DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ガリレオの苦悩 - 東野 圭吾 のレビュー全58件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ガリレオの苦悩

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ガリレオの苦悩
ガリレオの苦悩で自分のブログにレビューを書く

ガリレオの苦悩

おすすめ!3.4 [3.4](58件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:263589位
  • Amazon価格:¥ 1,646
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163276203(文藝春秋)
ガリレオの苦悩のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(58件) 3.4 [3.4]

ガリレオの苦悩

22:26:By 読書家宣言

   

 読んだ。

ガリレオシリーズ。 短編は短編で読みやすいわ〜。 久々に東野さん、読んだけど読みやすかった〜。 (30日読了)

ガリレオシリーズの短編集です。 図書館で借りてきましたが、最近文庫本も出ましたね。  『容疑者Xの献身』が★5つだったので、かなり期待! やっぱり面白かった♪ 短編ということで、さくさくと謎が解かれて… このレビューの続きを見る

 以前、漬物用に真菜を収穫しました小さな真菜はそのうち大きくなるやろう、と畑にほっておきましたすると…花が咲いてました(@_@;)アブラナの花に似てる大根の花もこんな感じやった気がするなーこれ、ほっと… このレビューの続きを見る

3.4

面白い。

09:11:By お酒と育児の日々

やっぱり東野圭吾さんの作品は面白いです。 ほぼ外れはないといってもイイです。 ガリレオこと湯川学が科学の知識で事件の謎を解く テレビでは福山雅治さんが演じて一気にブレークしましたよね。 テレビドラマ… このレビューの続きを見る

3.4

16、17冊目

22:12:By ただの日記

 

『探偵ガリレオ』『予知夢』と同じ、短篇集。長篇では脇に回りがちな湯川が、短篇では堂々の主役。必ずしも積極的に警察に協力し、喜んで謎を解いているわけではない湯川の“苦悩”が描かれ、彼の人間性が窺えます。… このレビューの続きを見る

短編集。 最初の頃の短編集よりはおもしろかったけど、やっぱりガリレオは短編じゃないほうが好きだなぁ。 なんかよんだことあるなーと思うのが1つあったけど、よく考えたらTVでみたんだったw

3.4

ガリレオシリーズ

07:39:By B*C

 東野圭吾作品のミステリー部門を遅ればせながら(今さら?)また読み始めた。過去に『予知夢』などは読んでいたが、ガリレオつながりということをその時はほとんど無視して単独で読んだ。やはりキャラがたった作品はシリーズとして読むほうが間違いなく面白い。東野圭吾作品は安定しているので文句なし。

JUGEMテーマ:ミステリ 筆者の稼ぎ頭(?)湯川先生のガリレオシリーズ第4作目。 私は(ミーハーですが)、湯川学より加賀恭一郎のほうが好きなのです。 でも湯川先生もいいところ沢山あるので、読んでいます(笑… このレビューの続きを見る

積んであったガリレオシリーズの2冊を読了。  「容疑者χの献身」事件によって、警察に協力することにネガティブな湯川だけど、TVシリーズから本編に登場を果たした内海薫の要請によって再び捜査に協力するこ… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。 ≪もくじ≫ 第一章 落下る 第二章 操縦る 第三章 密室る 第四章 指標す 第五章 攪乱す

3.4

ガリレオの苦悩

17:10:By くねくね式

ガリレオシリーズの何作目なんでしょうね。 ドラマで見たな、と思う内容の短編集です。 物理学者の湯川が警察に頼られて事件を解決していくわけですが、よくよく読むと湯川の私生活的なところは全く語られていないんですよね。 だから全体的に不思議な距離感を感じます。 しかし、この方の本は読みやすいし分かりやすいし、楽しいです。 当たり前のように読んでいるけど、ふと「やっぱりすげぇ」と思ってしまいます。

こちらは短編だったので読みやすかったです。でも難しい時があって、ちょっと時間が掛かったかも。 解説だけはドラマの方が分かりやすいですよね。 今回湯川先生が関わった人の事件もあって、そういう場合はやは… このレビューの続きを見る

早速読んでみた。 直木賞受賞後もその勢いは衰えないといったところでしょうか。 やっぱり短編は読みやすしし、展開が濃くておもしろい。壮快。 それにしても文庫サイズじゃない本、久しぶりに買ったよ…。 持ち歩くのに重かった…。

JUGEMテーマ:ミステリ 「――(前略)先生が何を願っていようと、一日でも早く刑務所から出られるように努力します(後略)――」 「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」 (『操縦る』より) 「――(前略)人… このレビューの続きを見る

 湯川先生が好きなので、面白かったです。 第一章の「落下る」が好きでした。 この章の、湯川さんと内海さんのやりとりというか、会話というか、好きでした。 あと、第二章の「操縦る」は読んだことあるような… このレビューの続きを見る

3.4

帰還!!

