>
[Amazon] 羊と鋼の森

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

羊と鋼の森
羊と鋼の森で自分のブログにレビューを書く

羊と鋼の森

おすすめ!3.3 [3.3](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:2782位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 400
  • ISBN/ASIN:4163902945(文藝春秋)
羊と鋼の森のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.3 [3.3]

激しく恩田陸『蜜蜂と遠雷』と被って感じた。 あちらはピアノ奏者を取り上げ、こちらはピアノの調律師を取り上げている。立ち位置は違っても、どちらもピアノの美しさを語っているのに違いはなく、読んでいるう… このレビューの続きを見る

羊と鋼の森 調律師の人生、成長の物語。 担当する双子のピアニストと関わりながら、成長し、 最後には調律師、ピアニストとと共に、自信を持ち、強い気持ちを持って人生に向き合っていく。 自分… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般    羊と鋼の森 / 宮下奈津(文藝春秋)    評価 ☆☆☆   ゆるされている。世界と調和している。 それがどんなに素晴らしいことか。 言葉で伝… このレビューの続きを見る

宮下奈都さんの『羊と鋼の森』を読みました。 ストーリーはゆるされている。世界と調和している。 それがどんなに素晴らしいことか。 言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。 ピアノの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介     わたしはゆるされているのだろうか   ゆるされたから ここに いられるのか     宮下奈都さんの 『羊と鋼の森』 に接して はじめ… このレビューの続きを見る

3.3

羊と鋼の森

08:58:By 読書三昧

本屋大賞のコレ、読みました? といって隣の席のコが貸してくれた。 あーあ。 本屋大賞にさえピンとこなくなっている自分に苦笑いしながらありがたく貸していただいた。 羊と鋼っていう文字を見ても、ちっとも… このレビューの続きを見る

羊と鋼の森 宮下奈都 本屋大賞受賞・・・ってことで、読んでみた 静かに、淡々とした小説だけれど・・・ 人生に、無駄なことは無いのだと、勇気を貰える一冊 ちょっぴり、心のデトックス

3作品目の宮下奈都さん。 今回の作品は久しぶりにものすごーーく ジーンときてしまった 嗚呼、素敵な本だった〜

初出別冊文藝春秋、加筆訂正あり。直木賞候補作品。惜しくも直木賞の受賞はならなかったけれど読者の脳裡に焼き付く美しい作品であり作者の代表作と呼ぶにふさわしいと感じる。 有体に言えば調律師である一人の若… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品