>
[Amazon] 探偵ガリレオ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

探偵ガリレオ (文春文庫)
探偵ガリレオ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

探偵ガリレオ

おすすめ!3.4 [3.4](118件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:34044位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167110075(文藝春秋)
探偵ガリレオ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(118件) 3.4 [3.4]

3.4

探偵ガリレオ

21:50:By D.I.'s Memorandum

JUGEMテーマ:読書 ガリレオ・シリーズを改めて原作で読んで見ることにした。 もともとは1996年に出版されたものなんだね。 不思議なミステリーの短篇集という感じ。 1つ1つのリゾルブはなるほどね、と思うけど、 どれも一筋の哀愁を秘めていて、はぁ。。。とため息が出る。

探偵ガリレオ

22:34:By かきなぐりR

ガリレオブームが静かになったのを見計らって、読みました(笑) んもう、素直じゃないんだから☆ 物理学者・湯川学と刑事の草薙コンビによる短編連作集 ドラマ放映からかなり経っているので、内容がウロ覚え状態となっております そのお陰で、あれ見たこれ知っているといったような醒めた気持ちにはならなかったです 以下、続きにて

28 探偵ガリレオ

09:03:By AW

 読んだ。

 物理教授湯川助教授が不思議な謎に挑む。まるで大掛かりな奇術、イリュージョンを見ている様な感覚に陥りました。

Amazonでの内容説明(あらすじ) 火の気もなく燃えあがった若者、 心臓の周りだけが腐った怪死体・・・・ 常識では考えられない謎を、科学者湯川が解明する連作ミステリー Wikipediaでのあらすじ紹介 探偵ガリレオ 発行年月 1998/05 ページ数 293ページ ISBN-10 : 4163177205 ISBN-13 : 978-4163177205

探偵ガリレオ

20:31:By 屑紙

久々に再読 草薙君同様に久保も理系オンチだけど、 物理がとっても分かりやすく想像出来たよ 何より湯川と草薙コンビのやり取りが面白くてどんどん読めた 短編集だったのも良かった ドラマも湯川&草薙で見たかったなあ…! 正直、物理学のトリックよりも 湯川と草薙のキャラクターが魅力的で読んじゃう いいコンビ すっかり二人のファン 特に草薙君のファン

ただいまイケメン教員の研究室に潜伏中.昨日は新鳥栖で乗り換えて長崎に.かもめなんとか号にのっていたのだが,となりの座席に座っていたのが運よく若い女だった.目じりや首まわりの肉から判断して20代前半.ゴ… このレビューの続きを見る

 本日の生け花〜金魚草、チューリップ、ゴット…と柳みたいなん名前わかりませぬ;金魚草って小学校の頃初めて育てた花だったような…紫の金魚草、初めて見ました^^きれいだなー天と地の添え花の長さが難しい… このレビューの続きを見る

図書館にある宮部みゆきさんの本は ほとんど読んでしまって・・・・ 読んでいない本は まだ返却されていないと言う事で ・・・・んん じゃ誰の本を借りていこうか・・・・・ とジィ〜と本の棚と にらめっこし… このレビューの続きを見る

探偵ガリレオ

23:45:By * walk

さちさんからレンタル。 初・東野圭吾。 最近もの凄く本屋で推されてるので興味あって読んでみた。 思ってたより理屈っぽくなくて読みやすい。 短編集みたいな感じでさらさら読めたかな。

東野圭吾2冊目。一冊目は流星の絆。ドラマをやっていたころに7さんに借りて読みました。 今回はabmに借りて読みました。 読んでいると、佐野史郎というより福山雅治が頭の中でしゃべっている(このドラマは再放送で見た)。ドラマのイメージって強い。映像の方がやはり種明かしの実験がわかりやすいので、またドラマ見てみたくなりました。

2010年 No.2 探偵ガリレオ/東野圭吾  警視庁捜査1課の草薙刑事は、難事件にぶつかった時、友人である大学教授の湯川教授の元へと訪れる。 突然頭が燃えた少年たち、池に浮かぶデスマスクと失踪した男性の謎… このレビューの続きを見る

