DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 女のいない男たち - 村上 春樹 のレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 女のいない男たち

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

女のいない男たち
女のいない男たちで自分のブログにレビューを書く

女のいない男たち

おすすめ!3.4 [3.4](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:14997位
  • Amazon価格:¥ 1,700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163900748(文藝春秋)
女のいない男たちのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.4 [3.4]

村上作品の短編を読むのは初めて。 前書きによると、まず1篇の短編を書きあげ、続いて表題に基づいて数編を書き、最後に描き下ろしの表題作を仕上げて本にした模様。著者を捕えた"女のいない男たち"と云… このレビューの続きを見る

絡み合い、響き合う6編の物語。村上春樹、9年ぶりの短編小説世界。 「ドライブ・マイ・カー」「イエスタディ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」「女のいない男たち」 短編集。村上春樹は読みやすいけど… このレビューの続きを見る

 鈴木伸元『性犯罪者の頭の中』を読んで取り上げようかなと思っていたが、切り口がありすぎてうまくまとまらない。まとまらないうちに、合わせて読んでいた村上春樹『女のいない男たち』の一篇に、なにか通じるも… このレビューの続きを見る

 短編集は久しぶり。村上さんといっしょに物語の井戸の中を降りていく村上さんの後を追うように現実から遠く深く物語の世界に入っていくが村上作品の醍醐味なので短編は少しもったいない感じがする。「シェエラザ… このレビューの続きを見る

Men without women

23:53:By in a closet

It is the latest book by Haruki Murakami that came out last April in Japan. I've just finished reading it today. It was a collection of six short stories of love. The protagonist in each story had o?? このレビューの続きを見る

「村上海賊の娘」を一休みして。 +   +   + 朝ごはん いただいた図書カードで雑誌を大人買い。 『BRUTUS特別編集 日本美術がわかる。西洋美術がわかる。』 『男の隠れ家特別編集 高野山1200年の史実』 『カフェ、パン、おばんざい おいしいもん京都』 『自然さんぽ 明日行こう!感動風景の散歩コース全30』

書き下ろしの表題作は いまいち… 「独立器官」・「木野」が 印象に残りました。 「木野」の何も回収されない感じが らしいと言えばらしいのだが 短編の尺の中であまりに回収されなさすぎて 残尿感…  

 だいぶん長い間、ブログを開いてさえおりませんで、すみませんでした。忘れたころに復活です。すみません!  うちの図書館は異動もなく、わりと穏やかに新年度をスタートしています4月から、主に窓口担当の職… このレビューの続きを見る

これを読んだらタイトルどおりの内容なので!あんまりにも男の人がかわいそうで 男子は読まないほうがいいんじゃないかなと思った次の日。本屋に行ったら男性が本屋でこれを立ち読みしているのに遭遇した。腰… このレビューの続きを見る

世間的にはこの短編集、どう評価されているんだろう? 村上春樹の世界だ、といえばそうだろうし、 ただ、昔の(たとえば「中国行きのスロウボート」など)にあるような短編集を知っているものにとっては、 な… このレビューの続きを見る

村上春樹の新刊を読んだら 一人称!一人称!ぼくらの好きな春樹が帰ってきた! テーマに新しさはないけど、嗚呼それでも それでもやっぱり 思春期には少し遅い17歳のとき、私は父親とほぼ同世代で いまやノ… このレビューの続きを見る

ゴールデンウイーク前半で、 長崎→唐津→博多と廻った。 今回は電車を使っての旅。 いつも車だと持ちたいものを持ちたいだけ持っていくが、 今回は準備の段階から、いつもとは違い、厳選。 新鮮。 … このレビューの続きを見る

村上春樹氏の新刊単行本、 『女のいない男たち』 読了しました。 短編集です。6話収録。 「なんとも、村上氏的なタイトルだなあ」 と思いながら読み進み、 最初こそ、なんとなく話に入り込みにくかったもの… このレビューの続きを見る

『東京奇譚集』以来、9年ぶりの6篇からなる短編集。作品集全体のコンセプトが表題名の通りで最も村上氏が得意とする部分と言っても過言ではないと思われる。 どちらかといえば、長編に関しては多少なりともわか… このレビューの続きを見る

ダイヤモンド社から刊行された『さんぽで感じる村上春樹』を読んでみました。 http://www.diamond.co.jp/ 『さんぽで感じる村上春樹』 ナカムラ クニオ(6次元)/道前 宏子(6次元):著 二十四節気… このレビューの続きを見る

 「海辺のカフカ」再再読したくなったのですが、「犬の人生」という未読の短編集を見つけたので、それを読んでいて、その間に、春樹氏の新訳文庫「フラニーとズーイ」を購入。今日からそれを読もうかなと思っ… このレビューの続きを見る

関連する商品