>
[Amazon] 日本人へ リーダー篇 (文春新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本人へ リーダー篇 (文春新書)
日本人へ リーダー篇 (文春新書)で自分のブログにレビューを書く

日本人へ リーダー篇

3.2 [3.2](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:256541位
  • Amazon価格:¥ 935
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4166607529(文藝春秋)
日本人へ リーダー篇 (文春新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.2 [3.2]

 日本人へ リーダー篇  著者 : 塩野七生

 塩野 七生 1回目 2010.082回目 2010.07●二番目に多く”会費”を負担していながら冷遇され続けてきた日本が、いまだ従来の安保理でトクできると思っている国々の後に従いて、”国連信仰”の再興に努力することは… このレビューの続きを見る

日本人へ リーダー篇という書籍を衝動買いして読み終えた。塩野さんはローマ史がすべてな方なので、すべてがローマ史と紐づいている。いくつか首肯できる点があったのでメモ。・組織が老成することで、問題の解決を… このレビューの続きを見る

日本人へ リーダー編

20:25:By

 。

本屋にふらりと寄って、ふらりと買った本。 出たのは5月だったみたいですが、すごくおもしろかった。 文芸春秋で連載をされていることも知らなかったのですが、私、この本を読んでやっと塩野七生さんがどんな人… このレビューの続きを見る

ランチタイム用のエッセイとして。 このエッセイが文芸春秋に連載されていたのは2003年~2006年頃で、 例えば、当時の首相はあの小泉さんだったりします。 私は、文芸春秋を購読していなかったので、今になって… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:転職活動  職場のある方が、役員から「愛娘の就職先」を斡旋して欲しいという依頼を受け、動いておりました。要は、大学4年生の娘の就職先をなんとかしてくんないか、ということですね。職場… このレビューの続きを見る

七生さんのは、欠かさずに読んでる、ツェーザレボルジアからベネッイアの物語から始まって、探し歩いたこともあるが、ローマ人の物語、特にやはりカエサルの2巻は、秀逸だった。本当に一気ってのは、このことか、… このレビューの続きを見る

関連する商品