>
[Amazon] 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で自分のブログにレビューを書く

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

おすすめ!3.5 [3.5](44件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:30347位
  • Amazon価格:¥ 900
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163821104(文藝春秋)
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(44件) 3.5 [3.5]

最終的には「やられた」と感じた一作。でもまた読もうとは・・現時点では思わない。 作品の概要についてはWikipediaを参照のこと。 そもそも春樹作品が好きではなかったわたくし。最初に読んだのは「東京奇譚集… このレビューの続きを見る

良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。(Amazon)  何だこの紹介文w  一気に読めるボリュームで、一気… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:音楽 JUGEMテーマ:読書 JUGEMテーマ:恋愛/結婚  昨日ですが名人戦効果か久しぶりに日アクセス2000を超えていました。ほぼ一日家ですが「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読… このレビューの続きを見る

 長いタイトルだなぁ〜と・・・。「色彩を持たない」ってどういうこと?思いながら読むと面白いかも。 最初は単なる名前なんだけど、いろんな意味があることに気付かされる。 主人公はもちろん「多崎つくる… このレビューの続きを見る

前作の『1Q84』以来、判りやすくなったなあと思った。読み出したのは『ねじまき鳥クロニクル』からだが、はっきり云って読んでも残るものがなくて、何故人気があるのか判らなかった。なのに人気があるだなんて、自… このレビューの続きを見る

主人公は名古屋出身という設定ですが、 生粋の名古屋人(或いは中部地方出身人)は皆地元が好きなので、 こういう感想は抱かないと思います。 この点に関してだけは違和感が否めませんでした。 ああ、関東の人が書いたんだな、と。 それさえなければもっと楽しめる話でした。 何年経っても心の中で血を流し続けている過去を持つ人なら きっと共感できる話。

過去に傷を深い傷を持つ多崎つくる。名前に色を持たない多崎つくると名前に色を持つ4人の過去を辿る物語。読み始めに面白味を感じるのは大抵村上春樹作品で感じることで、この作品でも同じように物語に入り込むのは… このレビューの続きを見る

良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。 大学2年生の時に、高校時代から仲の良かったグループの4人から突… このレビューの続きを見る

図書館で3ヶ月待ち。 ようやく順番が回ってきました おもしろかった♪ +   +   + 今日の晩ごはん スタッフド茄子 今日のおやつ 菓子処さとやのバームクーヘン 八海山の新鮮な酒粕が練りこまれたバームクーヘン。 しっとりおいしい〜♪

アカは話を続けた。「はっきり言えば、おれは女性に対して、うまく欲望を持つことが出来ない。全く持てないわけじゃないが、それよりは男との方がうまくいく」部屋に深い静寂が降りた。そこでは物音ひとつ聞こえな… このレビューの続きを見る

久しぶりにうまく眠れなかったので、少し前に買ってそのままになっていたこの本を読んだ。あまり(特にインターネットでの)評判がよくないようだったので、どんなものかと思ったがなんの問題もなくいつもの村上春樹だった。個人的にはこの長さのものではベストだ。一気に読んでしまったので、これから時間をかけてじわじわ読み返したい。 久しぶりにpenを買った気がする。コンビニにて。

 ブクログには再読を登録する機能がない…だったらここへ載せておけばいいか。というわけで、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹の再読中です。丁寧に生きる価値というものをずっと考えながらの半身浴読書。JUGEMテーマ:小説全般

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹」を読む。上下本でないことと、大方は現実的な範囲で話が進むので村上春樹にしては読みやすい。羊男なんて出てこないのだ。もともと短編のネタということで… このレビューの続きを見る

 よい作品に出会うのはそうないけれど、出会えた時の感動は素晴らしい。自分の今の身の丈にあった本がタイムリーにくるのかもしくは自分で共感してしまうのかは、わからないけれど本から学ぶことって多い気が… このレビューの続きを見る

text by uematsuAmazonでこの小説を買おうとして驚いた。なんだかもう、酷評の嵐。なかに「読もうと思ったけど読めずに半分で読むのをやめて、母にあげた。本当に駄作!」みたいなレビューもある。いやもう、それ読… このレビューの続きを見る

久々に本の感想を。最近、本読んでないわけではないのだけど少し減っていることは事実。それとすごく好きな本、に最近出会えていないのでさみしい。以下ネタバレ含む。*とても興味深い設定。4人の色彩を持つ友達… このレビューの続きを見る

 発売の日に行列ができる作家さんなんてすごいですよね。やっぱり読んでおかないと。あっ行列はしていません。なんとも不思議な題名がまずはインパクト大。覚えにくいですが、これは読んでみたらなるほどと思… このレビューの続きを見る

小説の発刊日に行列ができてそれがニュースになるという。 なんとも珍しい現象を起こすことができるのがムラカミハルキ氏。 そしてそんな現象を目の当たりにして、若干気後れするのがアタシ。 この本も発刊前… このレビューの続きを見る

I've just finished reading Haruki Murakami's new book. It was released last month here in Japan and going to come out overseas next year. I've read many reviews of this book in the papers, and oddly?? このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書の楽しみ  タイトルを見て、誰もが思うだろう、「色彩を持たない・・」って何だろう?という疑問。 主人公の多崎つくるは、公立高校時代に、夏休みのボランティア活動がきっかけで友達にな… このレビューの続きを見る

村上春樹の新刊です。今まで出た村上春樹の小説の中で、個人的にかなり好きな作品だった。1Q84みたいに交響曲のようなドラマチックさや壮大さはないが、静かで美しいピアノ小品のような小説であると思う。とても心… このレビューの続きを見る

