長編です。 確固たる理由も無く、神田川をただひたすら歩いて下り海に向かう、ロードームービーのような小説です。古川日出男の手に掛かれば、そんな話も凄い文体で書かれてしまうのですが。相… このレビューの続きを見る

生まれつき他人の顔を憶えられない青年が、神田川の源流から河口までを歩く──偶然出会った人々と連れだちながら。うつくしい夏の物語文藝春秋HPより すごい。やっぱり古川日出男ラブです。ラブ。 夏の冒険… このレビューの続きを見る

ジャケ買いしそうな感じある。

JUGEM編集部おすすめ商品