DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 猫を抱いて象と泳ぐ - 小川 洋子 のレビュー全48件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 猫を抱いて象と泳ぐ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

猫を抱いて象と泳ぐ
猫を抱いて象と泳ぐで自分のブログにレビューを書く

猫を抱いて象と泳ぐ

おすすめ!3.7 [3.7](48件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:145493位
  • Amazon価格:¥ 1,831
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163277501(文藝春秋)
猫を抱いて象と泳ぐのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(48件) 3.7 [3.7]

こんにちは!就職して働き始めてから最早1年が経過し、次なる世代が入社し、ああもう私は新入社員ですらなくなってしまったのかという驚きとプレッシャーを感じながら過ごしている日々です。さて、社会人となって… このレビューの続きを見る

小川洋子さん、昔はよく読んだけど、 最近はすっかりご無沙汰だった。 相変わらずの静かなひっそりとした神聖な世界観。 リトル・アリョーヒンというのが小さな少年の呼び名だった。 ロシアの偉大なチェスプレーヤー。

 面白かった。たんたんと

3.7

小川さん

15:00:By いくつかのはなし

  一月 ・薬指の標本/小川洋子 ・和菓子のアン/坂木司 ・猫を抱いて象と泳ぐ/小川洋子 最近、あんまり本を読めてません なんか・・・・なんでだろう笑 一応夏目漱石の行人をいま読み進めているけど、読ん… このレビューの続きを見る

3.7

猫を抱いて象と泳ぐ

15:50:By 雑記

なんて素敵なタイトルでしょう。 リトル・アリョーヒンと呼ばれた少年のチェス人生を静かにしかし熱く描く。 小川洋子は3冊目だが、以前読んだ「博士の愛した数式」(これも美しいタイトルだ)と世界観は似てい… このレビューの続きを見る

・小川洋子作品は好きなのですが…嫌いじゃないのですが… ・残念ながらこれはダメでした。何故だろう。 ・最初「救いがない(わたし基準)からか?」と思ったのですが  これ以上に救いがない話もなくはないよう… このレビューの続きを見る

買うだけ買ってすっかり読むのを忘れていた、所謂「積ん読」というヤツです。 数ヶ月前、よんどころない事情によりチェスの棋譜を考えないといけなくて、本棚でチェス関係の本を漁っていたら、出てきました。 で、… このレビューの続きを見る

「これ面白かったよ〜」と妻が勧めてくれたので読んでみました。『伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説 』(〜ama… このレビューの続きを見る

黙々と。

22:35:By 水面下で模索中。

今日は読書。 一日かけて、ゆっくり読めました。

タイトルと評判が気になり、どうしても読みたかった一冊。著者の小川洋子に脱帽。こんなにすごいストーリーを、こんなにも美しい文章で書けるとは・・・言葉にならない程の感激。チェスの事をまったく知らない自分… このレビューの続きを見る

チェスさしの小説。バスに住む大男、チェスの人形、地下でのチェスのドラマ、そして主人公リトル・アリョーヒン・・・。小説世界のイメージが豊穣で、かつそこに繰り広げられるチェスのゲームの緊迫感。ただ、勝つためだけではなく、人生自体を表現するようなチェスの駒の動きに魅了される。ずいぶんと長い時間をかけて読んでしまったけれど、この小説にはそれが許されるような気がする。

昨年の本屋大賞5位に選ばれた作品。その前から割と話題作で、私も半年程前に図書館に予約していたのがやっと届きました。 とにかく文章の美しさに圧倒されました。 男はチェスという海に少年を放ち、彼が自ら発… このレビューの続きを見る

小川洋子さん著 本屋大賞5位入賞おめでとうございます! チェスの世界に漂うように生きた チェス指しの少年のおはなし。 私チェスまったくやったことなかったんですけど。 この本はチェス知ってたほうが理解は深… このレビューの続きを見る

