DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 時が滲む朝 - 楊 逸 のレビュー全8件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 時が滲む朝

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

時が滲む朝
時が滲む朝で自分のブログにレビューを書く

時が滲む朝

おすすめ!3.4 [3.4](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:507199位
  • Amazon価格:¥ 1,337
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163273603(文藝春秋)
時が滲む朝のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.4 [3.4]

3.4

「時が滲む朝」楊逸

03:21:By scribble

天安門事件前夜から北京五輪前夜まで。中国民主化勢力の青春と挫折。デビュー作「ワンちゃん」で第138回芥川賞候補になった在日中国人作家、注目の最新作。 中国の天安門事件に関する小説。主人公たちが大学生に… このレビューの続きを見る

時が滲む朝

15:52:By 受賞本

 時が滲む朝  著者 : 楊逸  受賞歴 : 第139回芥川賞 受賞

時が滲む朝

16:28:By 自同律の不可解

 とくに期待も、偏見も持たずに読んだ芥川賞受賞作は、きみょうな違和感が残る作品だった。中国人の作家であるゆえなのか、日本語は明らかに不自然なのだが、その齟齬がときにドキリとするような修辞となる。なか… このレビューの続きを見る

3.4

時が滲む朝

01:00:By *サイト名未定

文芸春秋で読んだ。 パールバックの「大地」的な読み物を読みたいなあと思っていたので それなりに楽しめました。 でも、「大地」とくらべちゃうと(くらべたらいけないのかも知れないけど) 書き込みが足り… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 話題の芥川賞受賞作品。図書館順番待ちの末、やっと手に取ることができました。 受賞のニュースで、作者が中国の方であることや、作品も、現代中国の若者の心境を的確に表現しているらしいこと… このレビューの続きを見る

3.4

時が滲む朝

21:24:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 梁浩遠と謝志強。2人の中国人大学生の成長を通して、現代中国と日本を描ききった力作。『ワンちゃん』に次ぐ期待の新鋭の第2作! 1988年夏、中国の名門大学に進学した2人の学生、梁浩遠(… このレビューの続きを見る

3.4

時が滲む朝

08:28:By 嘔吐

一昨日、北京オリンピックが盛大に始まった。 いやしかし豪華な開幕式だなぁと思ったら、翌日にはアメリカ人の観光客が殺されている。 そして五輪の裏では戦争が始まっている。 「平和の祭典」から少し離れた… このレビューの続きを見る

3.4

時が滲む朝

22:32:By シャンバラ

今朝地震があった。 うちの家は古いので、大きな地震があると間違いなく倒壊する。 しかし、それ以上に心配なのは僕の部屋。最近は本が相当な量になっていることもあって、いつか床が抜けてしまうんじゃないかと… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品