3.4

13、14冊目

22:35:By ただの日記

 

大学助教授の湯川と警視庁捜査一課の草薙の二人が、迷宮入りしそうな事件を解決していく連作短編シリーズ 科学って凄いな、と思った。こんな事、人の力で可能なんだ?もしくは、自然の力によっては、こんな事まで… このレビューの続きを見る

「容疑者Xの献身」があまりにも評判がいいので、その前段で読んでおこうと思ったのがこの作品です。感想はちょっと、わたしの好みではないような…。ともあれ、本格推理小説から離れてしまってからの久しぶりの推理… このレビューの続きを見る

 はてさて前回に続いて新幹線で読んだやつ。久しぶりの東野さんです。つか今更探偵ガリレオです。容疑者Xはまだ読んでないです。いつになることやら。 えとー、何だか小学生の時に読んだ、赤川次郎とか阿刀田高の短編推理小説みたい。あと巻末に俳優の佐野四郎が解説を書いていて、主人公のイメージが自分であることを明かしていますが、ドラマになると福山なんですね。

3.4

探偵ガリレオ

23:39:By lolly popping

世間のガリレオブーム、東野ブームに乗ってみよう! というわけで、ガリレオシリーズ読み始めました。 ガリレオはドラマから入った私。 なので、草薙=男ってところで「えー」っと思ってたんですが。 草薙湯川コンビがすごくよかったです。面白い。 湯川先生が、頭でっかっちででもユーモアがあってとっても面白いです。 ちょっと、湯川先生がシャーロック・ホームズっぽいと思うのは私だけ?

 「容疑者Xの献身」では、探偵役である湯川学が、なぜ物理学者という設定になっていたのかが今ひとつよくわからなかったのですが、この本を読んで納得。連作短編集で5つの事件が修められているのですが、すべ… このレビューの続きを見る

ガリレオ

22:13:By 小説と幻想の本棚

JUGEMテーマ:文庫    ★ 2 ★  【 ココが、面白かった!】 ドラマと映画につられて読んでみた一冊。 面白いとは思うけど、やっぱりドラマが好きだ。 福山の変なひらめき方とか、音楽が良かったの… このレビューの続きを見る

古本屋にて購入。 本当は加賀恭一郎シリーズが欲しかったのですが1冊もなく、こちらのシリーズが2冊あったので。 ドラマは見てないのですが福山さんを想像して(^^) 作者自身が工学科出身ということで得意分野な… このレビューの続きを見る

映画の「容疑者Xの献身」を見ましてね。ちょっと本のほうも読んでみようかと。どうせみるなら最初のやつから見てみたいと思った次第です。ドラマは見てませんがドラマっぽい感じですね。数件の事件を集めて一冊にし… このレビューの続きを見る

やばいやばい。また書くのほったらかしにしてる。こちらもリヨンの友達のところから拝借してきたもの。東野圭吾の作品のなかでも私の中での評価高め。まあ、私が東野圭吾を好きになれない理由はその登場人物たちを… このレビューの続きを見る

あれ?見たことあるタイトル?と思って手に取り、パラパラと読んでいて、そのままスーっと引き込まれて読んでいました。そういえば、数年前にドラマになっていたのですね。ドラマと本とは切り離して考えた方が、楽しめるような気がします。でもそれは難しいのかなぁ、、、、。う〜ん。さぁさ、仕事、仕事〜〜。本日はflash作成中。もうひとふんばり、頑張ろうー!!

周りで勧める人も多いためようやく読んでみました。話題作。 もともと速読みなのもあり、読みやすさもあってか 6時間ほどで一気に3冊読んだ…。 特に「容疑者Xの献身」、衝撃としか言いようがありません。 タイトルの意味がわからなかったけど、ちょっと納得。 新しく出た「ガリレオの苦悩」、「聖女の救済」も読んでみたいもの。

3.4

探偵ガリレオ

13:47:By bookshelf -13-

  

3.4

探偵ガリレオ

06:08:By DoWhat10!

