>
[Amazon] 聖夜 ― School and Music

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

聖夜 ― School and Music
聖夜 ― School and Musicで自分のブログにレビューを書く

聖夜 ― School and Music

おすすめ!3.6 [3.6](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:740587位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163297901(文藝春秋)
聖夜 ― School and Musicのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.6 [3.6]

3.6

聖夜/佐藤多佳子

18:42:By 灯函

JUGEMテーマ:読書  聖夜/佐藤多佳子 私立の神学校に通う鳴海は父は牧師で母はピアニストと幼いころから神と音楽とともにある生活をしている。しかし、鳴海が10歳の頃に父母が離婚し母は再婚相手とドイツ… このレビューの続きを見る

佐藤多佳子さんはかなり前から大好きな、大好きな作家さん なのにカテゴリがなくてびっくりした・・・! 以前のものはすべて購入していたから ここに書いていないのもおかしくは無いのだけどそれにしても! … このレビューの続きを見る

3.6

「聖夜」佐藤多佳子

23:47:By scribble

少し早い、俺たちだけの聖夜。そのオルガンは、特別な音で鳴った。18歳の少年が奏でる、感動の音楽青春小説。青春って感じでいいなあ。 家が教会でありながら、神を信じる事が出来ない鳴海。それは母親が父親と離… このレビューの続きを見る

佐藤多佳子さんは取材熱心なかただ。 『一瞬の風になれ』を読んだとき、取材にかけた年月の長さと観察眼のこまやかさに驚いた。 スポーツがお好きなかただとは言え、まるでご自身が走っているかのような心理描写… このレビューの続きを見る

 牧師の父とピアニストを目指していた母を持つ鳴海一哉は、礼拝奏楽を担当するオルガン部の三年生。後輩・天野のオルガンの音が気になっているある日、オルガン部は秋の文化祭で発表会を行うことになり……。  … このレビューの続きを見る

「パイプオルガン――この心の震えは、祈りに似ている。“俺は記憶のないころから鍵盤に触れてきた”。聖書に噛みつき、ロックに心奪われ、メシアンの難曲と格闘する眩しい少年期の終わり」(出版社紹介文より) 牧師… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 少し早い、俺たちだけの聖夜。そのオルガンは、特別な音で鳴った。18歳の少年が奏でる、感動の音楽青春小説。 「第二音楽室」につづく、School&Musicのシリーズの第二弾です。 主人公… このレビューの続きを見る

3.6

聖夜

09:50:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書  パイプオルガン――この心の震えは、祈りに似ている “俺は記憶のないころから鍵盤に触れてきた”。聖書に噛みつき、ロックに心奪われ、メシアンの難曲と格闘する眩しい少年期の終わり 『… このレビューの続きを見る

関連する商品