DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed プリンセス・トヨトミ - 万城目 学 のレビュー全58件 JUGEMブログ

>
[Amazon] プリンセス・トヨトミ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

プリンセス・トヨトミ
プリンセス・トヨトミで自分のブログにレビューを書く

プリンセス・トヨトミ

おすすめ!3.4 [3.4](58件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:461856位
  • Amazon価格:¥ 1,697
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:416327880X(文藝春秋)
プリンセス・トヨトミのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(58件) 3.4 [3.4]

JUGEMテーマ:読書 女の子になりたい中学生の大輔と勝気で活発な幼馴染の少女の茶子。 ごく普通のお好み屋を営んでる両親に、ごく普通の空堀商店街。 ところが、ここに会計検査院の調査官3人が来たことで、大阪… このレビューの続きを見る

大阪市の橋下徹市長は14日、全市職員を対象に実施している入れ墨の有無を尋ねる記名式アンケートについて「税金で運営され、市民に対して命令を下し、許認可権もあるような権力体の役所、公務員が、市民の目に触… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 『大阪国は、女王を守る。』 ☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより) このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、… このレビューの続きを見る

父と息子の関係に憧れるんですよ。 娘であり、母である私にとっては、どうしたって係る事の出来ないものだから。 そういう物語にやっぱり弱いのです。 私にとっては、鹿男ぶりの万城目さんですが、 今回も、あり得ない設定ながら引き込まれてしまいました。さすが! JUGEMテーマ:読書 

 やっっと読み終わりました。 色々バタバタしてたのもあったけど こんなに時間がかかったのは、初めて〜。 読み終わるのに時間はかかったけど おもしろくなかった訳じゃなくて おもしろかった。 ありえない設定も、他の本で免疫が出来たのか(?) 大丈夫だった。 ので、読書の幅も広がりそうな予感・・・? おまけ 今日のサブちん。

その原作を読んでみました。 ちなみに、今回読んだ本は、、、 万城目学著の「プリンセス・トヨトミ」です! ※ネタバレ有り! 読んでみたんですが・・・ ファンタジーすぎて私好みじゃなかったですww… このレビューの続きを見る

 『プリンセストヨトミ』映画見に行ってきました原作の味もうまくあって楽しめました原作読んだ時と違って「父と息子の関係ってやっぱりいいなあ」って映画見ている間にも時々ほろっとしたり万城目学の世界観… このレビューの続きを見る

 私的活字週間なので映画化で話題の本を読みました。 友人がハードカバーを持っていたので貸していただきました(^^*) 自信を持っておススメする作品です! 読みやすいし、読んだ後も気分いいですし、良い… このレビューの続きを見る

プリンセス・トヨトミ 万城目学 文藝春秋/文春文庫 日本VS大阪。な話(あらすじ大雑把!)。 大阪には数えるほどしか訪れたことがなく、豊臣秀吉が好きなわけでもなく、秀頼に同情したこともなく、ましてや関… このレビューの続きを見る

 5月28日公開の映画『プリンセス トヨトミ』の完成披露会見が、19日、都内で行われ、主演の堤真一さん、綾瀬はるかさん、岡田将生さん、中井貴一さん、鈴木雅之監督、原作者の万城目学さんが出席しました。&nb… このレビューの続きを見る

プリンセストヨトミを読みました。地形とか歴史とかが上手に織り込まれており楽しく読めます。でも結局は親子の絆の話でウルッときます。空堀通り、大阪城など知っている景色もいっぱい出てきて楽しいです。なんだか大阪人になっている自分に気づきます。

冒頭から会計検査院の人たちが登場して、いささかハードルがあがった。会計検査院(堅い)+大阪(馴染みない)、しかし最後まで一気に読んでしまう面白さ。途中何度もプッと噴いてしまう。各々のキャラが面白すぎ… このレビューの続きを見る

分厚さに閉口したが、この人の上手さは「設定力」だと思った。 これはばかりはマネができない。 細野不二彦あたりに作画してもらうと面白い漫画になりそう。

今までの万城目さんの作品の中で一番好き! すごく面白かった。 内容を振り返るとばかばかしいのだけど、 そのばかばかしさを実際にやってのけると偉大さに変貌する。 会計検査院という役所。 三権分立の外… このレビューの続きを見る

万城目さんつづきです。 今回はなかなか読みすすめられず、 1ヶ月ちょいかかってしまった…。 後半は返却期限にせまられて斜め読み気味に(汗)。

壮大な時をかけて、綿々と受け継がれ守っているというのはとてもロマンがあるし、関西のほのぼのとした人情がにじみ出ていて ほっこりできました。よくこんなこと思いつくなという奇想天外なストーリーなんだけど… このレビューの続きを見る

超お久しぶりの日記。 前回から今回までの間に、パソコンも変わったし、住むところも変わった。 PCは前と同じメーカーなのにキーボードの配置が違うので よく打ち間違えて肩がこるのでした。 新居の方は快適であり… このレビューの続きを見る

