>
[Amazon] 伏 贋作・里見八犬伝

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

伏 贋作・里見八犬伝
伏 贋作・里見八犬伝で自分のブログにレビューを書く

伏 贋作・里見八犬伝

3.2 [3.2](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:750546位
  • Amazon価格:¥ 1,749
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:416329760X(文藝春秋)
伏 贋作・里見八犬伝のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.2 [3.2]

【桜庭一樹 文藝春秋】 どうやらアニメ映画化してたらしいけど、観てないので本書だけで。 桜庭一樹が語りなおす里見八犬伝。 八犬士は伏という妖怪にも似たものになり、江戸の町で夜な夜な人を殺す存在に… このレビューの続きを見る

 こんにちは、前回の記事に書こうと思っていた北海道のゲーム・アニメ関連のイベント開催告知を書き忘れたので、次の記事に〜と思っていましたが書いているうちにイベントが終わってしまいそうなので、とりあえず… このレビューの続きを見る

江戸の町に出没する伏。 犬の血がまじり、人に紛れて暮らしているという彼ら。 倒せば懸賞金がもらえるとのことで、 江戸に住むものはかなり少なくなったという。 猟師の祖父に山奥で育てられた浜路は祖父の死をきっかけに 異母兄弟の道節を頼って山を降りた。 猟師の勘と鼻が利く浜路はすぐさま伏を発見する。

伏 贋作・里見八犬伝 著/桜庭一樹 P474   ≪42文字×17行≫  昨今、江戸を騒がす伏なるもの。見た目は人なれど歯は鋭く、超人的な身体能力。そして体のどこかに牡丹の痣がある。公儀は伏に懸賞金をかけるこ… このレビューの続きを見る

桜庭一樹 「伏」!! 南総里見八犬伝の、贋作 山から江戸へやってきた猟師の浜路 江戸の町を騒がす、犬人間「伏」の信乃 滝沢馬琴の息子、滝沢冥土が語る、もうひとつの里見八犬伝 格好良くて、かなしくて 光で… このレビューの続きを見る

里見八犬伝が下敷きになってるのですが、 元々の話を思い出しつつ。。 +   +   + キレイに2層になった♪ 牛模様がかわいいタカナシ牛乳。 売り場で並んでいると、パッケージの牛がつながってました

時は江戸時代。 伏と呼ばれる若者による凶悪事件が頻発し、その首に幕府は懸賞金をかけた。 伏とは──人にして犬、体も心も獣のよう。ひどく残酷な面があり人々から恐れられる一方で、犬の血なのか驚くほど人懐っ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) いにしえの因果はめぐり、江戸の世に―ちっちゃな猟師の女の子の命を賭けた大捕物。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ いにしえの因果はめぐり、江戸の世に―ちっちゃな猟師の女の子の命を賭けた大捕物。 娘で猟師の浜路は江戸に跋扈する人と犬の子孫「伏」を狩りに兄の元へやってき… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  桜庭ワールド、今度は江戸時代へ! 娘で猟師の浜路は江戸に跋扈する人と犬の子孫「伏」を狩りに兄の元へやってきた。里見の家に端を発した長きに亘る因果の輪が今開く 江戸で「伏」と… このレビューの続きを見る

実を云うと里見八犬伝を読んだことがない。 一応中学時代に現代語訳に手を伸ばしたこともあるし、どんな話かは国語の時間に勉強しているのだけど、最後がどうなるのか全然知らない。 この本は、"伏(ふせ)"と呼ばれ… このレビューの続きを見る

 祖父を亡くした猟師の娘・浜路は、兄の道節を頼って江戸へ来た。江戸では、「伏」と呼ばれる犬人間たちが起こす凶悪事件が増えてきており、浜路は兄とともに伏を狩ることになるが……。  おもしろかったー! … このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品