>
[Amazon] 楽園 上

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

楽園 上
楽園 上で自分のブログにレビューを書く

楽園 上

おすすめ!3.7 [3.7](49件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:424541位
  • 定価:¥ 1,781
  • Amazon価格:¥ 1,749
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163262407(文藝春秋)
楽園 上のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(49件) 3.7 [3.7]

高校生の頃から大好きな作家の一人である宮部みゆきさんの小説を、久しぶりに読みました。 わたしが「この作家が好きである」と胸を張って言える作家は宮部みゆきさんと吉本ばななさんです。 しかし、どち… このレビューの続きを見る

『楽園』(上・下)

13:25:By Proc Blog

 JUGEMテーマ:読書今年1・2冊め。

3.7

楽園

09:55:By 柴犬Diary

JUGEMテーマ:日々のくらし 宮部みゆさんの「楽園」と言う本を読んでいる。 本を読む時間も出来てきたって事は 私は チャタの っていうか 犬のいない暮らしに 少しずつ 慣れてきているのかもしれない。 本を… このレビューの続きを見る

3.7

楽園

21:10:By u_simple

文句なしです。 といいますか、もっと早く読むんだった… 推理ものは結構好きで読みますが、ただのパズルにならず「ひと」が記号にならず、ご都合主義でなく安易でも薄っぺらでもなく、何ともやりきれないものが残… このレビューの続きを見る

3.7

楽園

10:14:By DoWhat10!

 「模倣犯」の続編ではなく、スピンオフ的な作品(というのか?)    やっぱり、宮部みゆきは巧いなーと思う。    自宅PCレスの毎日  夜、本読むことしかやることが無い。

楽園 上下

22:35:By モノ

模倣犯の続編と聞いて読みました。 模倣犯の続編、というより前畑滋子の続編です。 連続殺人事件から9年たち、前畑滋子がどのようにその亡霊と向き合うか。 連続殺人事件を追っていたライターである滋子を、ある… このレビューの続きを見る

今日から 読み始めたのは・・・・ ”楽園 (上)” 読み始めて・・気がついた ”模倣犯”の続編というか・・・・ 事件解決から 9年後と言う設定・・・ 連続殺人犯を捕まえるきっかけをつくった ルポライターの前… このレビューの続きを見る

「模倣犯」の前畑滋子がかつての事件のショックを乗り越え また新たな事件の顛末を追う。 読み始めてかなり最初の方で、 これは別の本のその後を含めた話なのだな、と気づき それが「模倣犯」なのだなとすぐ… このレビューの続きを見る

3.7

楽園

14:21:By blue_side

模倣犯の続編?読み出したら止まらない。

 【あらすじ】 9年前の連続殺人事件により、心に傷を負ったライターの前畑滋子は、それ以来、ライターとしての仕事はあまり出来なくなってしまっていたのだったが、そんな滋子のもとに、とある仕事の依頼が… このレビューの続きを見る

知道不知道。Wow!人,人,爭鬥。實在讓我無力。多麼輕言,也讓我受不了。還沒把下給訂過來。庸懶生活,結束了囉?!〜啊,難道我的時段只有自己嗎?

楽園

12:10:By 受賞本

 楽園  著者 : 宮部みゆき  受賞歴 : 2008年このミステリーがすごい! 8位         2008年ミステリが読みたい! 1位         2007年傑作ミステリーベスト10 2位

友達に借りた本。 読み始めたらぐいぐい引き込まれ、止まりません。 湯船につかりながら読み、風呂上がりに読み、最後の方は睡眠時間を削り、上・下巻を一気に読了。 いやあ、本を持つ手がだるかったわ。 私は「… このレビューの続きを見る

3.7

楽園〈上〉

00:32:By ほんのひとこと

死んだ息子がサイコメトラーかもしれない。 敏子の訴えに半信半疑だったライターの滋子は その子が描いた「普通じゃない絵」の中に 彼女が巻き込まれた連続殺人事件も含まれていたのだった。 まずは超能力を疑… このレビューの続きを見る

3.7

楽園

16:39:By I do not have the limit

 やっと上を読み終わりました。ないというか奥が深い…(´`) 模倣犯、先に読んでおけば良かったなと若干後悔しています ipod壊れた〜と嘆いていたら、SONYがタイミングよく新製品を出しましたね! デザイン好み… このレビューの続きを見る

「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された少女… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ●楽園(上)(下)/宮部みゆき ●文藝春秋 ●上下ともに1700円 ●評価 ☆☆☆☆ 「模倣犯」事件から9年が経った。 事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子… このレビューの続きを見る