ガリレオシリーズの一番最初?なのかな。 短編集です。 ミステリーというか、科学的なトリックが満載で まったく理系な頭を持ってない私としては ただただ感心。 作者のイメージとして、湯川は佐野史郎らしく この本の解説も彼が書いているんだけど 私の場合、ドラマ&映画版の福山のイメージが強すぎて(どっちも見てないけど) 佐野史郎は無理だ…(笑)

彼の作品は、白夜行と手紙だけ読んだことがあるはず。結構おもしろくてほかにも読もうと思ったけど、あまりたくさんあってやめてた。ミステリーだからすぐ読み終わっちゃう(読みでがない)のにたくさんあって、金… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  はい、ガリレオさんです。 ガリレオさん〜って感じです(何) 映画でずいぶんと、ガリレオ=福山ってイメージがついちゃいましたが 本当のイメージキャラクター… このレビューの続きを見る

私の誕生日に起きたあの事件の犯人が捕まって真っ先に思い出したのがこの小説。ていうか、数日前読んだところだったからなんだけどさ。 このシリーズは結構「ありがちだけどあまり捻ってない理由」で人を殺す人… このレビューの続きを見る

   常識を超えた謎に天才科学者・湯川学が挑む、連作ミステリー第1作。 ドラマ化、映画化もされたガリレオシリーズだけど、ドラマを先に観ていたせいか、小説の楽しみが半減した気がする。 どうしても、福山雅治をイメージしてしまう(笑) これってドラマではどんなんだっけ?って考えちゃって、ドラマが観たくなった。 それなりに面白かったけど、東野さんは長編のほうが好きだなー。

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理… このレビューの続きを見る

 本日、探偵ガリレオを読了しました。  内容はドラマで放映された、燃える、転写る、壊死る、爆ぜる、離脱る、の五作。もっとも、ドラマとストーリー本質は同じだけど、異なっている作品がいくつかあります。… このレビューの続きを見る

 

 

ずっとこの本は積んでいたんですが、直木賞受賞作の『容疑者Xの献身』が文庫オチしたらシリーズ続けて読もうと思っていて・・・そしたらドラマ化に映画化となんだかすごい事に・・・思いっきり読む時期をハズしてしまい… このレビューの続きを見る

 

3.4

探偵ガリレオ

16:04:By Y U P P Y

今度はゆっくり読める本を、と思ってたのにまたサクサク本に手を出してしまった。。。 言わずと知れた月9の「ガリレオ」の原作です。 と言いながらドラマ版ももちろん映画も1回も見たことがない私。 ただ東野圭吾… このレビューの続きを見る

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、 幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、 必ず訪ねる友人がいる。 帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。 常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

探偵ガリレオ

23:50:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  実は、これからの3冊は、仕事関係の取引先から、強奪同然の借り方をした。ちょっとプッシュしたら、貸してもらえた。いやあ、書痴冥利に尽きる。 探偵ガリレオ。シリーズの1作目であ… このレビューの続きを見る

 若者の後頭部から火が出た! 中学生が拾った精巧なデスマスクの正体は! 男の死体は心臓付近の細胞が完全に壊死していた! 普通では考えられないような奇妙な事件が起きると、捜査一課の草薙は帝都大学へ足を… このレビューの続きを見る

東野圭吾「探偵ガリレオ」,読了.このシリーズは短篇こそ本懐で,長篇の方がむしろ異色なのでしょうね. 最近の作品から読んだ身としては,湯川が普通に「探偵」しているのが意外でした.草薙に対しても割と協… このレビューの続きを見る

2008年おすすめ小説ベスト3を大募集! って事で、ウチも参加してみる。 おすすめ、っていうかここ最近自分が読んだヤツを3つ。 他にも色々読むには読んでる筈だけど、記憶に新しいのはこの3つ。 ここ最近・・・小説っていうより、自己啓発系の本の方が読むの多いもんなぁ・・・。

 いや図書館で順番回って来たので借りに行って読んだんですが。ドラマで『ガリレオΦ』を見てたのであのまんま、マッド物理学者探偵ものとして楽しく読みました。1時間かからなかった。 内容的には借りて正解かな… このレビューの続きを見る

追記: ドラマ『ガリレオ』再放送やってたので観ました!   また今度レビュー書きます。JUGEMテーマ:東野圭吾 thanks to: フジテレビ『ガリレオ』関連本レビュー: 東野 圭吾*『容疑者Xの献身』*『レイクサイド』*『白夜行』*『夜明けの街で』*『流星の絆』ブックマン: WEBサイトに記事掲載!

