>
[Amazon] 新装版 青が散る (上) (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新装版 青が散る (上) (文春文庫)
新装版 青が散る (上) (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

新装版 青が散る

おすすめ!4.3 [4.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:72144位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 36
  • ISBN/ASIN:4167348225(文藝春秋)
新装版 青が散る (上) (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4.3 [4.3]

text by uematsu久しぶりに宮本輝の『青が散る』を再読する。東京から大阪へ向かうとき、いつも八重洲のスターバックスに立ち寄ってコーヒーを買うのが習慣になってしまっている。そして、コーヒーを買った後は、そ… このレビューの続きを見る

また、本を読み始める最近、通勤で音楽を聞かないので・・・「青が散る」このブログで記事するってことは、とーぜん、テニスに関係した小説です!まだ、上巻の途中ですが、端的にいうと、テニスに打ち込む若者の人間模様、そして恋愛など青春小説って感じでしょうか?まさに「青が散る」かなり昔の小説ですが、まったく古臭さを感じないそして、文化人らしく細部の表現が素晴らしいJUGEMテーマ:テニスやってる人の日記

JUGEMテーマ:気になる書籍 友達が教えてくれた作品。いくつか彼のお気に入りをピックアップしてもらったんだけど、学校にはこの作品しかなかった!ちなみに私が読んだのはハードカバー版です。すごい読み込まれて… このレビューの続きを見る

 上下が一冊になったものをよみました。 部活の友人からの一押しで、少しばかり昔の・・バブルのころなのかな? そのくらいの時代の、大学生の青春の話でした。 古い本なのもあって、最初は「字ちっさ!」と… このレビューの続きを見る

新設大学の1期生として入学した椎名遼平とその周りの人物たちの話。 大学テニス部での奮闘と激情の恋etc……。 まさに『青春』の一言。 月並みな言葉だけど、この他に当てはまる言葉はないと思われる。 上巻… このレビューの続きを見る

宮本輝は、だいたい何を読んでもはずれないんだけど、これは、80年代中頃の作品の新装版。本屋で平積みになっていたので、思わずまた買って読んでしまった。 そのころ、ちょうど僕も大学生で、しかも中・高とテニ… このレビューの続きを見る

関連する商品