21:36:By moonlitnight

JUGEMテーマ:オススメの本JUGEMテーマ:ミステリJUGEMテーマ:ヱヴァンゲリヲン新劇場版昨日無事アパートに戻りました。 綾香と両親に連絡して、最低限のお洗濯をしたらバタンキュー。 流石に旅行の次の日に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう 。 久しぶりに読んだ、ガリレオシリーズ。やっぱり面白い。だけど、ドラマに小説が合わせた?と思う部分がチラホラ。そこが少し気になったな。薫が登場するのは知ってたけど、弓削もか(笑)長編ももうじき読めそう。楽しみー。

  東野圭吾最高です!  よくこんなトリックを思いつくものだと感心しますが、実際にはこんな犯罪ありえないだろうな。    張り切って一日で読みました。

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。 科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。   ガリレオシリーズの短編としては第3弾かな。 結構出… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ● ガリレオの苦悩 / 東野圭吾 ● 文藝春秋 ● 1600円 ● 評価 ☆☆☆☆ 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。 事故に見せかけて殺人を犯しているという犯人が、そこまで… このレビューの続きを見る

湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。(「BOOK」データベースより) 本作から女刑事内海が登場します。私がガリレオシリーズを読み始めたのは、ドラマを見てからだっ… このレビューの続きを見る

ドラマや映画にもなりました「ガリレオ」シリーズの最新短編集です。 と言っても発売は昨年の10月ですが。。。 やっと図書館の順番がまわってきました。 さて、こちらには5つのお話が入っています。 どの話もう… このレビューの続きを見る

ドラマは好きで見ていたけれど、原作読むのは初めて。(あ、でも『容疑者Xの献身』は読んだ) 短編集なら途中からでも読みやすいかもと思って手を出したが、実際読みやすかった。シリーズものは冊数を重ねると、個々… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/4/4〜2009/4/5 [文藝春秋HPより] 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう … このレビューの続きを見る

眠いですが更新しまーす。 飲み会のときから船漕ぎ出そうかという勢いでした。 が、なんとかふんばり帰って参りました! 明日は久々の休みだ〜www でも病院だ〜www いろんな想いが悶々としてもうあたしはあの… このレビューの続きを見る

この本から湯川准教授のもとに事件解明の依頼をお願いに来る人物に内海薫という女刑事が登場します。初出稿が2006年なのでドラマの前のようです。だからドラマでは女刑事だったのかな? これは5編の短編からなりま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 『探偵ガリレオ』『予知夢』に続くシリーズ短編第3弾。 【第一章 落下る おちる】 独り暮らしの女性がマンションのベランダから転落死した事件は、状況から他殺の疑いが出てきた。 新… このレビューの続きを見る

 ガリレオシリーズの新作短編集。作者の東野圭吾の略歴に「大阪府立大学工学部電気工学科卒業、エンジニアとして勤務しながら・・・」とある。作家にしては珍しく理系の出身でそれがガリレオの素地になってる… このレビューの続きを見る

図書館に入って早々に予約したのだけど、やっと順番が回ってきました♪ でもまだまだ70人以上が待っている……!すごいな! この2冊、同時に発売になったようなのだけど、読む順番には注意。 シリーズとは言っても… このレビューの続きを見る

3.4

ガリレオの苦悩

21:51:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう 福山雅治が物理学者・湯川を演じて映像化され、空前… このレビューの続きを見る

 もう捜査に協力しないと決めていた湯川。それでも、警察からの捜査協力の依頼はまたもやって来る。その依頼がいつもと違うのは、湯川を訪ねたのが草薙ではなく女性刑事であることだった・・・  『聖女の救済… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。   

内海薫は言った、「あの方を紹介していただけないでしょうか」… 【あらすじ】 「悪魔の手」と名乗る者から警察と天才科学者・湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、湯川が立ち向か… このレビューの続きを見る

「悪魔の手」を名乗る警告文が送られてきた。 そこには湯川を名指しした敵対心と 警察には解明できないような方法で殺人を犯すと予告してあった。 そして数日後工事現場の作業員の落下事故は 自分が「悪魔の手… このレビューの続きを見る

3.4

ガリレオの苦悩

23:14:By 読書LOG

 

JUGEMテーマ:小説全般 東野圭吾『ガリレオの苦悩』/『聖女の救済』 読了。 実際に読み終わったのは12/20ではない気もするけど、まぁ、その辺ってことで。 すっかり読書日記を書くのを忘れていたので、今年の感想… このレビューの続きを見る

3.4

ガリレオの苦悩

22:02:By 読書LOG

 

ガリレオの苦悩

00:53:By T_plus!