おもしろかった〜!!久々に満足の一冊に出会えました. 物語は「模倣犯」で犯人と対峙したフリーライターの前畑滋子が9年の時間を経ても心にいえない傷を残していました.そこに荻谷敏子という12歳で交通事故でな… このレビューの続きを見る

3.7

楽園

16:05:By semisweets**

 「模倣犯」に登場する、フリーライター前畑滋子が主人公の本作。 目線は常に滋子であるので、読みやすい。 模倣犯から9年後。 直接に犯人から危害を被ることがなくても (面識があるからそうとは言えないか… このレビューの続きを見る

楽園 上・下

06:18:By 本であそんで

  あの『模倣犯』で犯人を追い詰めた フリーライター前畑滋子の元に届いた調査の依頼。 透視、見えないものが見えてしまう力を持つ子ども。 依頼人の子どもが描いた絵から すでに時効となった子殺しの事件に… このレビューの続きを見る

3.7

楽園〈上〉

21:39:By The Samantha Times

あらすじ 「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺… このレビューの続きを見る

★★★☆☆ *あらすじ* 東京足立区で、火元の家を含めて三軒が全焼する火事が発生した。そのうちの一軒に住む夫婦が16年前に娘を失踪に見せかけ殺害、床下に遺棄したと警察に自白をする。殺人はすでに時効になって… このレビューの続きを見る

楽園 / 宮部 みゆき

18:39:By relache

9年前の事件 『模倣犯』 の事件以降、第一線から退き、事件性のある仕事から遠ざかっていた 前畑滋子のもとに奇妙な依頼が転がり込んできた。 ゾウのように穏やかで優しい目をした婦人は、亡くなった息子・等… このレビューの続きを見る

3.7

親子の話

20:35:By 一日一讀

JUGEMテーマ:読書 あの「模倣犯」の続編、に当たる物語。 あのフリーライター前畑滋子の前に現れた事件。16年前に長女を殺して庭に埋めたまま時効を迎えた夫婦と、何も知らされなかった次女。発覚する前からその… このレビューの続きを見る

楽園 上 (1)

21:07:By T_plus!

まさか模倣犯の後の話(と言っても事件そのものの後ではなくて、登場人物の一人の後の話)があるとは思っていなくてびっくりしました。 でも確かに本編内で未消化っぽいとこあったようなと一人納得。クロスファイ… このレビューの続きを見る

3.7

楽園 上

00:08:By nonnon Books

とりいそぎ。

3.7

楽園 上 (1)

23:51:By Who knows?

やっぱりなかなか読ませるなぁ。

私が宮部さんの作品にはまるきっかけとなった あの『模倣犯』の前畑さんが帰ってきた〜♪ 模倣犯ほどの派手さはないけど しみじみといいお話だつたと思います あいかわらず一気に読みました!

久しぶりに宮部みゆきの著書を読んだ。 「模倣犯」の続編、ということで気になって図書館で予約したら50人ほど待ちでびっくりした。相変わらず忘れた頃に順番が回って来る人気図書。 ハードカバーに重い思い… このレビューの続きを見る

3.7

楽園 上

19:43:By veryberry★books!

■内容紹介(文藝春秋HPより)■ フリーライター前畑滋子のもとに奇妙な調査依頼が舞い込んだ。そして、16年前に起きた、少女殺人事件の全貌が明らかになる! -------------------------------------------… このレビューの続きを見る

発売されたのは昨年ですが、最近やっと読みました。 映画にもなった「模倣犯」の9年後という設定のお話です。 主人公は前畑滋子。前回の「模倣犯」で犯人に深く関わったライターです。 事件のショックからし… このレビューの続きを見る

映画にもなりましたね。宮部みゆきさんの「模倣犯」の9年後のお話。 ちょっと、模倣犯、もう半分忘れてるし・・・^^;(映画の印象が強かった・・・) 宮部みゆきさんの本はいいですよね。

楽園 上/下

09:53:By たちばな

久々にちゃんとした、といっては失礼ですが、重いというかそういう本でした。宮部みゆきだなぁと。読み始めるまでは長かったですが、割と一気に読めました。結構想像したのと違った構成でした。珍しくあとがきがついていました。

3.7

楽園

21:27:By シネマラソンな日々

ひや〜、これは面白い小説でしたよ。 サスペンスというかミステリーですが、単行本の上下巻で 分厚いので読み終えるのに時間がかかると思ったんですけど、 あっという間に読み終えてしまいました。 そして、… このレビューの続きを見る

