DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed うつくしい子ども - 石田 衣良 のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] うつくしい子ども (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

うつくしい子ども (文春文庫)
うつくしい子ども (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

うつくしい子ども

おすすめ!3.9 [3.9](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:222743位
  • Amazon価格:¥ 545
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167174057(文藝春秋)
うつくしい子ども (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.9 [3.9]

JUGEMテーマ:小説全般 ひさしぶりに本の感想書くなぁ。これからは読んだらちゃんと書く習慣をつけなくちゃ。私すぐ忘れちゃうんだから。 これは、弟が殺人を犯してしまった男の子の話。弟が殺人者だっていうの… このレビューの続きを見る

 読み終わった後、話のモデルになった事件について調べていたら見事に寝そこなった。 少年犯罪について馬鹿みたいに悩んだが結局なにも答えは出ませんでした。

弟は、なぜ殺したんだろう? 13歳の弟は猟奇的殺人犯?! 14歳の兄の孤独な闘いがはじまった。 これを読むまで酒鬼薔薇事件について全く無知だった私です。 両親に聞いてみたら、あ〜そんな事件あったあっ… このレビューの続きを見る

3.9

連なって雪になる

03:08:By knock ; lucK

+ 『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』が面白かったから、続編。これもまた、面白い。多分、軽快洒脱、このことばが一等似合っているんじゃあないかなあ。強迫神経症とか、妄想とか、いろいろ、症状がおもしろい… このレビューの続きを見る

石田衣良「うつくしい子ども」を読みました. 殺人事件の犯人が誰かってのは帯を見れば最初から分かっているのですが,その外堀を埋めていくと同時に伏線を張っていく著者の表現力に脱帽です. 神戸の例の少… このレビューの続きを見る

久々に本棚整理してて読みましたー 読んでないで整理しろよという話ですが でもって感想

ふかいお話でした◎ 石田さんの中では好きな方だな! こおゆ奇抜なの好きー 現代をするよおな小説です そーゆう部分で深く考えることはたくさんありと思います 視点の変わり方がおもしろいな

少女が殺された。 犯人は「弟」! 壊れていく家族、変わっていく環境。 なぜ弟は殺人を犯したのか? 原因を突き止めようとする兄の心の変化。 心の闇に迫っていくうちに明らかになる真相。 家族を守るため、友達を守るために固めた決意には 本当にぐっときました。

JUGEMテーマ:読書 ひさしぶりに本の感想書くなぁ。これからは読んだらちゃんと書く習慣をつけなくちゃ。私すぐ忘れちゃうんだから。 これは、弟が殺人を犯してしまった男の子の話。弟が殺人者だっていうのを… このレビューの続きを見る

楽園とはうって変わって犯罪者の家族のお話。 三村家の長男「ジャガ」は植物が大好きな中学生。 妹と弟、父母の5人家族で母はスタジオママ。 弟と妹を芸能プロダクションに通わせている。妹はCMによくでる… このレビューの続きを見る

良く言えば、少年の勇気と成長記みたいですが、 その過程までの舞台が・・・・ 猟奇的です。 少女が行方不明になり、遺体で発見された。 犯人は、13才の少年。 その兄が主人公として描かれています。 … このレビューの続きを見る

リアリティが希薄で、先の展開がある程度読めるため、ミステリーとしては落第点。ただ、少年が社会からの弾圧を受けつつも、しっかりと自分の意志を貫いていくという過程には、ジーンとくるものがある。そして、こ… このレビューの続きを見る

3.9

うつくしい子ども

23:21:By

私自身が、この話ももとになった事件について少年心理学など個人的に調べていた時期に読んだ本です。ともかく、色々と考えさせられる本だ。うつくしい子ども…たぶん主人公なのでは?

3.9

うつくしい子ども

19:15:By hurt

しばらく死んでた「ごほん」のコーナー。 ミニミニ読書家なあたしは新しい学年になって2冊しか本を読んでない。 しかもコレ1ヶ月くらい前に読み終わったヤツだし… 石田衣良さんの小説「うつくしい子ども」。 タイトルにグ… このレビューの続きを見る

犯罪者を家族にもってしまったら… ということをテーマにした作品。 確かに犯罪者=悪、その家族=悪 みたいな言われ方をすることが多いと思うけど、 家族にもそこまで責任を負わせる必要があるのか?とか 加害者の家族の視点からなんて考えたことなかったから 非常に勉強になりました。 よくできてる作品だと思います。これ。

まず題名がかわいいですよね。 「うわーい!子ども子どもー!」ってなりますよね。なりませんかそうですか。 私は酒鬼薔薇事件当時はまだガキンチョだったので、その事件とこの小説との関連箇所がどうこう、少… このレビューの続きを見る

これってSFって言うのか? 近未来的都市開発の成れの果てを訴えよう!な石田さん。 いじめがホットな現在、真剣に読んだら読後の気分が物凄く悪かった。 うーん、日本の行く末を予感させる? 私的には雰囲気… このレビューの続きを見る

関連する商品