>
[Amazon] Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVII

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVII
Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVIIで自分のブログにレビューを書く

Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVII

おすすめ!3.5 [3.5](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1074252位
  • Amazon価格:¥ 1,646
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163259104(文藝春秋)
Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVIIのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.5 [3.5]

“おれは人間の不思議を考えた。どんな争いをしても、人間はただすぎさっていく。この世界にはかすり傷をつけることもできないのだ。空は空のままだし、雲は雲のまま。――中略――おれたちはみんなすぎていく。いつかは… このレビューの続きを見る

池袋ウエストゲートパークシリーズの最新刊 池袋裏社会を取り仕切る人たちと、社会からはみだしてトラブルに巻き込まれてしまう青年たちのお話。 この巻に出てくる依頼人は 振り込め詐欺の組織から足を洗おうとす… このレビューの続きを見る

読み返してますやっぱり面白いすかっとしたい時に読みたいシリーズ。非正規レジスタンスは雇用とかの問題とか重めの内容だったな、、

おれおれ詐欺やデート商法など今現代に起こっている事件を取り上げ、リアルタイムで読むと面白いと思います。でも10年後に読むとどうかな? それはまあいいとして今回は題名にもあるGボーイズ冬戦争はGボーイズ… このレビューの続きを見る

池袋ウエストゲートパーク? 大好きなシリーズなのに 読んでなかった一冊。 キングことタカシが危機的状況に… Gボーイズに内紛が! と、ここでマコトの出番。 相変わらずのマコトの活躍ぶりが爽快だ。

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク? / 石田 衣良 今回の?は、「ちょ、今回キング大活躍じゃねーの!」に終始します。 ええまあ、私タカシ好きですが何か。 いつもは今か今かと待ち望んでいても一向に出… このレビューの続きを見る

前作より好きでした。Gボーイズ冬戦争。 サイン会に参加して、サイン本で持っています^^ なんといっても、タカシが大好きすぎます、私。 表題作「Gボーイズ冬戦争」、個人的にタカシスペシャル(意味不明… このレビューの続きを見る

正直、イマイチ。 前作「灰色のピーターパン」の時も思ったけど、このシリーズはそろそろ潮時でしょ。 図書館で借りるまで結構待たされたから期待度が微妙に上がってたから余計にそう思ったんだろうけど。 ま、次回作が出たらまた読むんだろうけどね。

「池袋ウエストゲートパーク」も、ついに7巻目を迎えました。悪質な振り込め詐欺グループや、謎の連続放火事件と、著者の石田氏は、池袋を舞台に、今の日本の世相を、事件をタイムリーというか、すぐに取り上げて… このレビューの続きを見る

とうとう池袋ウエストゲートパークシリーズ最新刊まで追いついてしまいました…。 後がない…。うう、8巻はいつ…? 今作はオレオレ詐欺、ぼったくり絵画商法、連続放火事件、そして表題作のGボーイズの内紛やら… このレビューの続きを見る

 待望の池袋ウエストゲートパーク?。 おなじみマコトが池袋の果物屋でトラブルを解決します。 今回はオレオレ詐欺のテレフォンマンの足抜けを手伝う 「要町テレフォンマン」 キャッチか、はたまた職業選択… このレビューの続きを見る

ストリートギャングの王、タカシが危機に! タカシのピンチを救うため、グループの内部抗争の原因究明にマコトが奔走するが…… 今回は、主人公のマコトと人気を二分する、ストリートギャングの王・タカシが大ピ… このレビューの続きを見る

待望の七冊目、節約のため、キャッシュバック付きのマイお財布から購入。 只今到着待ちでございます。 奇数巻と偶数巻で微妙に期待度が違う私。 奇数巻が私的には好みで、灰色のピーターパンで感想を述べまし… このレビューの続きを見る

IWGP「Gボーイズ冬戦争」読了。相変わらず何時読んでも面白い。 今回は「要町テレフォンマン」「詐欺師のヴィーナス」「バーン・ダウン・ザ・ハウス」「Gボーイズ冬戦争」の4編。 中でも1番気に入った話は、13… このレビューの続きを見る

3.5

もひとつ問題解決

19:23:By 一日一讀

「前巷説〜」から続けて読んでいて、“問題を解決する”あたりが同じだなーとフト思った。男、頼りにされすぎるのもツライよ、その弐。 シリーズももう7冊目ですね。どれだけ季節が巡ったのか。心なしか果物屋の兄… このレビューの続きを見る

IWGPシリーズ最新刊。 これはもうリアルタイムの鬼平犯科帳みたいなもので 新たな感想も特にはないけど、楽しく読めた。 さて浦和レッズ。 なんとかACL予選リーグ突破を決めた。 これからは日本サ… このレビューの続きを見る

どんなに年をとっても、なんとなくピーターパンな何でも屋ヒーロー・マコトの活躍が気になってしまう、IWGPの第7作。 相変わらず社会の歪みが覗く社会的時事問題を軸にした、厳しさと爽やかさが同居する連… このレビューの続きを見る

というわけで、ようやくの購入です。ええ、汀さんのところでその話を聞くまで本当にしりませんでした。発売日とっくに過ぎてて慌てて買いに行ったり。 しても、帯からもうかなり萌えでしたよ。 「キングは俺が… このレビューの続きを見る

いいね。キングと花見で始まって、キングとクリスマスデートで終わるなんて! 池袋は怖い。そう思ってしまうのはこの作品のせいだとは思わないけれど、池袋のイメージからは少しもズレてないと思ってしまう。そう… このレビューの続きを見る

関連する商品