好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

無理
無理で自分のブログにレビューを書く

無理

おすすめ!3.4 [3.4](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:712503位
  • Amazon価格:¥ 2,980
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163285806(文藝春秋)
無理のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.4 [3.4]

無理

21:55:By sablog8

 なんかすごかったな。 すごい不幸だった。 ありえないぃぃぃ!っと思ったけど けど、そこはそれでおもしろかった。 不幸シリーズ(勝手に命名) 3冊、読了です。

3.4

無理

19:04:By Dimanche

 非常に後味が悪かった。 嫌なもの見たさで読み進めた感じ。 最悪な状況がさらに最悪になっていく人たち。 日本の低所得者の人たちというのは、こんな風なのか・・・と。 日本大丈夫かな?と思わずにはいられませんな。

「無理」を読んだ。

23:25:By ◇◇◇

こちらも図書館で借りてきました。 人口12万人の寂れた地方都市「ゆめの」に生きる5人の群像劇です。 生活保護の不正受給・悪徳商法・新興宗教・ひきこもりなど、現代で問題になって いる事象を題材に話は進ん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ● 無理 / 奥田英朗  ● 文藝春秋  ● 1995円  ● 評価 ☆☆☆☆ 人口12万人の寂れた地方都市・ゆめの。 この地で鬱屈を抱えながら生きる5人の市民が陥った思いがけない事態・・・。 「… このレビューの続きを見る

3.4

無理

20:14:By 刺激のひとつぶ

JUGEMテーマ:読書  ゆめの市という皮肉な名前がついた東北(?)地方の寂れた小さい街で、窒息しそうに生きる人々の様々なストーリー。 アカデミー賞を受賞した「クラッシュ」を想起させる群像劇です。 地… このレビューの続きを見る

無理

02:46:By T_plus!

 三作品の中でも一番新しいもののせいか、洗練されたというか、切先の鋭い印象を受けました。 ヤクザと宗教のおばちゃんはほいほいと思いましたが、他の作品と違ってその土地の情景が浮かんでいい感じ。 最後がピシャッと終わるのも良いですね。 他2作品も大事件ですが、まったく無関係の事件が同じタイミングで収束するというのがおもしろくて、今までの中で一番ワイドショーの食いつきがいいだろうなと(笑)

JUGEMテーマ:読書  合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。相原友則―弱者を主張する身勝手な市民に嫌気がさしているケースワーカー。久保史恵―東京の大学に進学し、この町を出ようと心に決めている高校2年生… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文  「最悪」「邪魔」に続く、群像劇第3弾です。今作は、登場人物が多いです。5人います。前2作は3人だったと思うのですが、その分、エピソードは幅広くなっています。”その分”薄くなっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  同じ作者の「最悪」と「邪魔」は、普通の人が最悪な状態になったり、邪魔になったり、 追い詰められていく様子が悲しくもどこか滑稽な小説だった。 今度の「無理」とは一体どうなんだろうって。 図書館で予約してたのを、受け取りに行って、カウンターで手渡されて びっくり。 すごい重量感。 文章はスピード感があって、読みやすいんだけど。

★★★★☆ *あらすじ* 合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。 相原友則―弱者を主張する身勝手な市民に嫌気がさしているケースワーカー。 久保史恵―東京の大学に進学し、この町を出ようと心に決めている高校2… このレビューの続きを見る

『最悪』『邪魔』に続く、群像劇。  合併でできた地方都市「ゆめの」を舞台にしているんですが、「ゆめの」という名前からはかけ離れた地方都市の現実が描かれています。  夢も希望もなく、読んでいると気が滅… このレビューの続きを見る

どこにもありそうな地方都市。 活気がなくて、でも生きていかなくてはならない・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。相原… このレビューの続きを見る

久しぶりに読んだな、奥田さんの本。 面白いと噂の本だったし、忙しいのが終わったら厚い本を読みたい! という欲求があって、映画祭の前から温めていたわけでして。 弱者を主張する身勝手な市民に嫌気がさしてい… このレビューの続きを見る

無理

15:03:By 受賞本

 無理  著者 : 奥田英朗  受賞歴 : 2009年傑作ミステリーベスト10 6位

JUGEMテーマ:Book review  内容(「BOOK」データベースより) 合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。相原友則―弱者を主張する身勝手な市民に嫌気がさしているケースワーカー。久保史恵―東京の大… このレビューの続きを見る

最高気温1度の今日。空は晴れ雲ひとつなく風がビュンビュン。 体感温度はマイナス2度ぐらい。 それでも日差しがあるおかげでいくらか動きやすいかな。 やっと年賀状を印刷。 してもらった。オトンに。 私は… このレビューの続きを見る

3.4

無理

21:42:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書  『最悪』『邪魔』の奥田英朗が帰ってきた!  人口12万人の寂れた地方都市・ゆめの。この地で鬱屈を抱えながら生きる5人の人間が陥った思いがけない事態を描く渾身の群像劇 町… このレビューの続きを見る

本 「無理」

20:06:By One Fine Day

あぁ、やはり奥田氏の書く本は、いつだってどれだってなんだって私のツボを見事に突いてくる。小説からエッセイ、どれを取っても落胆させるところがない。期待以上のもの。社会派から毒舌吐き捨てスタイルまで、ど… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品