3.4

 

19:51:By パンとサーカス

友人にドラマを薦められ、それなりに面白かったので原作も読んでみたんですが 個人的にはドラマより原作のほうが面白かったです。 連作短編集になっている上に文体もすごく読みやすいのですぐに読めます。 科学… このレビューの続きを見る

映画『容疑者Xの献身』に触発され、小説『探偵ガリレオ』を読みました。 (映画鑑賞記事はこちら→映画『容疑者Xの献身』を観た!) 東野圭吾さんの作品は初めて読んだのですが、さすがに名前の通った方の作… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 突然、燃え上がった若者の頭、 心臓だけ腐った男の死体、 池に浮んだデスマスク、 幽体離脱した少年… 警視庁捜査一課の草薙俊平が、 説明のつかない難事件にぶつかったとき… このレビューの続きを見る

映画で容疑者xの献身を見て、他のガリレオシリーズを読みたくなって借りてみた☆短編5本で構成されていて全体的なつながりは特にないが、湯川と草薙のコンビネーションがだんだんと愛しく感じられるようになってく… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮かんだデスマスク、幽体離脱した少年 …… 警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事… このレビューの続きを見る

こんばんは、 勉強もせずに ガリレオばっかり読んでます 英検が近いことに気づいて 少しばかり危機感を 覚えましたけれども← 明らかに読む順番 間違ってました 容疑者X〜⇒この本 て 回想ですか的な で… このレビューの続きを見る

よんだですよ♪ うちでね、ガリレオ再放送やりよってん おもしろそうやったけん、原作読んでみました! 東野圭吾はいいよね でわ、いってきます

天才科学者が常識を超えた謎に挑む連載ミステリーのシリーズ第1作 ドラマを観るまで、これがシリーズものだと知らなくて『容疑者Xの献身』を先に読んでしまっていました JUGEMテーマ:読書

ドラマでもやっていましたが・・・ 読みやすくて、おもしろいです

調査中に読んだ スルスル読めた 面白かった ●調査行ったとこ タタミって和む 寝っ転がって読んだ なごむ 2人して寝転がって うちは読書 もう一人は電話 施設の人に見られた アイタタ 五輪野球については何も言いたくないです

刑事の草薙が様々な謎の事件を大学時代の友人で現在は大学で助教授になっている湯川にアドバイスを求め、事件解決のヒントとしていくミステリ。 事件はどれもオカルトめいていたり、普通の病死のように見えたりし… このレビューの続きを見る

探偵ガリレオ

00:40:By telescope

ドラマになった原作です。 本では刑事さんは男でした。 ドラマは1,2回しか見てないのですが、 原作のトリックは使ってなかったな。 雰囲気はドラマと本ではかなり違うと思います。 ドラマより本の方が先生… このレビューの続きを見る

警視庁捜査一課の草薙は、難事件になると必ず訪ねる人物がいる。 帝都大学理工学部物理学科の助教授の湯川だった。 常識を超えた謎に、科学の力で事件解決へと導く。 月9枠でドラマ化されたので、読んで… このレビューの続きを見る

ドラマの原作がこちら。 意外と人気あるみたいです〜。

東野圭吾作品に初挑戦。 テレビドラマでもやってましたよね。観なかったけど。 福山さんが湯川教授だったのは知ってたので、福山さんの顔を 思い浮かべて読んでました。 不思議な殺人が起こるっていうのは面白い。 だけど謎を解くための科学的理論が難しい・・・ なので★4つ。 他にも「犯人のいない殺人の夜」と「探偵倶楽部」を所有中。 いつ読み終わるかな。

JUGEMテーマ:小説全般  東野圭吾著『探偵ガリレオ』を3日に読了。  突然若者の後頭部が燃えた。警視庁の刑事・草薙は、この不可解な現象の謎を解くために、親友で物理学の助教授・湯川の元を訪れる――探偵ガリレオシリーズ第一弾。  以下、ネタバレありの感想。

JUGEMテーマ:読書 えっ…… これなーに?という感じ……。 ドラマの視聴率が高かったという噂を聞いて、読んでみたんですが……。 面白くなるはずなのに、面白くない…という感じ?