主人公は異形の人、といえます。 生れた時から口がぴったりと閉じていて、産声をあげさせるために 医師は鋏で口を切り開き、そこに脛(すね)の皮膚を移植します。 生い立ちも影響して無口に育った少年の友は、デ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:書評 JUGEMテーマ:紹介*批評 JUGEMテーマ:紹介*批評 JUGEMテーマ:読書感想文 JUGEMテーマ:書評 【カナ的ポップカード】 チェスの海を、リトル・アリョーヒンは泳ぐ。 マスタ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:紹介*批評 JUGEMテーマ:読書感想文 JUGEMテーマ:書評 【カナ的ポップカード】 チェスの海を、リトル・アリョーヒンは泳ぐ。 マスターの言葉とポーンを抱いて、インディラとミイラと一… このレビューの続きを見る

3.7

慈しむべき xxx

21:58:By 誰 そ 、 彼

今日は趣味の読書の話でもしたいと思います*本年度は非常にというか狂ったように(笑)本を読んだんですけれども・・・その中でも"これは!"と思った作品がいくつかありました*今日はその1つのこの作品、小川洋子さん… このレビューの続きを見る

私はチェスを知らない。 コマやルールはなんとなくわかっても、実際にゲームをした事がないのである。 この作品がチェスを扱っているのは知っていた。 そしてチェスの醍醐味を知らない私がこの本の面白さを果たし… このレビューの続きを見る

私はチェスを知らない。 コマやルールはなんとなくわかっても、実際にゲームをした事がないのである。 この作品がチェスを扱っているのは知っていた。 そしてチェスの醍醐味を知らない私がこの本の面白さを果たし… このレビューの続きを見る

ぴたりと口をとじて生まれてきた男の子。 回送バスに住む男に教えられたチェスで、彼は美しいメロディを奏ではじめる。 チェス盤の下で、人形の中で。 世界に恐れを抱きながら、密やかなメロディを。 子ども時代の… このレビューの続きを見る

小川洋子の小説を読むのは4冊目です。 最後に涙が出ました。 いい小説なので、 ☆4つにしましたが、 私はさほど好きな本ではありません。 図書館で借りて読み始めましたが、 さほどおもしろくないので、 読み終… このレビューの続きを見る

こういう本に出会うと、本読んでて良かったなーと思います。 淡々とチェスに人生をささげたリトル・アリョーヒンの物語です。 大きくなることを恐れ、デパートの屋上で一生を終えた象のインディラを想い、壁の間に… このレビューの続きを見る

猫を抱いて象と泳ぐ

14:18:By 受賞本

 猫を抱いて象と泳ぐ  著者 : 小川洋子  受賞歴 : 2010年本屋大賞 ノミネート         2009年キノベス 2位

小さな小さなチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの物語。 小川洋子さんのお話は、すべての登場人物か過不足ない動きをし、過不足なく納まるところに納まっている。 どんなに不自然でも、どんなに奇妙でも… このレビューの続きを見る

チェスを題材にした物語です。 駒を着地させた時の音、 勢いよく滑り出す駒、 チェスは、打つ人の人格や人生までを表現するもの・・とし、 主人公である、リトル アリューヒンの打つ駒は、いつも冷静で、 優美な… このレビューの続きを見る

チェスプレーヤーの話。 文章がキレイで読み易くて、チェスが出来ない私でも、リトル・アリョーヒンのチェスの世界に入る事が出来ました。 読んでいくうちに、題名の意味も主人公の設定も自然にまとまっていった。 … このレビューの続きを見る

どこかで聞いたことある著者だなと思っていたら映画「博士の愛した数式」の人でした。すっきりと読みやすいな。ビショップは象が由来の駒らしいよ。

 JUGEMテーマ:読書猫を抱いて象と泳ぐ伝説のチェスプレーヤーリトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くしたせつなく、いとおしい個人的にはとても素敵な作品だと思った少年がチェスと出会いたくさん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般● 猫を抱いて象と泳ぐ / 小川洋子 ● 文藝春秋 ● 1780円 ● 評価 ☆☆☆☆☆ 上唇と下唇がくっついた状態で生まれてきた少年は寡黙な子供に成長し、 住居として改造したバスに住む太った男性… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  すごく評判の良い、この作品。  ああ、でもアタシは苦手でございました。  確かに美しい文章で、 大きくなり過ぎた、象のインディラ、マスター、ミイラ。 特にインディラの生涯の物悲し… このレビューの続きを見る