さすが宮部みゆきといった感じです。 あの模倣犯の続編ということで発売されるのがすごく 待ち遠しいかったです 期待していた以上におもしろく2日で上下とも読み終えて しまいました ただ、もっと模倣犯の登場人物を登場させてほしかったかな。

3.7

楽園 上 (1)

19:55:By

JUGEMテーマ:読書 久しぶりの宮部さんの長編小説「楽園」 あの「模倣犯」の前畑滋子さんが出てくる続編です。 ところどころに出てくる模倣犯の話は、あってもなくてもいいような気もしたけど(^^; でもやっぱり… このレビューの続きを見る

3.7

楽園 上 (1)

07:51:By 有象無象

模倣犯の彼女が再び登場。 宮部さん、あっち系の人だから(クロスファイアとか)、えーそうなの!? いやーでもやるときゃやるだろうなぁー、うーんでもなぁ…… って感じだったけど、そんな感じ。 というか、そのどうなの? そうなの? と気持ちがゆらゆらするのがまたそれはそれで楽しいんだなと思いました。 面白かった。

未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた「模倣犯」から9年。事件のショックから立ち直ることができぬまま、フリーライターをしていた前畑滋子のもとに1人の女性が現れる。12歳で事故死した息子が遺したノート… このレビューの続きを見る

3.7

楽園(上)

16:36:By こころのなか

もうね!! 楽園ほんと面白いの!! 宮部みゆきのファンじゃなくっても 模倣犯読んでなくっても すっごい楽しめるの! スピード感あって 表現はもちろん内容も濃くって どんどんのめり込んじゃう感じ!! … このレビューの続きを見る

 あの事件から9年、前畑滋子・再び事件に巻き込まれる。 屍蝋化した少女の上で暮らし続けて時効を迎えた土井崎一家。 誰も知らないはずの事件を事故死した少年が幻視していた?! 山荘事件から逃げ、フリ… このレビューの続きを見る

3.7

楽園 上 ・下

10:50:By ぼちぼち。

「模倣犯」事件から9年が経った。 事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、 荻谷敏子という女性が現れる。 12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。 少年は16年前に… このレビューの続きを見る

3.7

楽園 上 (1)

21:43:By SHIKI NOTE

あの「模倣犯」に出ていたフリージャーナリスト・前原茂子。 彼女が巻き込まれていった事件。はたして真相は? これぞ 社会派!という小説。 上下巻のボリュームにありながら ぐいぐいと引き込まれていってしまう と、いうより途中で止められないのだ。

宮部みゆきの最新作「楽園」を読みました。 等君が書いた絵をきっかけに、どうして等君はこの絵を描く事ができたのか?という謎を解くというような内容でした。 その謎を解く中で、別の事件も絡んできたりで複雑なのですが、そんなに結末が衝撃的という感じではないのが残念でした。もうひねりあっても良かったかなぁと。

友人から借りて、宮部みゆきさんの新刊、「楽園」(上・下)を読みました。 少しずつ読もうと思ったのに、気が付けば3日で読了…。 でも、それだけ目が離せないと思わせる作品でした。 「模倣犯」から9年。 … このレビューの続きを見る

宮部みゆきの新書!出ました! それも 「模倣犯」の続編 では ないのですが  フリーライター前畑滋子の前に  また 新たな事件が・・・ 火事にあった家の床下から遺体が発見され それは15年前に家出し… このレビューの続きを見る

3.7

楽園 上 (1)

23:55:By 稜線な日々

宮部みゆきの小説は、新作が出ると衝動買い。 物語にそのまま引きずり込まれてしまう・・・。 たぶん今晩はこのまま徹夜の可能性大です。 1番最初にこの方の本を読んだときの衝撃度って メチャクチャ高かったなぁ〜。 いい意味で裏切られた感が大きすぎて。 そこからまた読書熱が高まったのを覚えてる。

『模倣犯』の主人公(?)狂言回し(?)の前畑滋子登場で、内容的にも作風的にも続編といえるもの。 『模倣犯』のときに、単行本(上下巻)=計3,990円を買うタイミングをはずし、待ちに待って4年半待って出た文… このレビューの続きを見る

 めっちゃめちゃ欲しいです。上下巻同時発売。 給料日(今月25日までガ・マ・ン〜) 模倣犯から9年、前畑滋子が再び事件に巻きこまれる。 そこに「ピース」の影はあるのか? (ほとぼりが冷めたら刑務所の中からメディアを使って何かをやるという宣告してましたもんね) 模倣犯の読み直しと、孔明第二部であっという間に9月になりそう。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品