3.4

探偵ガリレオ

11:54:By 身の丈日記

ドラマは見てました、ということで原作。 かなりライトに読めます。単純に面白かった。 ドラマを先に見ていたので、頭に映像が浮かんでいた おかげもあるかな。 福山と北村、でやらせても良かったんじゃねかー。 JUGEMテーマ:読書

3.4

探偵ガリレオ

19:50:By engawa@cafe

原作どおりドラマ化しても面白かった気がするなあ・・・。 ドラマから入って、多少いじっている部分はあるものの、大体のトリックは解っているので、湯川と草薙のコンビを楽しみながら読みました。親友という存在… このレビューの続きを見る

なかなか・・・。 気軽に読んでます。

JUGEMテーマ:読書 まーしゃのどらまはみていません …まーしゃって言ってた気がしたんですスイマセン。 でも湯川先生が福山くらいカッコエかったら、天はニ物も三物も…って話になって逆に嫌味だから、私の想像する湯川先生くらいが丁度いいんだと思うよ!(失礼)

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理… このレビューの続きを見る

3.4

探偵ガリレオ

09:59:By FMふなばし

若者の燃え上がる頭、池に浮んだデスマスク、心臓だけ腐った男の死体、海水浴中の突然の火柱に巻き込まれた女性、幽体離脱した少年。物理学科助教授・湯川学が説明のつかない難事件を解決する。 ドラマが面白か… このレビューの続きを見る

短編集。テレビドラマがやっていたみたいなので、どんなものかと思って読んでみました。 そりゃあもう、読みやすい。良くまとまっています。 誰にでも書けそうでいて、ここまでコンパクトにシンプルにするのは難… このレビューの続きを見る

最近の“大衆小説”の傾向を知らなかった私。 なるほど、こんなのがウケてるんですねぇ。 テレビドラマの最終回を観終わってすぐにアマゾンで注文。 なるほど面白かったです。 ただ軽い。 各エピソードとも、半分くらいでオチが読めちゃうというか… それでも会話や情景描写の雰囲気とかで読ませちゃうのが力量なんだろうなぁ。

東野圭吾

久々に本読みました!南條です。 職場のパートさんで、凄まじい読書家の方がいらっしゃいまして。 ちょっと、ドラマ「ガリレオ」の話をしたら、本を貸してくれました。 短編集とのことで、活字離れ甚だしい私… このレビューの続きを見る

買っしまいました。だって気になったんだもの。 これを読むと、ドラマがいかに『ドラマ用』に脚色されていたのかよく分かります。 こ、これ…原作先に読んでたら多分私、ドラマに対して怒り心頭だった…(笑) そ… このレビューの続きを見る

ドラマ「ガリレオ」がきっかけで友達に借りて読みました。 5つの話からなる短編集なので、軽くすいすいと読めます。 動機や人間関係よりも殺害方法に重点を置いた内容で、ドラマとは楽しむ点が違うように思いました。刑事も原作だと男です。 聞きなれない現象や器具がたくさん出てくるので、新しい知識を得るという点では面白かったですが、もう一度読みたいとは思わないです。

ガリレオ面白いよねー これもってる人貸してwwwww ガリレオの中で出てきた 名ゼリフを募集www 誰のセリフかも書いてコメントにwwwwww頼ます

テレビでドラマ化されたので読んでみました。 ええと…中身忘れちゃった(笑) テレビの最終回があまりにもくだらなくてなけました。 一話目とか、テレビのが出来がよくてすばらしい!と思ったのにね〜。 東野さんの短編ミステリは初めて読んだかもしれません。 まぁ可も無く不可も無く…「容疑者X」で出てきた湯川先生には、唐突すぎて何の感慨もなかったですが、これを読んでからだと違うのかもしれないですね。