100万部売れてるというので、とりあえず買っておいて放置していた。なにしろボクはミーハーだ  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくる… このレビューの続きを見る

  買った訳でなく、縁あってうちに来たので読んだ。多崎つくると彼の周りが抱えている心の窪みみたいなものが、意外と深く、これはこの量で果たして治まるのかと心配したりもしたけど、素人からの心配は無用… このレビューの続きを見る

  最初にいうのもなんですが、ラスト3行がとっても好きです!どこか、心の奥底にある「モヤモヤが固まった小石」がドロップのようにトロけ去っていく心地の良い作品とでもいいましょうか。うまくいえないけど… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:小説全般台湾に行ってました。たびのおともは色があってる。春樹フリークでも、アンチ春樹でもないのですが、やっぱ、いちおう読んどくべ。村上春樹さんの小説はなぜか「読んでいる」ということ… このレビューの続きを見る

 昨日は採血・診察・会計・薬で待たされた方が長くて、1冊読み終えてしまった。レビューなど書いたことはないので、感想を書くことにする。多崎つくるが、住んでいた名古屋から大学進学のために上京し、20歳の… このレビューの続きを見る

村上春樹の初期の短編に『駄目になった王国』という話があって、今回の新作を読んだ後、私はその小説の一番最後の一文を思い出した。立派な王国が色あせていくのは二流の共和国が崩壊するときよりずっと物哀しい長編としては、『ダンス・ダンス・ダンス』と『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』が一番好きだわ。なによりもあの一人称。

読みやすく、あっという間に読破。村上春樹の作品では珍しく自分の過ごす日常で、共感出来る作品。人生の、とある時期を共に過ごす仲間との親密性と時間・環境が変わることで(関係性は変わらないまでも)その親密… このレビューの続きを見る

うちの会社の社長は、本当に読む本のジャンルが幅広くて 早速こんなのも読んでました。で、私も借りて読んでみました。 最初は「死」がテーマ?と思って、ちょっと重い話なのかなぁと 思って読み始めたのです… このレビューの続きを見る

今月はwebで「キングダム」という漫画が1〜10巻まで無料公開され、とても話題になりました。14日間限定の無料公開ということで、僕もキングダムを読みたくて何度もアクセスしましたが、アクセス殺到したらしくサー… このレビューの続きを見る

楽しみにしていた新刊本を読みました。 テレビで発売日の0時にカウントダウンで発売開始となったのを見て、「よし、買いに行かなくちゃ」と思い、その日夜勤だったので次の日に本屋さんに買いに行くと、残り1冊… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 / 村上春樹  評価 ☆☆☆☆突然起こった納得のいかない出来事。それが主人公・多崎つくるのその後を大きく決定づけた。これは彼がその出来事… このレビューの続きを見る

 話題の村上春樹氏の新刊である。村上氏の作品は小難しい文字の羅列がなくてよい。なんて大きな口を叩けるのは、まだ氏が東京在住で野球についてのエッセーをのんきに?書いて楽しんでいたころからのリアルタ… このレビューの続きを見る

村上春樹さんの新刊の発売日には本屋の前に特設コーナーがつくられ、路上で販売され、即日完売で数日売り切れ状態。”全く大げさだなぁ”と横目で見ながら自分は買うものか、、と思いつつも、入荷してレジの前に平積… このレビューの続きを見る

優しい音

00:47:By 記憶のシャッター

Leica M9 Summicron 50mm/2.0 2nd『色彩を持たない多崎つくると、 彼の巡礼の年』を読み終えました。いつもの世界。いつものように音楽が聞こえてきて。読み始めはスローで。中判から一気に加速させていき。余韻を… このレビューの続きを見る

 二冊の本を読んだ。「空白を満たしなさい」と「色彩を持たない多崎つくると、 彼の巡礼の年」「空白〜」は、自死を選んだ主人公が生き返り、自分の死因が「自死」であるということが受け入れられず、かとい… このレビューの続きを見る

Haruki Murakami

00:45:By My Favorite Things

発売日当日に旦那が買って来ました。旦那が読み終わったら読んでみようかな (^^)でも、たぶん、、、 前半で挫折しそう(^^;;殺人事件の謎解きにハマれば別だけど…。

村上春樹の新作を 発売日に買いに行った。 リアル本屋さんで買うの何年ぶりだろう? 一軒目のオフィスビルの中の本屋さん、売り切れ。 青山ブックセンター売り切れ。 まさか買えない?と思いつつ 地… このレビューの続きを見る

 『1Q84 BOOK3』(新潮社)以来3年ぶりの書き下ろし長編小説。装画 ・・・モーリス・ルイス ( Morris LOUIS )装丁 ・・・大久保明子(*以下も敬称略とさせて頂きます*)◆・・・◆・・・◆まず最初に… このレビューの続きを見る

 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」発売されてからたったの3日なのにAmazonみるとすごい数のレビュー!良きにつけ悪しきにつけ、村上春樹さんはそういうものを背負っている作家になったのだ。で… このレビューの続きを見る

  村上春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 読みました。   『1Q84』 『ノルウェイの森』 より前の 処女作『風の歌を聴け』から 彼の作品は全て読んでいます。 … このレビューの続きを見る

村上春樹さん・・・初版50万部!!!げ!(笑)やっぱ、買おう!と決めた!(笑)あなたは、買う?!  ↓↓↓___________________________________________________… このレビューの続きを見る

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹さん新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が発売されましたね。渋谷の書店では12日午前0時に入手した人も100名以上。初版で50万部を刷ったそうですからね。 さてこの、「色彩を持たな… このレビューの続きを見る

関連する商品