DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 走ることについて語るときに僕の語ること - 村上 春樹 のレビュー全43件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 走ることについて語るときに僕の語ること

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

走ることについて語るときに僕の語ること
走ることについて語るときに僕の語ることで自分のブログにレビューを書く

走ることについて語るときに僕の語ること

おすすめ!3.5 [3.5](43件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:16662位
  • Amazon価格:¥ 1,543
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:416369580X(文藝春秋)
走ることについて語るときに僕の語ることのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(43件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:読書 1982年秋、専業作家としての生活を開始したとき、彼は心を決めて路上を走り始めた。 それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、100キロ・マラソンや、トライアスロン・レースを… このレビューの続きを見る

【今日の一冊】:久しぶりに村上春樹。面白いです。 本日はオフだったのですが、来月のケア日程調整でスタッフの方々と連絡。来月も宜しくお願いいたします! お昼は、近所のラーメン屋「弐侍元」に、奥さんと一… このレビューの続きを見る

僕が「走ることについて語るときに僕の語ること 」は村上春樹の足元にも及ばない。 個人的には近年読んだ村上春樹の本の中では一番面白かった。

 「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹著)を読みました。  村上作品の熱心な読者(「ハルキスト」というらしい)には周知のことですが、 作家であると同時に、熱心なランナーとしても知ら… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥620 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

 僕らは初秋の日曜日のささやかなレースを終え、それぞれの家に、それぞれの日常に帰っていく。そして次のレースに向けて、それぞれの場所で(たぶん)これまでどおり黙々と練習を続けていく。そんな人生がは… このレビューの続きを見る

村上春樹の人となりがよく伝わってくる本だ。彼の小説に登場するクールな主人公に魅力を感じていたけど、こういう本を読むとやっぱり主人公は村上春樹本人に繋がっているなあと思う。私はスポーツになんら縁がない… このレビューの続きを見る

今日は11時に起床。なんともまぁ、羨ましがられるだらけた生活ですなぁ。食べたもの・コージーコーナーのチョコケーキ1カット・柿の種1袋・チロルチョコ10個くらい夕食↓・手作り白菜クリームシチュー ・ごはん… このレビューの続きを見る

 1983年のアテネーマラトン間での初マラソンの回想、2005年度ニューヨークシティマラソンの準備期間などの想いをつづる。そして自身の小説家としてのキャリアが、いかに「走ること」と連関していたかを述べる… このレビューの続きを見る

年末年始で全く運動していなかった私。 首が回らないくらい肩が凝っているし、体も硬くて重い感じです。これは、ちょっと体を動かして血行をよくしないといけないなぁ、と思いつつ寒さに尻込み。 「行く? やめと… このレビューの続きを見る

1983年のアテネーマラトン間での初マラソンの回想、2005年度ニューヨークシティマラソンの準備期間などの想いをつづる。そして自身の小説家としてのキャリアが、いかに「走ること」と連関していたかを述べる。内容… このレビューの続きを見る

夏場は気分が落ち込んでいたこともあり、 あまり走ってませんでしたが、最近また走り始めました。 日を空けてしまうと、いつものコースがとてもしんどいです。 そんなときに、たまたまAmazonで見つけた 自分にうってつけの本。 忙しくても落ち込んでいても走る。走ることを日常にしてしまう。 私はまだそんな境地には至っていませんが、 この本には共感できるところがたくさんありました。

 この本を読むと、もれなく走りたくなると思います。有名な作家であり、一市民ランナーである氏が、走ることが彼の人生にどれだけの影響を与えてきたか、が、書かれています。東京マラソンが抽選で当たらない… このレビューの続きを見る