読んでびっくりしたのは、登場人物にGIDがいたってことだ。 中学生の男の子なんだが、小2の春から中2になるまで毎日神社で「僕を女の子にしてください」とお願いしていた。 そしてついに「学ランは着たくない。」と… このレビューの続きを見る

 東京の会計検査院から大阪へやってきた、松平、鳥居、旭の三人。順調に検査をこなしていき、鳥居と旭のふたりは、社団法人OJOの検査に向かう。しかし、訪ねた事務所には誰もいなくて……?  一方、中学生の真田大… このレビューの続きを見る

お疲れ様です。松田です。 先日路上で受け身をとりました。否。受け身はとれませんでした。で身体の節々が未だに痛いです。 やっぱり受け身は背中からですね、リーダー。 というわけで今月の1冊は今度映画化される… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書富山へ行く道中で読了ソフトカバーなので、わたしの小さな手によくなじみました伏線がわかりやすく示唆されていることと、登場人物が個性的なせいかつじつまが合わない、と思わずに読みとおせた合わないところがあると、もどり もどり読むので最後まで行くのに時間かかっちゃう・・・万城目さんとか 舞城さんとか あと嶽本さんとか 好きになってきたおとなになったわたし

3.4

400年の

23:23:By 一日一讀

京都〜奈良ときて舞台は大阪に。 今作、超現象の存在はなく、おとなしめ〜なカンジでしたが、それでもやっぱぶっ飛んでました。 父子の使命もだけど、母娘の「知らんぷりしといてあげる」教えが、格好良い(笑) 代々伝えられていくものがある、ってスゴイことです。

 今日みたいな日は車で図書館巡りですよね、雨が止んでたらママチャリで行っちゃうんですが・・・で、今のトコロ行ってないのでオリンピック フィギュアスケート女子SPの日の話。サイクリング日和なので、… このレビューの続きを見る

舞台となってる空堀あたりの近くっちゃ近くに住んでいるので、「ああ、あそこらへんだなー」と舞台が想像できてとても楽しかったです。場所がわかるってすごく親近感がわいて好きになってしまいますね。なので星4つー。昨日、ホームセンターに行こうと自転車乗ってたら、視界に急に入ってくるのですよ、大阪城が。まだ慣れません。びっくりする。電車に乗ってる子供ばりに、じ−っとお城見ちゃうから、余所見運転で危ないのです。

3.4

プリンセス・トヨトミ

15:12:By *R

タイトルからある程度内容は想像できたけど、実在する場所で異世界を描くのはホルモーと同じく面白かった。 ちょっとかっこよくしすぎかな?って思ってしまったけど、読み終わったあとは純粋に 「面白かった!」 っ… このレビューの続きを見る

これは面白かった!! 最初の一文から最後の一行まで、丸々楽しめました♪ 読み終わって冷静になれば、突っ込みどころはけっこうあるのだけど。 でも、そんなのどうでもよくなる面白さ。 小さい穴にもわりあい引っ… このレビューの続きを見る

3.4

61冊目

20:56:By ただの日記

 

3.4

プリンセス・トヨトミ

21:19:By

パソコンが使えなくて暇だったんで またまたいつの間にか家にあった 「プリンセス・トヨトミ」を読みました。 大阪を舞台にした作品なので それだけでも楽しく読めました。 さりげなくファンタジーなところも私好… このレビューの続きを見る

「徳川秀忠はわかるか?」「家康の次の二代目将軍やったっけ?」「そうや、この大阪城は徳川秀忠のときに建て始めて、三台将軍家光のときに完成したんや」

プリンセス・トヨトミ

21:57:By

 面白かったなぁ〜! いやぁ久々にこんなクオリティ高い小説読んだよ! すっげぇ面白かった! まず最初の鳥居氏の過剰に活動しはじめる腸 そしてでた屁 給食中読んでて吹きました。 見てた友達に笑われました… このレビューの続きを見る

 遅ればせながら読みました今回の舞台は大阪過去に住んでいた事もあるので生粋とは違いますが地名や雰囲気が分かるのでより楽しめたと思いますもちろん大阪をよく知らなくてもテンポもあるしくどくないのに分… このレビューの続きを見る

「5月末日の木曜日、大阪が完全に止まる。あらゆる種類の営業活動、商業活動、地下鉄、バス等の公共機関も一切停止。しかしそのことは大阪人以外は全く知らない。その発端となったのが、会計検査院からやってきた個… このレビューの続きを見る

『鴨川ホルモー』に引き続き、壮大なほら吹き話(と云ってしまうのはなんだが)が繰り広げられる本作だが、スケールがさらに大きくなってるあたりがスゴい。 なんと大阪の男達は、何百年も前から大阪国の人間として豊… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生… このレビューの続きを見る

