>
[Amazon] 銀河不動産の超越

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

銀河不動産の超越
銀河不動産の超越で自分のブログにレビューを書く

銀河不動産の超越

おすすめ!3.3 [3.3](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1196917位
  • Amazon価格:¥ 9,448
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163270701(文藝春秋)
銀河不動産の超越のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:エンターテイメントJUGEMテーマ:読書  久しぶりに森博嗣さんの本を読了。 森先生は文章のキレと、ミステリー仕立てで何が起こるのかという期待感が沸き立っていく感じ、 さすが理系博士、と… このレビューの続きを見る

最近、借りてた本。 「北緯14度」 セネガル紀行エッセーです。 ものすごくサバサバで正直な人柄が非常に表れてます。 これを読んでセネガルに行ってみたいと思う人はあまりいないだろうけど、 ただ、セネ飯だけは… このレビューの続きを見る

銀河不動産の超越

22:25:By ぶくわむ

なんという御都合主義! モリミ風に呟きたくなりました。 危惧まではおもしろくて楽しかったのですが、忌避からころころと進む展開には戸惑いました。 登美子さんが花散里みたいにぽっちゃり癒し系女だったら… このレビューの続きを見る

銀河不動産の超越

00:15:By telescope

「その会社は最後の最後で良いから」就職課にそう言われた会社、銀河不動産。最後の最後まで就職が決まらなくてその会社に入社した主人公。さて、何が起こるの?不動産の話って聞いただけだとつまらなそうに聞こえ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 ● 銀河不動産の超越 / 森博嗣 ● 文藝春秋 ● 1450円 ● 評価 ☆☆☆☆ 危険を避け、そんなに頑張らずですむ道を吟味し、 最小の力で怠けられるだけ怠けて過ごしてきた高橋君。 しかしなが… このレビューの続きを見る

銀河不動産に就職した高橋青年が、 物件やお客との出会いから自然と人との繋がりを築いていく話。 ミステリィではないけれど不思議な要素を含んでいます。 ただそれだけの話なんだけれど面白かったです。 ミス… このレビューの続きを見る

3.3

銀河不動産の超越

14:35:By marshmallo

ふわっじゃなくて、なんていうか、…、まあそんな感じ

3.3

銀河不動産の超越

13:49:By 染赤Shadow

JUGEMテーマ:小説全般 残念ながら敬愛する森先生の作品の中では一番意外性がなかった。 逆にびっくりした。 あぁ、びっくりした。 ミステリでも多く評価される森先生だがこの作品はどちらかというと「工学… このレビューの続きを見る

ミステリではありません。 なんかよかった。 小さな不動産屋で働く、ぼけーっとした(?)ある男性のお話。 最後は思っていた以上にとんとん拍子って感じに話が進んで、 ここまでは…(汗)とも思ったけれ… このレビューの続きを見る

出だしの無気力さ加減に少なからず共鳴してしまって、自分にがっくり……。 もうちょっと元気出して!きらら!! それにしても、こういう無気力な人は、他人と共同生活はちょっと難しいと思うのだけどー。 人が… このレビューの続きを見る

■内容紹介■ “毎日が気怠い”省電力青年・高橋君の人生は銀河不動産に入社して一変した。次々に訪れる変わった客、ついには運命の女性までが… 毎日がなんとなく気怠い“省電力”青年・高橋は、惨敗続きの就職活動… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/7/15〜2008/7/16 [文藝春秋HPより] 毎日がなんとなく気怠い“省電力”青年・高橋は、惨敗続きの就職活動の果てに「ここだけはやめておけ」と言われた銀河不動産に入社した… このレビューの続きを見る

小説「銀河不動産の超越」。 無気力に大学生活を送り留年、いざ就職活動を始めるが惨敗ばかりの主人公の高橋。 そんな中、大学の就職課の反対を押し切り、大学に毎年のように求人がきている「銀河不動産」にめで… このレビューの続きを見る

危険を避け、できるだけ頑張らずにすむ道を吟味し、最小の力で人生を歩んできた高橋青年。彼の運命を変えたのは入社した「銀河不動産」だった。 図書館の新刊コーナーで見つけ、特にシリーズモノの1冊と言うわけ… このレビューの続きを見る

森氏、新刊! 犀川教授のFシリーズや、女王もおもしろいのだけど、私はシリーズ以外の著作のほうが好き、かもしれない。当たり前と言えば当たり前かもしれないのだけど、彼の小説の主人公は、みなとても森氏本人に… このレビューの続きを見る

関連する商品