 村上春樹の半生に、走ることが与えた影響が見て取れるエッセイ。単純だから、すごく走りたくなってすぐ走りにいった。今日は夜に走ったので、芦屋浜から見る六甲の光の瞬きがとてもきれいだった。音楽を聴か… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK 今日は雨ですね。 雨の日曜日ということもあり客入りは好調です。 嬉しいですねぇ。 多分、お昼から忙しくなるから早めに休憩を取っています。         今回紹介するのは『1Q&n… このレビューの続きを見る

p38非難を受けたとき、あるいは当然受け入れてもらえると期待していた誰かに受け入れてもらえなかったようなとき………いつもより長い距離を走ることによって、そのぶん自分を肉体的に消耗させる。そして自分が能力に限りのある、弱い人間だということをあらためて認識する。 p39腹が立ったらその分自分にあたればいい。悔しい思いをしたらそのぶん自分を磨けばいい。

オークションで落札したプリンツ21が届きました。金子國義特集号。私の気になる人というのは悉く、好きな画家に金子氏を挙げます。正直言ってしまうと写真とアリス関係以外は私にはどうも凄さは判れど、手を挙げて… このレビューの続きを見る

タイトルからして村上春樹のマラソンの話だけ読んでもと思ったのだが、実際はあとがきで「自分自身について正面から語った「メモワール」のようなものだ」「エッセイというタイトルでくくるには無理がある。」「自… このレビューの続きを見る

【昨日の7行日記】Powered By 須子はるかさん ・今の目標:キャリアカウンセラーの組織を創る ・昨日挑戦したこと:5キロ走る ・一日一善:走った後も走る ・昨日の学び:自分のペースを維持することは難しい… このレビューの続きを見る

1982年秋、専業作家として生活を開始したとき、彼は心を決めて路上を走り始めた。 それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、100キロ・マラソンや、トライアスロン・レースを休むことなく走り続けてき… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 図書館で予約してしばらく待ち、ようやく来るかなと思う頃に間違って予約を取り消してしまい再度待つ羽目になった。 読むまでに時間がかかったが読むのは速かった。 一気に読んだ。 村上春… このレビューの続きを見る

読んだ本 795と5/6

21:47:By

村上春樹著

村上春樹の小説は好きなのだけれど、 そういえばエッセイは読んだことがなかった。 これは、突然マラソンを始めたうちの相方が買ったのを 自動的に貸されることになって読んだのだけれど、 この装丁からは、… このレビューの続きを見る

とうとう読みました。 こちらに居ての欠点はものすごく読みたい本も手に入るまでじっとがまん、というところで。 もっとゆっくり読みたかったのだけれど、いつものワタシの悪い癖でがつがつと一夜で読んでしまっ… このレビューの続きを見る

私は何でも村上さんに影響される。もちろんこの本を読んでジョギングを始めたけどすぐに挫折しました、ちなみに。村上さんと私の違いは多様にあるけれど、決定的な違いは意志が強いか弱いかという違いだと思われる… このレビューの続きを見る

氏が走り始めた理由・走ってきた道のりについて自伝的小説 のような感を受けた。 ただ、読み物としてはとても面白く、すんなり読めるのは村上節 が炸裂しているからなんだろう。あの言い回しや、文章の構 成は独特の世界があり、我々を惹きつける。

JUGEMテーマ:日記・一般 つるっと読めた本。  読み終わったら、なんだろう・・・身体を動かしたくなってくる。 走ろうかな?走ってみようかな?なんて気分にさせてくれる。  書かれた時期はいろいろだけど、『走る』って事に関しての彼の考え、 ポリシーが書かれているのが興味深かった。 多分、この本は今後数回読み返すだろう。なんだかそんな気がする。

墓標に、作家(そしてランナー)と記してほしいと最後にあった。 なるほど。 走ろうと年に三回ぐらい思う。 運動不足やらなんやらかんやらと理由はあるけど継続できない。 継続できない理由は、内から湧き出る”… このレビューの続きを見る

 村上春樹を初めて読んだのは、25過ぎてから。とりあえず、一番有名な『ノルウェイの森』でも読んでみようかと。病み上がりで、すごい中途半端だったんだ、入院するほどでもなく、かといって、働けるほど元気じゃ… このレビューの続きを見る