 プリンセス・トヨトミ  著者 : 万城目学  受賞歴 : 第141回直木賞 ノミネート         2009年キノベス 4位

この人の本て、何を読んでも斬新で面白い。 笑いのツボが自分と合っています。 まさか大阪がそんな都市だったとは知りませんでした! わしのしらないあいだにおとんや弟はそんな重大な役割を担っていたとは(笑!! 大阪出身者は是非読んでください。 登場人物もユニークでいいですね。 直木賞候補に選ばれましたが、受賞して欲しいです。

  とんと何も書かなくてすいません。軽い欝期に入ってしまって、何をしてもだめ。ダメなときはあがいてもダメなのね。あがけばあがくほど悪くなる。そんなかんなでブログもマシなものが書けそうにないので放… このレビューの続きを見る

文藝春秋 / 2009年2月26日初版 / 1650円 このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。 大阪が全停止した。 長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検… このレビューの続きを見る

大阪が完全に止まってしまった しかし、それが何の話題にもならなかった、恐怖… 【あらすじ】 5月末日の木曜日、大阪が完全に止まる。あらゆる種類の営業活動、商業活動、地下鉄、バス等の公共機関も一切停止。… このレビューの続きを見る

このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少… このレビューの続きを見る

関西の人だから、書けるお話だなぁ、としみじみ。 鹿男、ホルモーは奈良、京都。そしてプリンセス・トヨトミで大阪。 さて次はどこに行くのだろう、と密かに楽しみになった。 プリンセス・トヨトミ。 豊臣だからう… このレビューの続きを見る

 「実生活であまり感情のブレが出ないようするために、物語に入り込む時期」が、時々私にはやってきます。 物語を読んでいろんな事を疑似体験する事で、現実生活ではバランスをとっていられる。と、いうような… このレビューの続きを見る

会計検査院の鬼の松平は部下のミラクル鳥居と ゲーンズブール旭を連れて大阪の検査に向かった。 社団法人OJOという実態不明の組織と連絡がつかず 墓参りも兼ねて大阪に残った松平が案内されたのは大阪城だった。… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 会計検査院という、特殊な役所に勤めている、松平、鳥居、旭の3人は、 大阪にある団体の会計検査を行う為に大阪にやってきたのだったが、 そのうちの1つである「OJO」という謎の団体とは連絡… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。

 単行本だったらほとんど1日で読んでしまうのに、3日かかってしまいました。なぜか中盤まで読み進まなくて・・ホルモーの時と同じ匂いがします。不思議な世界観だな〜大阪が全停止したところから遡って物語… このレビューの続きを見る

本屋で見かけて衝動買いしたものの、なかなかゆっくりと読む時間がなく、先日の出張のときの行き帰りの新幹線でようやく読むことができた本。 どうして衝動買いしてしまったかというと、舞台が大阪だったというこ… このレビューの続きを見る

3.4

プリンセス・トヨトミ

21:12:By

 このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二… このレビューの続きを見る

うぬぬぬ、う、うでがいたい…! 何だか毎年4〜6月あたり、右腕に腱鞘炎っぽい症状が出るんだけどコレは何なんだろう…。 去年だか一昨年だかも腕が痛いよう痛いようとうめいていた気がする  あと、頭痛がする…… このレビューの続きを見る

 

オビには「はっきりいって、万城目学の最高傑作でしょう。」by金原瑞人と書いてあったので、ウシシ、と大いに期待して読みました。面白かった。面白かったけど、最高傑作かどうかは微妙。だって、ホルモーだって相… このレビューの続きを見る

読書熱その2

13:32:By どかでら日記

早く読みたくてすごく楽しみにしている3冊。 恩寵は、私の好きそうな現実にちょっと不思議な点を織り込んでいる話のような気がしたので、勘でネットから衝動買い。 猫を抱いて象と泳ぐは、小川さんの作品を読み… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般●プリンセス・トヨトミ /万城目学 ●文藝春秋 ●1650円 ●評価 ☆☆☆☆ 長く閉ざされてきた扉を開けることになったのは、東京から来た3人の会計検査院の調査員だった。 五月末日の木曜日、午… このレビューの続きを見る

万城目学さんの最新作。デビュー作「鴨川ホルモー」は京都、第2作「鹿男あをによし」は奈良が舞台ですが、今回の舞台は大阪。関西の都市を舞台にすることにコダワリがあるようですねー(まあ「ホルモー六景」の「丸… このレビューの続きを見る

週末に夢中で読んでました。面白かった… 以下ネタバレ

JUGEMテーマ:読書  「待ってました!」の、万城目さんの新作小説です。   いやあ、いつもにも増して、 万城目さん、大風呂敷を広げましたね。  もっとも、今回、少々、広げすぎた感が あるのですが。  … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書   期待しないで、近所の本屋さんに行ったら、ありました。  すごいぞ!T書店、「期 待していないで、ごめんね。」という感じです。万城目さんの作品、久しぶりなので、とても 楽しみ… このレビューの続きを見る

関連する商品