DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 街の灯 - 北村 薫 のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 街の灯 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

街の灯 (文春文庫)
街の灯 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

街の灯

おすすめ!3.6 [3.6](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:59622位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167586045(文藝春秋)
街の灯 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.6 [3.6]

JUGEMテーマ:読書感想文            街の灯  /   玻璃の天   北村 薫著   ネタバレあるかもしれないので、ご注意くださいm(__)m   全体的に賞賛してるだけかもしれない。

街の灯

13:01:By ちこひろ日記

JUGEMテーマ:読書 給食が始まったとはいえ、今月いっぱいは4時間授業&お掃除は5年生がやってくれている・・、 と、新一年生はお客さん状態なので、相変わらず2時前に帰ってきます。 そんな時間に帰ってこら… このレビューの続きを見る

ベッキーさんシリーズ第1作。 舞台は昭和初期の東京。主人公の英子は、財閥の社長の令嬢。通っている学校は、代々武士の家や貴族など、当時の上流階級のお嬢さんが通っている。英子のお抱え運転手としてやってき… このレビューの続きを見る

街の灯 北村薫

13:18:By NyamaLibrary

舞台は昭和7年。学習院女子高等科に通う、士族のお嬢様が主人公。まだ、身分の差や貧富の差が明確だったころの、お金持ちのお嬢様が日常で出会う不思議な事件やミステリーを、運転手の別宮ことベッキーさんとともに… このレビューの続きを見る

私はなんに関してもあまり知識が深くはなく、広めに浅めにいろいろ興味があるばかりな性質なので、直木賞とか芥川賞とかも実はよくわからないし、積極的に読むとか読まないとかの主義主張ももたないのである。 強い… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  旧聞ですが直木賞をやっと取った北村薫さんと言うことで、本屋さんにも著作本が並ぶようになりました。で、直木賞を取った「鷲と雪」の最初の話。連作短編集と思いきや、上中下と言った… このレビューの続きを見る

ああもう連休明けは何だかなあな今日この頃です。明日1日もう少し落ち着いてやってみようと思います。さて、今回は玻璃の天が文庫化されたということで、というより北村薫さんが直木賞を受賞されたからなんですが… このレビューの続きを見る

文庫だけを買って、あとは図書館で借りる予定だったのだけど、 あまりにおもしろい上に図書館での予約が5人ということで本屋に走った。 おもしろくておもしろくて久しぶりに一気に読んでしまった。 まぁ、直木賞に… このレビューの続きを見る

昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英… このレビューの続きを見る

 <ベッキーさんシリーズの第一作。細部まで行き届いた緻密な構成の日常ミステリーを満喫できます。英子とベッキーさん、どちらが探偵訳かあるいはワトソン役か微妙なところが2人の魅力をより際立たせていま… このレビューの続きを見る

昭和七年、士族出身の上流家庭花村家。 お嬢様の英子と花村家にやってきた女性運転手別みつ子(ベッキーさん)が 共に事件を解決するミステリー 昭和初期の空気が丁寧に描かれておりその時代と上流家庭の雰囲気を味わえる作品 たまたま明日 銀座へ出かける予定 当時と変わらない銀座を探す散策も少しできるかしら・・・ JUGEMテーマ:読書感想文 

3.6

街の灯

09:21:By つれづれ読書日記

 初の北村薫作品。 時代は昭和初期、 英子お嬢様と、その運転手別宮みつ子ことベッキーさんが 事件を解決するミステリー三篇が収録されています。 事件そのものには凶悪性も無く 難しいトリックが隠さ… このレビューの続きを見る

街の灯

05:30:By One per day

昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英子… このレビューの続きを見る

 昨年出てたんですがずっと買えず&読めずにおりました。  北村薫氏は高校の頃から大好きで、文庫で出てる分はほとんど読んでると思います。  ↑基本的に文庫しか買わないので…お金ないんだもん。 (アンソロ… このレビューの続きを見る

昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • リセット

    リセット

    JUGEMレビュー件数:11

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ターン

    ターン

    JUGEMレビュー件数:15

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 秋の花

    秋の花

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 夜の蝉

    夜の蝉

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均35

  • スキップ

    スキップ

    JUGEMレビュー件数:25

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 玻璃の天

    玻璃の天

    JUGEMレビュー件数:7

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 朝霧

    朝霧

    JUGEMレビュー件数:2

    Amazon評価平均:評価平均30

  • 鷺と雪

    鷺と雪

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均30

  • 空飛ぶ馬

    空飛ぶ馬

    JUGEMレビュー件数:19

    Amazon評価平均:評価平均35