JUGEMテーマ:読書 めっちゃ昔に読んで、読んだことすら忘れてたけど、読み出したら あれ?読んだことあるかも…って思ったら同じ本が本棚のすみに… なので、古い方は、お風呂用にして、お風呂で読みました。 … このレビューの続きを見る

ドラマの予習として読みました← うちはやっぱ内海刑事より草薙刑事のほうが好きだなあ。 あのへたれ具合が。 ドラマ9話10話で転写ると爆ぜるを混ぜて前編後編でやるのが許せません。 絶対矛盾が生じるって!! 東野氏は大好き(急だな 発想が天才だと思うね。←えらそう ちょっとドラマには不満があるけどまあいいや

JUGEMテーマ:読書 言わずと知れた、月9「ガリレオ」の原作。 東野さんは元々気になっていたので、読んでみました。 形は、いくつもの事件が詰っている短編推理小説です。 実に読みやすかったです。 話… このレビューの続きを見る

言わずと知れた放送中のドラマ、ガリレオの原作本です。 こちらの主人公は宇津見刑事ではなく、彼女の先輩(北*村*一*樹)です。 ドラマではまだ放送していない(もしくはされない)話も入っています。 ドラマ内の台詞も一緒で、ドラマを見てからでも十分楽しめます。 小話形式なので時間が無い方にもオススメです。 以下サイトの裏話。

◆『探偵ガリレオ』(東野圭吾) ドラマの原作。短編集です。 トリックに科学的な現象を用いていて、 理科的な好奇心をそそられるという点では とても独特で面白い話でした。 ただ、ストーリー自体はどこにで… このレビューの続きを見る

この10月から月九でドラマ化されるということで早速読んでみました。 福山雅治、柴崎コウということでちょっと楽しみ。 お話は怪奇現象のような事件を科学的に分析し、なぞを解き明かし事件を解決する推理もので… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ドラマは全く見ていません 見ていないけど、世間で評判のドラマの原作を読むという、私のいつものパターンです。 天才物理学者の湯川学と、警視庁の草薙俊平の同級生コンビで、奇怪な事件を… このレビューの続きを見る

初めて読んだのは何年前になるか。初出が10年くらい前だから、ずいぶん前に読んだのだなぁ。ドラマ化したのを見ていると、近所の小さかった子が今や中学生になり、部活動のキャプテンを務めている様を見るようで、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なぜか喰わず嫌いで、 『毒笑小説』っていう明らかなマイナー本しか読んだことなかった、 東野初心者な自分ですが、 月9に触発されて買ってしまいましたよ、ええ。 だって、生協で安か… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、 池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年… 警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件に ぶつかったとき、必… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 若者の頭がいきなり燃え出した?!なんでそんなことがいきなり起こり得るのか?刑事草薙には解けることのない謎を旧友の物理学者湯川の助けを借りながら次第に解決に向かう短編オカルトミステリー小説。

探偵ガリレオ

13:07:By 犬と花畑を…

Uさんに借りて読みました!!! 軽くネタバレ感想書きます。 ドラマでは湯川先生と内海さんというコンビだけど、この原作では湯川先生と草薙さん(男)というコンビ。 私はドラマから入ったので、最初は戸惑い… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ 月9の「ガリレオ」好きです(笑)。 ドラマの初回放送を見て、即買いしちゃったのが 「探偵ガリレオ」と「予知夢」。 同じテーマというか、同じ不思議現象を扱ったストーリーなのに… このレビューの続きを見る

&予知夢 面白かったです。 でもあれだね、草薙刑事、結構「お前が犯人に違いないぃぃぃー」ってなる人だよねvv 嫌いじゃないけどCSIベガス見てるとなんか珍しくて。 CSIマイアミみるとデジャヴだけどな!!! 文庫版の解説がちょっと涙を誘うよ。