 今年前半で一番「読んでよかった」と思えた本です。 今年に入ってからも読んでるんだけど、感想を書いておこうと 思えるまでの本にはなかなか出会えていなかったのです。 しかしこれは!もう!間違いなく!読… このレビューの続きを見る

同じ色の升にしか進めないビショップ。 チェスの駒をこういう感じでとらえたのは新鮮でした。 終わり方は意外であっさりしたものだったけど、でもこれが必然だったのかもしれない。 リトル・アリョーヒンの奇跡は伝説となって色あせることがなく、 その栄光は棋譜の中で輝き続ける。 研ぎ澄まされた感覚と息遣いが伝わってくる作品でした。

JUGEMテーマ:読書 今年のGW、自分自身に課した読書ノルマの最後の一冊は、小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」でした。 ぎりぎり今日読み終えました・・・  この本について、まったく予備知識がなかったの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  すごく評判の良い、この作品。  ああ、でもアタシは苦手でございました。  確かに美しい文章で、 大きくなり過ぎた、象のインディラ、マスター、ミイラ。 特にインディラの生涯の物悲し… このレビューの続きを見る

伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説。私は子供の頃に大好きな祖父から将棋を教えてもらって少しやっていた事があります… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説 2009年は小川洋子さんの最高傑作で始まります。天才チェスプ… このレビューの続きを見る

3.7

猫を抱いて象と泳ぐ

01:56:By memo

泣きました。泣くとは思わなかったのに泣いてしまった。『大きくなること、それは悲劇である』これは大きくならずにはいられない万物への皮肉でもあるのかな。大きくなることを恐れ続け、11歳の大きさのままで大… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説

<かつてこれほどもの哀しくて美しい物語があっただろうか、追憶の一冊。> まず最初に本作の感想を書くにあたって、物語と作者の文章があまりにも素晴らし過ぎて感想が上手く紡げないというジレンマに陥ったこ… このレビューの続きを見る

久し振りにめぐねぇさんと電話したら、通話時間が1時間22分でした(笑) 話しても話し足りないですね。 私はたぶん、メールより電話のほうが好きなんだと思う。 ■フィギュア 先日の世界フィギュアで、キム・ヨナ… このレビューの続きを見る

読んでからしばらく経ってしまったけれど。 やっぱりこれは書いておかねばと思ったわけで。 今年の一番はたぶんこれで決定です。これ以上の作品に出会える気がしない。 そのぐらい強烈に心に残ったのです。 もうわ… このレビューの続きを見る

読書熱その2

13:32:By どかでら日記

早く読みたくてすごく楽しみにしている3冊。 恩寵は、私の好きそうな現実にちょっと不思議な点を織り込んでいる話のような気がしたので、勘でネットから衝動買い。 猫を抱いて象と泳ぐは、小川さんの作品を読み… このレビューの続きを見る

なんて綺麗なタイトルなんだろう。まるで詩みたいだ。 最初タイトルだけ知っていた時はどういう内容の作品なんだろうと思っていたけれど、読み終えてこんなにもぴたりとはまったタイトルはないと思った。この人の言… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/3/4〜2009/3/8 [文芸春秋HPより] 伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説 2009… このレビューの続きを見る

伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの、ひそやかな奇跡を描き尽くした、せつなく、いとおしい、宝物のような長篇小説。

少年にチェスを教えたのはマスターだった。 廃車になったバスに住む彼の元に通い詰めた少年には 猫のポーンを抱きながら チェス盤の下にもぐりこむスタイルが定着した。 しかしマスターは心臓発作で一人静かに… このレビューの続きを見る

あまりにも美しく、あまりにも密やかで。そしてあまりにも哀しくて・・・。 最後の一行まで読み終えたとき、私は呆然と立ちすくみました。私はもうこの物語を泳ぎきってふり返る位置にいる・・・そんな儚さに襲われ… このレビューの続きを見る

作家の小川洋子さんの新著です。 チェスを題材にしている小説で、小川さんは2007年3月23日に取材のため麻布学園を訪れています。下の写真はそのときチェス部の部室で質問に応じる小島君。 (写真は麻布学園のHPに… このレビューの続きを見る

関連する商品