村上春樹のこの本読んだのが原因か分からないけど、 最近よく走っている。今週は火曜・木曜・土曜。 平日はジムのランニングマシーンで5〜10キロ。 今日は砧公園で7キロ(周回コース x 4周) 運動する… このレビューの続きを見る

(出だし)  真の紳士は、別れた女と、払った税金の話はしないという金言があるーというのは真っ赤な嘘だ。僕がさっき適当に作った。すみません。 しょっぱなから、ハルキ節で始まる本。 読んでいく内に、… このレビューの続きを見る

書くことと走ることの相関関係 2007年11月16日10時00分・ゲンダイネット 「走ることについて語るときに僕の語ること」村上春樹著 (文藝春秋 1429円) 82年の秋からほぼ毎日ジョギングをし、年に… このレビューの続きを見る

突然、村上春樹が好きになった私ですが、この本を読んだ後、週2回のジョギングを毎日のジョギングにバージョンアップしました。 と言うほど、走りたくなる本です。但し、村上春樹の人物像について興味がある人向けですが・・・・

あの村上春樹がランナーだったなんて知らなかった。しかも、四半世紀走り続けているらしい。ランナーとしては気になる本だ。彼ほどの人物でも走っているときは何も考えていないそうだが、それならワタシが無の状態で走っているのも不思議ではない。共感を覚える部分あり、未知なる部分あり、へぇ〜な部分あり、なかなか面白い。初めて自分について語った本とのことで、ランナーではない村上ファンにもオススメ。

村上春樹の新刊「走ることについて語るときに僕の語ること」は、マラソンに関するエッセイである。 孤独な自分との戦いという面で、マラソンは受験とよく似ている。 ページをめくり、マラソンの話を受験におきかえ… このレビューの続きを見る

雨の中を走った。 グシャグシャと。 積極的にずぶぬれになってみるのもいいものだ。 ぬれたらシャワーを浴びればいい。 洗濯をすればいい。 痛手を 停滞を 苛立ちを 争いを 嫉妬を 焦りを 敗退を 絶… このレビューの続きを見る

えー わたくしfacebookで、"Haruki Murakami is (almost) God"というGroupに入っています。 村上春樹を読んだことがないランナーの人達、きっと、 うろこ from eyes です。

タイトルはレイモンド・カーヴァーの 「What we talk about when we talk about love」 (「愛について語るときに我々の語ること」) から来ているわけですが、何とも印象的です。 読んでみて分かったことは … このレビューの続きを見る

寝られないので一気に読みましたー。 村上春樹は作家だけではなくランナーでもあります。 そんな彼が、走ることやトライアスロン競技を通して学んだことが書いてあります。 相変わらず良い本でした◎ 「音楽にコンピュータを絡めない、友情にセックスを絡めない」 「腹が立ったら自分に当たれ、悔しかったら自分に当たれ」 自分なりの流儀を貫いてる人って格好いいなぁ。

唯一無条件で買う作家さん。エッセイだろうが何だろうが。買います。というわけで買って、一日で読破。 いいないいな。好きな人の文章に浸れるだけで嬉しいなあ。 村上春樹にはぜひともドストエフスキーを訳して… このレビューの続きを見る

あうあう。 初日に買うのが基本なのに・・・ 今の頭じゃ読書は無理だし 文庫本を待とうかな。 悔しいなぁ。 どうしよう。 ふにゃ。

Fさんとhさんが来年の東京マラソンに当選し(FさんなんてNYCマラソンまで出ちゃう!)、そういえばNike+なんて買ったよな、なんて思い出してたここ数日。そんな怠惰な生活を送っていたわたしに神の啓示か天の声が!… このレビューの続きを見る

なんだ? なんだ? 新しい本ですか? 画像もないし・・・ わからない・・・

関連する商品