読んだよ、ガリレオ・・ でもねぇ、ドラマのイメージとは全然違うよ。 ドラマ見て東野作品初めて読んだ人もいると思うけど これは軽いエンタメ小説。 やっぱりほかの作品も読んでほしいです。 著者は理系大学出身で理系企業勤務という経歴もあるので 理系分析、物理学大好きな人には面白い読み物だと思います。 東野さんと清水義範さんは私の本読みリストの中では双璧をなしています。

科学などで解く推理物は苦手だけど、これは科学がわからない人でもすんなり読めると思います。草薙が頼る大学教授湯川は、人間性も面白いのであこがれます。

あっとういうまに読めちゃった文庫本 今なら、テレビの広告がついているってなもんです。 好みはあるでしょうが、この著者の才能は計り知れないですね 実は彼の作品は初になりますが、なかなか面白い。 最初ド… このレビューの続きを見る

突然、燃え上がる若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、幽体離脱した少年……。天才科学者が常識を超えた謎に挑む連載ミステリー 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽… このレビューの続きを見る

湯川助教授が科学的なアプローチから事件解決のサポートをする短編集。 やはり「白夜行」や「幻夜」といった長編に比べると軽い、というか軽すぎる印象はあるが、東野ビギナーにはお勧めできるかも。 個人的には… このレビューの続きを見る

月9でドラマ化、しかも福山雅治さんが主演!ということで読んでみました。 私は典型的文系人間なので、 トリック自体は文字情報のみでは理解できませんでした… (ゆえに個人的にはドラマでの再現に期待… このレビューの続きを見る

 ドラマが時間的に見れないので悔しかったのと、前々から欲しいなと思っていたので購入。放置を経て一日で読みました。ちなみにドラマは一切見ていないので、わりと偏見が混じってるかもしれません。  まず、こ… このレビューの続きを見る

うむ、すいすい読める。 スイスイ読める軽い感じのミステリーって感じかな? 平積みになっているのでなんとなく興味をもって読んだ。 値段も文庫本らしくてよい感じ。 読み返すかどうかは、不明だな。

今旬ですね!! あたしはドラマの話をしてたらお母さんが家に本あるよ−。 って教えてくれて読み始めました。 それで読み終わってから今週の月曜日初めてドラマ見たんですが、 なんていうか..うーん..って感じです… このレビューの続きを見る

 ドラマ化されたのを機に再読。  不可解な事象を伴う事件が起こると、警視庁捜査一課の草薙俊平は、親友である帝都大学理工学部物理学科助教授の湯川学を訪ねて助言を請う。一見オカルティックな事件を、科学の… このレビューの続きを見る

思いっきり流行りに乗ってみた。 ドラマの広告を見て、素直に面白そうだなあと、 はい、 正直に言うと柴咲コウが見たい。。。 小説読んだら、 柴咲コウに該当する女性がいない!? それと思われる男はでてきているけど、 あーそうなんだ。 ちょっと残念。 テンポよく進む、 1話完結で続いていくので 寝る前にさらっと読める。

イケメンでスポーツもできる天才科学者、 湯川学が登場する一連のシリーズの1作目。 短編が5つで、ちょっとあっさりしすぎかなー、 とも思うけど、謎のバリエーションが広くておもしろい。 草薙刑事のため… このレビューの続きを見る

ちょうど、いい機会だなぁと思って紹介☆ えぇ、福山氏目当てでドラマ観てますが何か? ってか福山氏のドラマめっちゃ久々!!

