DB Error: connect failed 運命の人(一) - 山崎 豊子 のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 運命の人(一)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

運命の人(一)
運命の人(一)で自分のブログにレビューを書く

運命の人(一)

3 [3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:582344位
  • Amazon価格:¥ 1,646
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:416328110X(文藝春秋)
運命の人(一)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3 [3]

 山崎豊子さんの久々の長編大作 「運命の人」 何と取材と執筆に約8年を要したようです。 山崎豊子さんファンの私は「沈まぬ太陽」以来の楽しみにしていた作品。   約1年前くらいに全4巻を読破 評価と… このレビューの続きを見る

毎朝新聞政治部キャップの弓成は経済担当審議官の安西や大物議員の小平などと太いパイプを持っており特ダネをばんばん上げるなど自らの仕事に自信を持ち現在はアメリカの沖縄返還について取材をしている。ライバル… このレビューの続きを見る

運命の人

21:02:By 受賞本

 運命の人  著者 : 山崎豊子  受賞歴 : 第63回毎日出版文化賞特別賞 受賞

3

お腹がゴロゴロします

13:45:By

  いい天気だ。走りに行けば気持ちいいだろうなあと思うけど、気分は上がらない。 とりあえず、美容室に行って、髪を切ってもらった。まだ、ウェアに着替えて日焼け止めを塗って、家を出る元気は出ない。日… このレビューの続きを見る

沖縄返還をめぐる外交機密文書の漏洩に関与したとして、新聞記者と取材源の外務省女性事務官が逮捕、起訴され有罪となった「外務省機密漏洩事件(西山事件)」を題材にした小説。事件は1972年に起こったもので、当… このレビューの続きを見る

沖縄返還に関する日米の密約をスクープした新聞記者を書いた作品。 実際に起こった出来事をテーマにしてるそうで、当時のことは知らないまでも、実在の政治家や新聞社のもじりの名前を見るとなんとなく臨場感を感じ… このレビューの続きを見る

関連する商品