>
[Amazon] 夏目家順路

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夏目家順路
夏目家順路で自分のブログにレビューを書く

夏目家順路

3 [3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1668160位
  • Amazon価格:¥ 12,078
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163296506(文藝春秋)
夏目家順路のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3 [3]

内容(「BOOK」データベースより) 夏目清茂七十四歳、本日脳梗塞のためめでたく昇天いたしました。「どこにでもいるただひとり」の男の一生を、一代記とは異なる形で描いた傑作長編小説。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

あらすじ: 熱田家の母・乙美が亡くなった。気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。乙美の教え子だったという彼女は、生前の母に頼まれて、四十九日までのあいだ家事など… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 夏目清茂七十四歳、本日脳梗塞のためめでたく昇天いたしました。「どこにでもいるただひとり」の男の一生を、一代記とは異なる形で描いた傑作長編小説。 朝倉さんの文章、毎回「好き」って… このレビューの続きを見る

 猫にかまけていますが、仕事もしています。「パピルス」2011年2月号に、『夏目家順路』の書評を掲載していただきました。亡くなった祖父のことを思い出しました。大事な本です。

3

夏目家順路

00:14:By ほんのひとこと

中学を出てブリキ職人となった清茂は妻と別れ子供も所帯を持ち、近所の若者たちの草野球の監督をしていた頃を思い出しながら隣に住む光一郎とスナックで飲んでいるときに倒れた。息子の直は妻の利律子と共に初めて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文 夏目清茂の生涯を 清重自身が振り返るところから始まるのですが いきつけのスナックで脳梗塞を引き起こし死去。 そこから、 家族、知人、孫娘などにより清茂の思い出が語られ、 また同時に… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

JUGEM編集部おすすめ商品