内海さんでてきましたね〜! むむむ……ドラマの内海より……できる!(笑)主人公ポジションにいないせいで、主人公特有の猪突猛進感がなくてもちゃんとキャラ立ってますね。 女性目線で事件の矛盾をつく新米刑事。… このレビューの続きを見る

ガリレオの苦悩

16:43:By windfall

ガリレオシリーズの短編集。 最初の「落下る」は、スペシャルドラマの原作になったお話です。原作とドラマは当然ながら進行具合や登場人物の立ち位置が微妙に異なって進行していますが、私はやっぱり原作の方が… このレビューの続きを見る

“聖女の救済”と同時に発売された、“ガリレオの苦悩”を読みました。 この本は五つの短編から成っています。 私が一番気に入った短編は、第2章の“操縦る”です。 主人公湯川の恩師宅で起こった殺人事件のお話です… このレビューの続きを見る

の、2冊を読みました。 「聖女の救済」 なかなかの大作で読みごたえがありました。 ですが、管理人的には「容疑者X〜」のほうが好みでしたね。 聖女の救済の意味が分かったときには、 おぉっと、思わず唸ってしま… このレビューの続きを見る

長編・短編と2冊同時に出た「ガリレオ」シリーズ。 こっちは短編。 ドラマ、映画の効果もあってものすごく売れてるみたい。 今回の5篇はどれも物理トリックが面白かった。 (いままでの中には微妙なのもあった… このレビューの続きを見る

東野圭吾さんのガリレオの苦悩を読みました。 ガリレオシリーズ2冊同時刊行のものです。 今までの探偵ガリレオと予知夢と同様に論理の短編集です。 落下る アイデアがあるなら試せば良い。     価値のな… このレビューの続きを見る

----- 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう 。 ----- 「聖女の救済」と一緒に購入した「ガリレオの苦悩」読… このレビューの続きを見る

★★★☆☆ *あらすじ* 「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」に引き続き、湯川学(ガリレオ)シリーズの最新刊(同シリーズ長編版「聖女の救済」と同時発売)です。 湯川は物理学を使用した「論理的思考」… このレビューの続きを見る

3.4

ガリレオの苦悩

01:35:By ETHNOCENTRISM-R

というわけで、もちろん読みましたw こっちは短編集なんだけど、 なんか一つ一つぜんぜん違う感じで面白かったです◎ 自分の知り合いが殺人犯だと知ってしまったら。。 とか。 なんか今までの、特に短編は、警… このレビューの続きを見る

『聖女の救済』と同時発売された短篇集『ガリレオの苦悩』,読了。 『容疑者Xの献身』『聖女の救済』という長篇から探偵ガリレオシリーズを読み始めた私にとっては,とても新鮮な短篇集でした。しかし,短編こそ… このレビューの続きを見る

東野圭吾の本で、一番最初に読んだのは 「ゲームの名は誘拐」というやつ。 それ以降、出版されるものはすべて初版でそろえてきました。 昔の本は図書館で読んだりして、著作はすべて読破! 好きになった作家… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般映画公開に合わせるように出たガリレオシリーズのうちの1冊。 こちらは短編集。 両方買ったんですが、まずは、こちらから。 新キャラいます。女性。。。TV・映画でおなじみの内海です。 私 … このレビューの続きを見る

3.4

本の虫

11:17:By 日々つづり

JUGEMテーマ:日記・一般今日は、ちょっと風邪がぶり返しぎみ。 ハルカナと戯れながら、読書を楽しんでいます。 今読んでいるのは、東野圭吾さんのガリレオシリーズの新作。 ミーハーなわたしとしては、ドラマ版を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  買いましたー 今日はちゃんと、書店に並んでいましたフフッ では、さっそく感想をぉ と言いたいところなのですが 今週・来週と大学の課題がてんこもりで 読めそうもありません 以前このブログに書きましたが jassは小説を一気に読みたい派 なのです 感想は…11月の上旬ですかねぇ しばしお待ちを

内容紹介 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう 。 JUGEMテーマ:ガリレオ

東野圭吾作品のガリレオシリーズの新作発売です。 もう1冊「聖女の救済」も発売されるようなので、お金が・・・・。 でも欲しい、読みたい! JUGEMテーマ:ミステリ

楽天ブックス│Amazon│bk1│7&Y ※東野圭吾「聖女の救済」同時発売 JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 ガリレオ・シリーズ久々の短篇集、長篇と同時刊行。 「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。… このレビューの続きを見る

 この間、ガリレオシリーズの3冊を読破しました。 いかにも東野さんらしいカンジで、読みやすかったし面白かったです。 そのガリレオシリーズの最新作が 23日に発売になるんですね〜。しかも2冊同時。さすがに… このレビューの続きを見る

関連する商品