>
[Amazon] 風味絶佳 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

風味絶佳 (文春文庫)
風味絶佳 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

風味絶佳

おすすめ!3.6 [3.6](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:122696位
  • Amazon価格:¥ 572
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167558068(文藝春秋)
風味絶佳 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.6 [3.6]

* たまたまですけれど、小説づいていまして、 今は山田詠美さんの『風味絶佳』を読んでいます。 といっても、なかなか読めないんですが。。。 ここにカルマ論的な言葉があったので、題材にします。 … このレビューの続きを見る

 今日発売のサンデーの表紙、ももクロだね!コナンくんのコスプレしてた。紫のれにちゃんだけ、怪盗キッドだったね。なんか、コナンくんのカツラが雑なように見えたんだけど、その雑なカツラをかぶっててもか… このレビューの続きを見る

 昨日の夜、このブログを更新しようとした。昨日は、母親が悲しい生きものであると気付いたので、それについて書こうと思った。産まれた子どもは、自分なしでは生きられないという、ほとんど脅迫のような事実… このレビューの続きを見る

表題作を含む短編集。 面白かった記憶はあるものの、結構前に読んだからそれ以外はあまり覚えてないです。 恋愛小説的な雰囲気を醸し出してるけど、そんな感じではなかった気がします。 何があるって訳ではないが、なんとなくいい感じといった内容の珠玉の短編集だったはず。

ちょっとさぼってたら、読んだ本リストがどんどん溜まってます。まとめて書こう。別に絶対載せなくてもいいとは思うんだけど、読んだ本がよくわからなくなることが多いし、備忘録にもなる。どんだけ頭に入らないま… このレビューの続きを見る

山田さんの小説って、すらすら〜っと読めちゃってその時は何にも残らないんですけど、 読み終わってしばらくしたら、じわじわと良さがわかるって言う感じだと思う。 一つ一つの描写がインパクトあって、場面としての印象がすごく強いお話を書く作家さんだなぁー って思います。 「風味絶佳」もそうですね。 「間食」「夕餉」が特に好きです。 表紙もキャラメルで可愛い。 *********

3.6

風味絶佳

01:45:By Discography

本当に面白かった‥。久々に本を読みながら「これはやばい」と。初めて江國香織を読んだ時の衝撃が再び。筆者の山田詠美さんは、まるで液体を流し込むように文章を書く人だな。行間がとても少ない。朗読したら疲れて… このレビューの続きを見る

3.6

風味絶佳

14:25:By Monkey Walk

六篇からなる一冊の一話一話の最後の一行に差し掛かるあたりで、 「今日はこの一話で続きは明日に」と大事に読もうと思えた。 一読しただけでは、自分で納得できるところまで物語を掴みきれてないですが、 この… このレビューの続きを見る

風味絶佳

10:39:By 受賞本

 風味絶佳  著者 : 山田詠美  受賞歴 : 第41回谷崎潤一郎賞 受賞

私の大好きな山田詠美原作 『風味絶佳』 今は好感度の低いお2人ですが みなさま、これ観てください! 青春・人間 なんともせつなくあったかい 脇を固める俳優陣も秀逸ですよ 大泉 洋  なにに出られてもすごい … このレビューの続きを見る

3.6

風味絶佳

15:43:By holiday

映画がありますよね。「シュガー&スパイス」。 映画見たことないけどずっと読んでみたいと思ってて、でも長編だと思ってたので敬遠してたんだが(この人の本は短編が好き)、短編集なんだ!と知って購入。 6編入… このレビューの続きを見る

 最近読んだ本で一番よかったです。 エイミーのなかでも1、2を争うくらいに好き。放課後の音符?僕は勉強ができない?これ・・・?くらいな感じ。 表題作ももちろんよかったんだけど、他5編もすごく好きでした。 夕餉を読んでるとお腹がすいてきます。 料理したくなるー。 やっぱり風味絶佳もいい。不二ちゃんがステキすぎる。

とても良い作家さんだと思うのだけれど 好きな作品とそうでない作品とある。 すぐれているけれど好きになれないというものがある。 あまりになまなましくてこわいようなのが。 これはよしもとばななさんがweb日記に 感想を書いていらしたのと、 高橋源一郎氏が解説ということで 読んでみようかと思った。

ジャケ買。

風味絶佳

03:26:By HOME SWEET HOME

恋愛小説集、と呼ぶべきなのかもしれないけれど、なぜか「恋愛」という言葉がしっくりこない短編集だなあ。「恋愛」というふわふわした甘い響きよりも、もっと生々しいもの。 「間食」 年上の女に可愛がられて… このレビューの続きを見る

 以前から気になっていた一冊、風味絶佳を読みました。  内容は短編5本が収録。  表題にもなってる「風味絶佳」の中で言われている「シュガー&スパイス」が、この本のテーマ…かなー? なんとなく。  恋の… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品