今日からTVで始まりましたね。 本も面白いですよ。

フジで、福山雅治主演でドラマがスタートしましたね。 私、自称東野ファンですから、当然ずっと前にこれは読んでいます。 理系の東野氏らしい、科学的な作品です。 ちょっと変人のガリレオは、こんなイケメンな… このレビューの続きを見る

今日から月9で「ガリレオ」が始まります。 この本は、ドラマの原作となっている東野圭吾さんの本です。 (「白夜行」の著者です。) 草薙刑事と湯川助教授による難事件解決の物語です。 テンポ良く話が進み、おもしろかった。 多少、登場人物は違うけど、ドラマもきっと面白いだろうな。 湯川助教授は福山雅治さんが演じます。 ん〜、ピッタリ

東野圭吾さんの小説。 帝都大卒の刑事 草薙 と 帝都大助教授 湯川が主な登場人物。 ちなみにつながりはバトミントン部。 やはりこの「帝都大学」は東京大学をイメージしたものだろうか。 帝都大学という… このレビューの続きを見る

「探偵ガリレオ」読了。 …フツーだった。 この時期にこの本を読むヒトのほとんど(言い過ぎかな…)がそうだと思うのですが、 私も「福山雅治が主演でドラマ化!」なので読んでみようと思った1人です。 だ… このレビューの続きを見る

警視庁捜査一課の草薙俊平は奇怪な事件がおこると、友人の帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学を訪ねる。 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…。湯… このレビューの続きを見る

最近飛行機での移動が続いたので 本を数冊読みました。 今度月9でやるってって 面白そうだったので 買いました。 理系人間でなくても フツーに面白いと思います。 ドラマでは助教授役は福山ですが しかし、どうしてか 読めば読むほど トリックの阿部ちゃんが思い浮かんでしまう そんなガリレオです。

ガリレオ先生

22:30:By ユノコヤ

10月からの月9ドラマで、福山がやるという「探偵ガリレオ」を読んでみました。 これが最初で、 ・予知夢 ・容疑者Xの献身 と続くわけです。 容疑者Xの献身を読みたいために、まずは1作目から試しました。 順序は守るタイプです。 たぶん。 感想としては、まだキャラが立ってないなーという印象でした。 予知夢では期待してますよ?

天才物理学者湯川が事件の謎を説き明かすシリーズの第一弾。 ちょっと考えつかないかたくりがたくさんで楽しめました。 難しいことはわからないけれど、 最初の赤い糸、レーザー光線ではないかとは思ったわ。 … このレビューの続きを見る

10月からの福山雅治主演ドラマの原作、ということで探しました。 東野圭吾さんの作品は好きなので、買ってでも読みたい!というのもあります。 探偵ガリレオのモデルが佐野史郎…。 それは知っておいてよか… このレビューの続きを見る

東野圭吾作品の「探偵ガリレオ」が10月スタートのフジテレビ、月9でドラマ化されるというニュース記事を見ました。 大好きな作家の作品を、大好きな福山雅治主演でという、大変嬉しいニュースを発見! 実は、この作品はまだ読んだ事がなかったので、早速、探偵ガリレオと予知夢を購入してしまいました。 楽しみだわ〜

一見オカルトちっくな事件のトリックを科学で理論的に暴く短編集。 軽い読み物になっています。 ただ短編集なので登場人物も少なく、犯人は誰なのかという醍醐味は薄い気が。 理科は好きだったし、楽しく読めました。 これシリーズ物なんですね。長編が読みたいです。

先日読んだ「容疑者Xの献身」に登場する物理学者・湯川が出ています。 「容疑者Xの献身」での謎解きが面白かったので他の作品を読みたくなり、図書館で予約して取り寄せました。 こちらの作品はトリックが物理や化学に関係していて、「容疑者Xの献身」とは少し違った印象を受けました。

3.4

探偵ガリレオ

01:29:By 独り言の続き

これまた姉の本棚から失敬して読み耽った東野圭吾作。 直木賞を取った割には世間の評判は二分されていて、 白夜行を読んだ人はこんなのツマラン!とよく言っています。 アタシは好きだけどね。 主人公は刑… このレビューの続きを見る

3.4

探偵ガリレオ

11:16:By adabana

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理… このレビューの続きを見る

『探偵ガリレオ』 東野圭吾 文庫本2冊目。 これもシリーズ物です。 ガリレオシリーズ第一作。 一言で言えば、科学無知な私にとっては難しすぎる内容。 天才科学者、湯川学が不可解なオカルト現象に … このレビューの続きを見る

関連する商品