>
[Amazon] 斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)
斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇

おすすめ!3.6 [3.6](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:8726位
  • Amazon価格:¥ 713
  • ユーズド価格:¥ 344
  • ISBN/ASIN:4167151111(文藝春秋)
斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.6 [3.6]

没落貴族の哀歓を描いた「斜陽」。太宰の文学の総決算「人間失格」。美しい友情の物語「走れメロス」など、日本が生んだ天才作家の全貌 ……引用元Amazon   お顔を横に向けたまま、ま… このレビューの続きを見る

昨夜は桜桃を。i文庫HDで、青空文庫から。芥川龍之介にくらべると太宰治の日本語って、ぐっと現代に近寄っている感じがします。中編かしら、と思って読み始めたら、ばつんと物語が終わり、あらら、電子書籍は物語… このレビューの続きを見る

  「人間失格」 長い長い時を経て再読してみると 自分の心の変化にも驚きました。 だけど

ついこの間あったかくなったのにー、と思うまもなく今日は極寒。 でもこの春先の寒さ嫌いじゃないなー。むしろ好きだ!それは私が寒いのが好きだからだろうと言われたらそれまでだがなんつーの、春と冬のおしくらま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:大学受験 今年生誕百周年で全国フィーバーだった太宰治について書きます。 太宰文学をふんだんに盛り込んだ『ヴィヨンの妻』や人気のある俳優さんを起用した『人間失格』、「パンドラの匣」の映画化な… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマでは「オススメの本」ですが、本当にオススメかというと斜陽、人間失格はあまり・・(笑)なので、☆は3つ。 太宰文学は、読み手をぐいぐい惹きつける文体が特長です。『走れメロス』は中学校の教科書によ… このレビューの続きを見る

再読。あれこれ手に取るより同じ本を何度も繰り返し読むタチなのでなかなか新規開拓できないのだけど読むたびにウーンと心から唸る傑作が世の中にはたくさんあるから良いのです。葉ちゃんやっぱ好きだな。若い頃に… このレビューの続きを見る

相変わらずこつこつ読んでます。「ダス・ゲマイネ」は作中に太宰本人が出て来てポカポカ殴られたりしてるのが笑えた。相変わらず鬱々してて面白いなぁと思うんだけどナポリを見て死ねとか文章ひとつひとつの選び方… このレビューの続きを見る

代表作を集めた短・中編集なのでこつこつ読んでます。これは確か二十歳くらいの時に読んで全然意味分からんYO〜とぽかんとした記憶がある。ていうか斜陽って言葉の意味を知らなかったんだからどんだけアホな二十歳… このレビューの続きを見る

いい歳した大人が読むってどうよアレは悩める十代が読むべき書でショと思うので高校生以降ぱったり読んでいなかったんだけどちょっと調べたいことがあったので再読してみた。あれぇこんな話だったっけというかカフ… このレビューの続きを見る

『斜陽(未読)』『人間失格(再読)』の為に購入。 しかし、長編よりも、『駈込み訴え』『葉桜と魔笛』『ヴィヨンの妻』などの短編の方が好きだ。 特に『駈込み訴え』で私の太宰嫌いを覆した。 ユダの裏切りの… このレビューの続きを見る

関連する商品